長屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真│homify 長屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

長屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真

長屋

長屋について 

長屋の家と言えば、一棟の建物の中に多くの住居が入っている住宅のことです。その特徴となるのは、お互いの住まいの壁を共有しつつ、同時に各住戸に玄関が取り付けられていること。建物としては集合住宅の一つのスタイルですが、それは、アパートやマンションとは異なるもので、長屋にしかないメリットやデメリットがあります。こちらのページではそんな長屋について、簡単に紹介したいと思います。

長屋と他の集合住宅の違い 

共同通路や階段がない 

例えば、マンションは高層のものが多く、そのため各住戸に向かうための通路や階段があります。ですが長屋ではこうした共同で使う空間はありません。また2階建てで上下が分かれているタイプであっても、2階部分に繋がる専用の階段があるものがあり、それは重層長屋と呼ばれています。 

制約の違い 

共同住宅には共有することになる通路や階段がありますが、そこは災害時の避難の際に利用することになります。そのため共同住宅では「窓先空地」と呼ばれる避難経路を確保しなければいけません。しかし長屋の場合には、こうした規制の対象外となることが多く、そのため集合住宅に比べると比較的建てやすくなっているのです。

長屋のメリット 

敷地の利用しやすさ 

特に重層長屋はアパートなどの集合住宅と似ていますが、そこにかかる費用が変わってきます。集合住宅であるアパートは、上でも述べたように「窓先空地」を必要としますが、長屋はこの対象外となることが多く、集合住宅に比べると敷地を有効活用することができます。

一戸建て的な感覚 

長屋に各住戸に玄関があります。そのため共同住宅であっても、共用部分が少ないこともあり、一戸建てに住むような感覚を得られるでしょう。建物や敷地によっては、庭も可能になるため、他の集合住宅に比べると、より独立した建物に住んでいるような印象になります。

長屋のデメリット 

各住居の近さ 

共用する空間が少ないとはいえ、やはり集合住宅で、一戸建てに比べると各住戸が密接してしまいます。壁を共有するため、隣の騒音が壁越しに伝ってくることも考えられます。こうした騒音をいかに軽減するかが、長屋で快適に住むための鍵なるでしょう。 

建て替えや改修工事の難しさ 

集合住宅でもある長屋の問題点は、建て替えや大規模な改装工事です。建物が1棟である場合、一戸の住人が建て替えを希望しても、他の住人の同意が必要となります。そのため意見の統一を図る必要性があり、同意を得られなかった場合には建て替えや改修工事ができなくなってしまいます。

新しい長屋のあり方 

テラスハウス 

英語圏でテラスハウスと呼ばれる低層の共同住宅があります。こちらも1棟の建物で、個別の玄関がありところは日本の長屋と同じです。そのため海外版長屋と言えるでしょう。ただしテラスハウスでは2階建てや3階建てが多く、また庭もあります。戦後には日本でも、こうしたテラスハウスの家を模したものが取り入れられるようになりました。そして高層集合住宅にはないゆとりある暮らしで、多くの人を魅了しています。

homifyの無料相談を利用して住宅を建てよう! 

もし家を建てることを検討しているなら、homifyの無料相談を活用してみましょう。無料相談のページでは、建築予算やスタイルを記入して、homifyに登録されている多くの建築家に、伝えることができます。例えば、現代の暮らしに合ったモダンなスタイル、もしくは伝統的な日本家屋など、建築予定の建物の情報を記入して、homifyに登録している建築家に伝えることができます。こうした募集には多くの建築家が応募してくれます。ぜひhomifyの無料相談で自分が思い描く夢の家を実現させましょう!