階段のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. U2-house「地平線の家」: Architect Show co.,Ltdが手掛けた階段です。
  2. NY 隣家と緩やかに繋がる家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 階段: 有限会社 秀林組が手掛けた階段です。
  5. 笠舞本町の家: 有限会社建築計画が手掛けた階段です。
  6. 奥沢の家: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた階段です。
  7. 南町の家: arc-dが手掛けた階段です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 床面と合わせた踏板のスチール階段: LobeSquareが手掛けた階段です。
  10. R-HOUSE 2012 階段ホール: 安藤貴昭建築設計事務所が手掛けた階段です。
  11. 紀美野町の平屋: 一級建築士事務所 株式会社KADeLが手掛けた階段です。
  12. 箱型都市住宅: 一級建築士事務所 株式会社KADeLが手掛けた階段です。
  13. 子供室から見下ろし: 石川淳建築設計事務所が手掛けた階段です。
  14. 2階階段スペース: 一級建築士事務所 Coo Planningが手掛けた階段です。
  15. 木の温もり漂う空間: LobeSquareが手掛けた階段です。
  16. つながる2フロアの居室: 塚野建築設計事務所が手掛けた階段です。
  17. 階段: ARCHIXXX眞野サトル建築デザイン室が手掛けた階段です。
  18. 堺の家: NOMA/桑原淳司建築設計事務所が手掛けた階段です。
  19. FSM: アトリエモノゴト 一級建築士事務所が手掛けた階段です。
  20. Soleil: U建築設計室が手掛けた階段です。
  21. 透明なエレベーター: 石川淳建築設計事務所が手掛けた階段です。
  22. BALCONE 緑地側に大きな開口を持つ住戸: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
  23. 藤沢の家: (有)中尾英己建築設計事務所が手掛けた階段です。
  24. 中城の家: STUDIO COCHI ARCHITECTSが手掛けた階段です。
  25. 空間にインパクトを与えるサンダー階段: LobeSquareが手掛けた階段です。
  26. 山の手コートハウス: 一級建築士事務所 Atelier Casaが手掛けた階段です。
  27. 大きな土庇と縁側の家: 一級建築士事務所 株式会社KADeLが手掛けた階段です。
  28. 階段: 塚野建築設計事務所が手掛けた階段です。
  29. 光を取り入れるガラス壁: ティー・ケー・ワークショップ一級建築士事務所が手掛けた階段です。
  30. 木箱の家: すずき/suzuki architects (一級建築士事務所すずき)が手掛けた階段です。
  31. 階段: あかがわ建築設計室が手掛けた階段です。
  32. 須賀川の立体住居: 芳賀宣則建築設計が手掛けた階段です。
  33. 階段を見下ろす|府中の家Ⅱ: U建築設計室が手掛けた階段です。

階段デザイン・タイプの上手な選び方とは?

階段には様々なデザイン・タイプがあり、そうした形は全体のプランニングにも大きく影響します。もちろん、機能性やデザイン性も異なってくることから、それぞれの特徴を十分に理解した上で選んでいくことが大切になるでしょう。今回は、そのかたちを上手に選んでいくためにも、デザインやタイプについて詳しく見ていきたいと思います。階段のかたちや配置によって、その周辺の空間の快適性やデザイン性、機能性にも関わってくることから、階段廻りも含めて考えて、建築家に相談しましょう

直階段

階段タイプとしてまず挙げられるのが、踏面が真っ直ぐ一列に並ぶ「直階段」です。最もシンプルな形のものであることから、小さなスペースに設置することも可能ですし、比較的コストを抑えてつくることもできます。そうしたことから、狭小住宅のようなコンパクトな住まいにもよく取り入れられるタイプですし、またそのシンプルなデザインからミニマルスタイルのインテリアと合わせて選ぶ方も増えているようです。

折り返し階段

次に紹介するのは、「折り返し階段」という階段がU字に折り曲がっているタイプです。こちらのタイプは、階段が一度180度折り返すことから、万が一階段で転倒してしまった際でも他のタイプと比べて怪我のリスクを最小限に抑えてくれる安全性を持っています。また、折り返し階段は直階段と比べて段差数が多いことから、勾配の緩やかな上り下りのしやすいタイプでもあります。途中に踊り場をゆとりを持って設ければ、窮屈になりがちな階段スペースにゆったりとした余裕を持たせることもできるでしょう。

らせん階段

「らせん階段」も住宅に設置することができる階段タイプの1つです。らせん階段は、軸となる1本の柱を中心にして回転しながら上り下りするタイプですが、その中心の柱で階段が支えられることから、他のタイプとは異なり周囲に壁を必要としません。そうしたことから、らせん階段の周囲の壁には自由に開口を開けることが可能となり、暗くなりがちな階段スペースを明るく開放的な場所としてくれます。また、その特徴的な形状から、リビングなど生活空間に設けてもインテリアのワンポイントとなるようなデザイン性も兼ね備えています。

箱型階段とオープン階段

「箱型階段」と「オープン階段」も是非知っておきたい対照的な階段デザインです。箱型階段は、踏み板と踏込み板によって階段裏が箱のように囲まれている形になります。階段裏のスペースは何かと使いづらい場所となりがちですが、こうして箱型に覆うことで収納スペースなど様々な使い方を可能にしてくれます。一方、オープン階段は、その反対で階段裏が開けている形になります。階段裏がオープンになっていることで、光を遮らない明るい空間としてくれるため、リビングに階段を設置する際はこのデザインの階段にしてみるといいでしょう。

階段の素材

階段に用いる素材についてもこだわってみるといいでしょう。木製の階段であれば、踏面の木の厚さを薄して軽やかなモダンな雰囲気としたり、厚みを厚くして重厚感のある落ち着いた階段デザインにもすることができます。また、鉄を使えば細くシンプルなミニマルスタイルの階段になりますし、石造りであればクラシカルな重厚感を演出することもできます。さらには、ガラス階段とすることも可能です。それによって、光を遮ってしまう階段が逆に光を透過する階段となり、下の階まで光が届くような非常に明るく開放感に溢れる空間を生み出してくれます。

階段の素材

階段に用いる素材についてもこだわってみるといいでしょう。木製の階段であれば、踏面の木の厚さを薄して軽やかなモダンな雰囲気としたり、厚みを厚くして重厚感のある落ち着いた階段デザインにもすることができます。また、鉄を使えば細くシンプルなミニマルスタイルの階段になりますし、石造りであればクラシカルな重厚感を演出することもできます。さらには、ガラス階段とすることも可能です。それによって、光を遮ってしまう階段が逆に光を透過する階段となり、下の階まで光が届くような非常に明るく開放感に溢れる空間を生み出してくれます。

階段周辺のスペースを有効活用

階段周辺のスペースを有効活用していくことも是非考えてみて下さい。先程述べたように、階段裏を収納スペースとしたり、階段廻りの壁に収納棚を設けることもできるでしょう。また、踊り場を少し広くすれば、そこを階段というよりも1つの居室のような使い方を可能にしてくれるはずです。オープン階段であれば、階段廻りを観葉植物などで飾っていくこともしやすいため、そうした機能面やデザイン面での活用の仕方を考慮しながら階段デザイン・タイプを選んでいくことも考えてみて下さい。