庭池のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. ミッドランドモダンの家: reisubroc architectsが手掛けた庭池です。
  2. Stone Contractorsが手掛けた庭池
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. ZEAL Arch Designsが手掛けた庭池
  5. NoTriangle Studioが手掛けた庭池
  6. UniqueTiles Ltdが手掛けた庭池
  7. Arkitek Axisが手掛けた庭池
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. Kupferreich Kft.が手掛けた庭池
  10. Yantram Architectural Design Studioが手掛けた庭池
  11. alexander and philipsが手掛けた庭池
  12. Nasilcimが手掛けた庭池
  13. UniqueTiles Ltdが手掛けた庭池
  14. UniqueTiles Ltdが手掛けた庭池
  15. Fstudio Arquitecturaが手掛けた庭池
    Ad
  16. K Square Architects が手掛けた庭池
  17. K Square Architects が手掛けた庭池
  18. Home Architectが手掛けた庭池
  19. Home Architectが手掛けた庭池
  20. Espacio Interiorが手掛けた庭池
  21. Synergy Architecture and Interiorsが手掛けた庭池
    Ad
  22. Rebello Pedras Decorativasが手掛けた庭池
  23. Rebello Pedras Decorativasが手掛けた庭池
  24. MADBA design & architectureが手掛けた庭池
  25. Bebig Brasil. Piscinas de Areiaが手掛けた庭池
  26. Bebig Brasil. Piscinas de Areiaが手掛けた庭池
  27. markus fuchs architektur zt gmbhが手掛けた庭池
  28. RAUCH Gaten- und Landschaftsbau GbRが手掛けた庭池
  29. RAUCH Gaten- und Landschaftsbau GbRが手掛けた庭池
  30. Obras y Proyectos Zen SLが手掛けた庭池
  31. ZEAL Arch Designsが手掛けた庭池
  32. ZEAL Arch Designsが手掛けた庭池
  33. ZEAL Arch Designsが手掛けた庭池

庭池

庭池について 

庭池に庭に設置される池のことです。住宅密集地のためマンションなど集合住宅のため庭を持てない人も増えて増えており、池のある庭を作ることに憧れている人も少なくないでしょう。庭池は暮らしに自然を取り込み、ゆとりや安らぎを感じさせてくれます。また同時に、常に手入れが必要となり、それに時間が取られることにもなるでしょう。このページでは、そんな庭池について魅力などを簡単に紹介します。

庭池の種類 

ビオトープ風の庭 

最近では環境保護の観点からビオトープという庭が注目を集めています。ビオトープは、様々な意味を持っていますが、ガーデニングでは、自然環境を再現する意味で使われています。ビオトープは自然環境の再現ということもあり、池だけでなく植物、そして生物も不可欠です。そのため、植物が茂る空間、そこに住む生物、そしてそれらがバランス良く共存できる状況となります。 

庭園の一部 

日本庭園などは、庭は風景の一部として考えられます。またそれ以外の池でも、風景の一部として考えることが多いでしょう。こうした池は、庭が生み出す風景の一部となるように、全体の一部としてバランスよく配置されることになります。例えば、こうした池の場合には、池を前景にして背の高い植物が木々が植えられ、高低差を生み出し、庭の立体感を演出することになります。

観賞魚用の池 

錦鯉などを飼育する際に使う池もあります。こうした池は、そこに泳ぐ観賞魚を眺めることが目的となります。そのため水質の安定、そして水の透明度が重要となります。このタイプの池には濾過槽地が必要となります。

庭池の魅力 

身近な自然 

庭池は最も身近な自然となります。庭池にある植物の緑は、暮らしに落ち着きを与えてくれるでしょう。普通の庭であれば緑だけどなりますが、庭池は水辺も生み出します。川岸や海岸などのように、水のある風景は潤いを与えて、心地良い暮らしを演出してくれるでしょう。

観賞魚などの飼育

観賞魚などは、もちろん室内でも水槽を使って飼うことができます。ですが、家庭用の水槽では大きさに限度があり、大きな観賞魚などを飼うことは簡単ではありません。ですが、庭池であれば、観賞用の錦鯉など大型の魚も飼うことができます。また、小さな庭池であっても、メダカなど小さな魚を放して飼うこともできます。

規模によってはDIYも可能 

大規模な池でなければ、DIYで庭池を作ることも可能です。小規模であれば、防水シートなどを利用して水漏れを防ぐことができ、簡易な濾過装置で水質を安定することができます。

庭池の難しさ 

水の管理

池の水をそのままにしておくと、水質が悪化し、ボウフラが発生したり、悪臭を放つことがあります。そうなってしまうと、池は心地良い印象などを感じさせることなく、不快な印象を与え、暮らしに悪影響を及ぼすことになります。

メンテナンスや植物などが必要

夏場には池にアオコと呼ばれる藻類が大量発生する可能性があります。それは藻が爆発的に発生して、水面を覆ってしまうことで、他の植物の光合成を妨げて、死滅させる可能性があります。また酸素不足によって池の生物が死んでしまうことも考えられます。そのため、こアオコの除去や、水の濾過などが必要となります。

小さな子供がいる家庭は危険 

池は子供たちの遊び場にもなりますが、同時に子供が溺れてしまう可能性もあります。例え小規模であっても、不測の事態が怒ることもあるので、小さなお子さんのいる家庭は気を付ける必要があります。

庭池で考えておきたいこと 

水質の維持が重要です。庭池を鑑賞用に、また観賞魚の飼育用に考えるのであれば、水質の維持はとても重要です。そうでなければ、アオコが発生したりするなど、観賞魚が死んでしまいます。心地良い水辺のある庭を造るためには、濾過装置の設置を考えましょう。特に夏場は水質が悪化しやすくアオコも発生するので、庭池の手入れを忘れないようにしてください。

homifyの無料相談を利用して庭池や庭園を手がける専門家を見つけましょう! 

homifyでは住まいの専門家を募集することができます。homifyの無料相談のページでは、に関連する専門家や建築家などを募集することができます。日本庭園、枯山水、ビオトープなど希望する庭のタイプや、そのイメージを無料相談のページに記入してください。募集内容はhomifyに登録する専門家に伝えられるので、きっと探している専門家を見つけることができるでしょう。