木造住宅のデザインアイデア・インスピレーション・写真│homify 木造住宅のデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

木造住宅のデザインアイデア・インスピレーション・写真

木造住宅について

木造住宅と言えば、日本では最も一般的な家の構造かもしれません。現在では、鉄筋コンクリート造りの一戸建てや、集合住宅に住む人が増えてきましたが、それでも今なお多くの人が木造の家に住んでいます。また都市部で鉄筋・鉄骨コンクリート造の住まいが増えるにつれて、あえて木造住宅に住みたいという人も増えてきています。そこで、こちらではそんな木造住宅の特徴や、そのメリット、デメリットを紹介します。

基本情報

木造住宅は、一般的に主要な構造が木材で作られている住宅のことと言われています。そんな木造住宅ですが、統計によれば日本の住宅の半数を占めており、その次に、鉄筋・鉄骨コンクリート造りの住まいが建てられています。木造住宅の価格ですが、使用する木材の種類や規模のよって大きく異なり、厳密な平均価格を挙げることは簡単ではありません。ですが、平成16年度の統計調査によれば、全国平均の在来工法の木造住宅の総工事費は、約2250万円(平均床面積 135 ㎡)で、1㎡あたり167,094 円と言う金額が算出されています。

木造住宅のメリット

このような木造住宅ですが、様々なメリットがあります。例えば、建築コストの安さです。先に取り上げた調査によれば、全国平均の住宅の総工事費の平均価格は約2400万円ですが、木造の家の価格は平均価格を下回っています。また木は鉄やコンクリートに比べると比較的熱を伝えにくいため、熱い夏は外気の熱から家を守り、一方冬では温かい室内の空気を外に逃しにくくなっています。その他にも間取りを変えやすく、増築も行いやすいため、家族の成長や変化に合わせた暮らしをしていくことができるでしょう。

木造住宅のデメリット

多くのメリットを持つように、もちろんデメリットもあります。例えば、耐用年数ですが、鉄筋コンクリート構造は、法定耐用年数という法律で47年と長く設定されています。それに比較すると木造住宅の耐用年数は短く設定されているように、耐用年数が鉄筋コンクリート構造に比べると劣っています。またコンクリートは非常に丈夫で燃えることはありません。それに比べると、木材はコンクリートほど丈夫ではなく、燃える素材であることから、火災や震災の対策を取らなくてはいけないでしょう。

木造住宅のスタイル

木造住宅と言うと、木の家を思い浮かべて、伝統的な和風家屋を思い浮かべるかもしれませんが、モダンなオシャレな家も多く建てられています。現代では木造住宅の選択肢はとても多くなっています。例えば、外壁に敢えて木材の質感を活かせば、ナチュラルな雰囲気の家になるでしょう。一方で、外壁材のサイディングに、セメント質や繊維質を材料にした窯業系のもの、また金属板のサイディングを使用すれば、家の雰囲気は大きく変わります。それだけでなくトタンや瓦と言った屋根の素材も住まいの印象を大きく変えるので、そうした素材選びを考えて、自分に合った木造住宅を作り出しましょう。

homifyの無料相談を利用して家を建てよう!

もし、木造住宅の建設を考えているのなら、homifyの無料相談を利用してみてみませんか。homifyの無料相談であれば、建築予算、そしてスタイル、例えば、現代の暮らしに合ったモダンなスタイル、もしくは伝統的な日本家屋など、希望する家の詳細を記入して、建築家を募集することができます。こうした募集に対してhomifyに登録している建築家が、きっと応募してくれるはずです。そして想像していたよりも簡単に夢のマイホームが実現できるかもしれません。