窓のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 木製デッキと雨落ち: toki Architect design officeが手掛けた窓です。
    プレミアム
  2. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  3. 湖沼に建つ家: toki Architect design officeが手掛けた窓です。
    プレミアム
  4. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?

窓の役割とは 

窓は住まいを快適にしていく上で欠かせない要素の1つです。その役割としては、「採光」「通風」「眺望」の3つが主なものとして挙げられます。どの窓の種類もそうした役割を果たしてくれますが、それぞれに特徴があるため、取り付ける場所や目的にあったタイプを選んでいくことが大切になります。今回は、窓の種類やそれぞれの特徴、さらにはガラスやサッシについても詳しく見ていきましょう。 

引き違い窓と開き窓 

窓の種類の中でも代表的なものとしてまず挙げられるのが引き違い窓と開き窓でしょう。この2つのタイプは窓の開き方が対照的であるので、それぞれの特徴やメリットも異なります。引き違い窓は幅の広い開口を生かすことができる大きな窓には最適のタイプであり、また開け閉めのしやすさや窓廻りに家具やデコレーションなどを置いても邪魔にならない使いやすさが魅力となります。一方、開き窓は寒い地域に良く見られるように気密性に優れていることや、内開きであれば掃除のしやすさ、外開きであれば風をより室内に取り込めるような魅力があります。

腰窓と掃き出し窓 

腰窓と掃き出し窓も対照的なタイプとなります。腰窓とはその名の通り、腰辺りの高さからはじまる窓のことで、掃き出し窓とはその窓から箒で掃き出せるような床面の高さからはじまる窓のことを言います。2階以上にある開閉する窓でベランダなどが外にない場合は当然腰窓となるように、腰の高さにある窓台が手すりの役割を果たし、窓から落下する心配の少ない窓であると同時に、窓の前に家具などを置いても開口の邪魔にならない窓となってくれます。一方、掃き出し窓はベランダなどの屋外への出入りを可能にしてくれることはもちろんのこと、大きな開口で明るい室内と生み出してくれますし、畳に座った時の低い目線からでも外の風景を楽しめる窓ともなってくれます。

FIX窓 

窓は開け閉め可能なものが一般的ですが、ガラスをはめ込んだだけの開け閉めできない窓もあり、それをFIX窓あるいははめ殺し窓と言います。当然、通風が出来ない窓となってしまいますが、その代わりに大きなガラス面で明るい室内としてくれるとともに、そうした大きな窓でも子どもなどが誤って転落してしまう危険性もなく、防犯的にも有利となってくれます。また、開け閉めすることのないことから窓枠が細いシンプルでおしゃれなデザインの窓辺にもなります。

その他の窓の種類 

その他にも様々な窓の種類があります。住まいの通気性を向上してくれる内倒し窓や外倒し窓、おしゃれな洋風住宅にぴったりな上げ下げ窓、さらには近年採用する住まいが増えている滑り出し窓などがあります。また、床に近い壁の低い位置にある地窓や高い位置にある高窓など、室内の効率的な自然換気を可能にしてくれる窓もありますので、それぞれの窓タイプが持つ特徴やメリットを良く把握して窓選びをしていきましょう。

窓ガラスの種類

窓の開き方の他にもガラス自体の種類も様々なものがあり、ガラスによって窓の機能性やデザイン性は大きく異なります。一般的には単板ガラスと言う1枚の透明なガラスでなる窓ガラスが一般的でしたが、住まいに高い断熱性能を求めようになった近年では断熱性に優れた複層ガラスを採用する住まいが増えています。その他にも、凹凸のある不透明なガラスで光は透過し視線は遮断する型板ガラスや、ガラスの強度や遮音性などが高められた合わせガラス、デザイン性に優れた装飾ガラスや色ガラス、レトロガラスといった種類もあります。 

窓サッシの種類 

窓サッシも開口部の機能性やデザイン性に大きく影響します。最も一般的なのはアルミ製のサッシでしたが、近年では断熱性に優れた樹脂サッシや木の温かみをインテリアに取り入れられる木製サッシ、あるいはアルミの強度の高さと樹脂や木材の断熱性の高さを組み合わせたアルミと樹脂、アルミと木材の複合サッシも出てきています。また、鉄の重厚感が感じられるスチールサッシもありますので、窓に求める性能やインテリアとの兼ね合いも考慮しながらサッシの種類も選んでみて下さい。

homifyを活用して夢のマイホームを実現させよう! 

homifyには建築家や住まいの専門家を募集できる無料相談ページがあります。もし家を建てたいのであれば、例えば、2階建てや平屋建てといった家の階数、木造住宅や鉄筋コンクリート造といった家の構造、そして樹脂サッシや木製サッシといったのスタイルなど、考えている家の詳細な情報を記入してください。こうした無料相談に記入された情報はhomifyに登録する建築家や専門家へと送られ、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。ぜひhomifyを活用して、夢のマイホームを実現させてみませんか?