子供部屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. noji house: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた子供部屋です。
  2. シンプルスタイリッシュハウス: ラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESが手掛けた子供部屋です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. noji house: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた子供部屋です。
  5. noji house: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた子供部屋です。
  6. 雲州平田の家: 中山建築設計事務所が手掛けた子供部屋です。
  7. 子供室: 株式会社高野設計工房が手掛けた子供部屋です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 大屋根の家: RAI一級建築士事務所が手掛けた子供部屋です。
  10. 大屋根の家: RAI一級建築士事務所が手掛けた子供部屋です。
  11. 高道の家: 五藤久佳デザインオフィス有限会社が手掛けた子供部屋です。
  12. 府中の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた子供部屋です。
  13. ゆるやかな領域感。: 星設計室が手掛けた子供部屋です。
  14. 子供室: 株式会社高野設計工房が手掛けた子供部屋です。
  15. 子育てに優しい自然素材:無垢材を使った外張り断熱の高気密高断熱住宅:制震住宅: 中浦建築事務所が手掛けた子供部屋です。
  16. 個室: アース・アーキテクツ一級建築士事務所が手掛けた子供部屋です。
  17. コンパクトで回遊性のある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた子供部屋です。
    Ad
  18. 家族の気配を感じ取りながら、日々の暮らしが楽しむ鉄骨構造の狭小住宅: 中浦建築事務所が手掛けた子供部屋です。
  19. ​店舗付き住宅4階建てのスケルトンリフォーム: 中浦建築事務所が手掛けた子供部屋です。
  20. noji house: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた子供部屋です。
  21. noji house: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けた子供部屋です。
  22. 三角屋根の家: ELD INTERIOR PRODUCTSが手掛けた子供部屋です。
  23. 農家のはなれ: meenaxy design一級建築士事務所が手掛けた子供部屋です。
  24. 子供部屋: atelier mが手掛けた子供部屋です。
  25. Trilogy - 北の家: 西島正樹/プライム一級建築士事務所 が手掛けた子供部屋です。
  26. 光をつなぐ家: 西島正樹/プライム一級建築士事務所 が手掛けた子供部屋です。
  27. haus-agit 子供室&廊下: 一級建築士事務所hausが手掛けた子供部屋です。
  28. 願正会鶴見学園保育園: 乗松得博設計事務所が手掛けた子供部屋です。
  29. 願正会鶴見学園保育園: 乗松得博設計事務所が手掛けた子供部屋です。
  30. 子供部屋: 有限会社 秀林組が手掛けた子供部屋です。
  31. 高床の家: 田村建築設計工房が手掛けた子供部屋です。
  32. 子供室|深沢の家: U建築設計室が手掛けた子供部屋です。
  33. オーナー住戸 子供室: Unico design一級建築士事務所が手掛けた子供部屋です。

子供部屋


子供部屋について 

子供部屋は家族で住む家でとても重要な場所です。住まいはそこに暮らす人に影響を与えると言われますが、そうであれば、子供部屋は子供の暮らしに影響を与えることになるでしょう。それと同時に子供の成長、そして人格形成にも影響を与えるかもしれません。だからこそ、、おうした部屋についてしっかり考えなくてはいけないでしょう。そこでこちらのページでは、そんな子供部屋について簡単な紹介をしたいと思います。

子供部屋を用意する年齢 

まず子供部屋について考えるときに、何歳から用意すべきか、迷うかもしれません。まだ小さいな子供であれば、常に目が届かなくなって、不測の事態になることを心配する人もいるでしょう。また、いつまでたっても子供部屋が無ければ、子供が家に友達を誘うことができなかったり、友達の家に入りびたりになることを心配する人もいるかもしれません。そのため、子供部屋を持たせるタイミングが重要となるでしょう。多くの人は、10歳頃が部屋を持たせる適齢期と考えています。この年齢になれば、危険なことを自分で判断できるようになり、また子供たちも親ばなれが始まり、自立心が生まれてくるでしょう。こうした時期に部屋を用意すれば、親にとっても子にとっても良い結果が得られるかもしれません。

子供部屋と住まいについての考え方 

子供小さいうちは不測の事態もあるため、無理に子供部屋を持たせる必要はないでしょう。もしマイホームの購入が先になるのであれば、成長に合わせて、子供部屋のある家に移り住む形も悪くないでしょう。そのため、子供の成長、そして子供部屋の必要な時期に合わせて、マイホームを購入するのも一つの手かもしれません。

兄弟や姉妹で共用

子供部屋は子供の数次第で、大きくスペースを取ってしまいます。そのため2人兄弟、3人兄弟であれば、その分住まいのスペースを使うことになるでしょう。そこで、ある程度の年齢まで、兄弟や姉妹の子供部屋を共有するのも1つの手かもしれません。それであれば、1つの部屋を使えるため、2つ部屋を用意する必要が無く、住まいの空間を有効活用ができます。また兄弟や姉妹の年齢差が大きければ、兄や姉が家から独立するまで、弟や妹は子供部屋を用意しないことで、子供部屋を増やす必要が無くなります。これであれば、家が狭い場合でも、空間を有効活用できるでしょう。

自立性

子供部屋は子供の自立を促すことにもなります。例えば、自分の部屋を自分の手で片付けることになります。いつまでたっても、親が掃除をする状態であれば、自発的な行動を行くなってしまうかもしれません。だからこそ、自分で部屋を片付けるなど、自立心を養う意味でも子供部屋は重要な役割を果たすでしょう。

子供部屋の位置について 

子供が大きくなってくると親離れが進み、家族で一緒に過ごさなくなってくるでしょう。そうなると、子供が家に帰ってきても、部屋に籠ってしまい、子供と過ごす時間が少なくなってしまいます。場合によっては、家族がバラバラになってしまうかもしれません。そこで、子供部屋の位置を考えると、こうした事態を避けることができるでしょう。例えば、子供の部屋の位置を、リビングルームなど家族が過ごす場所を通らなければいけないようにすれば、子供の帰宅に気付かないことを避けることができます。そして、子供の様子を確認することができ、家族の繋がりを生み出すことができます。

子供部屋に籠ることを避けるために 

子供の部屋にテレビやゲームがあれば、子供が部屋に籠ってしまいます。もちろん、それでは勉強に打ち込めず、生活も乱れてしまうかもしれません。そのため、ゲームやテレビなどはリビングルームに置いて、親の目のつく形にしましょう。そうすれば、子供が部屋に籠ることを防せぎ、それに費やしてしまう時間をコントロールできるかもしれません。

homifyでマイホームを建てる建築家を募集してみませんか? 

homifyの無料相談では、希望する家を実現してくれる建築家を募集することができます。例えば、子供部屋でも、男の子部屋や女の子部屋など詳細な要望を書き込めば、そうした希望に応えてくれる建築家が応募してくれるでしょう。homifyの無料相談で理想のマイホームを実現させてみませんか?