雨戸のデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify 雨戸のデザインアイデア・インスピレーション・写真

雨戸のデザインアイデア・インスピレーション・写真

雨戸

雨戸について考えたことはあるでしょうか。雨戸というと、台風の際に防風のために使用するものという印象をお持ちの方が多いでしょう。雨戸は窓など開口部を覆うための建具ですが、それは防風以外の役割も果たすことになります。そして快適な暮らしを送るために様々な影響をもたらしてくれるでしょう。こちらのページでは、そんな様々な役割を果たす雨戸について、その特徴や種類などを簡単に紹介したいと思います。

雨戸の特徴 

防風 

台風などの際には様々なものが風に飛ばされてきます。中には窓ガラスを壊してしまうようなものもあるでしょう。このように風にものが飛ばされてきても、雨戸があれば窓ガラスを守ることができます。特に台風が通りやすい地域では、雨戸を備えるのは必要であるといえるでしょう。

防犯 

雨戸はガラスを守る役割を果たします。こうしたガラス窓は、台風などで壊れてしまうだけでなく、意図的に壊されることもあります。それは泥棒の侵入です。窓ガラスを壊してしまえば、窓の鍵を開けることできてしまい、容易に家の中に侵入することができるでしょう。特に家に居ない日が続く長期旅行などの際には、こうした防犯を考える上で、雨戸が重要な役割を果たすことになります。

遮熱 

夏には強烈な日差しによって、室内の温度が上昇してしまいます。それは遮熱カーテンを利用すれば、ある程度の効果を期待できます。ですが、普通のカーテンを使っても大きな効果を期待することはできないでしょう。こうした場合には、雨戸を使って太陽の光が室内に入らないように遮熱を行うことができます。また、日光があたる窓だけ雨戸を下ろして、それ以外の日光の当たらない窓を開ければ、室内に熱がこもらないようになるでしょう。

雨戸のスタイル 

引き戸タイプ 

一般的によく見られるタイプのもので、雨戸を横へとスライドさせることで、窓部分を覆うことができます。価格は他のタイプに比べると安価になっています。ただし雨戸を収納する戸袋が大きくなり、場所を取ることになります。また傷んでくると、開け閉めが簡単でなくなることもあります。それ以外の特徴として、窓を覆うために複数の枚数を使って覆うことになりますが、そのために何枚も戸袋から引き出す必要があり、手間がかかってしまうでしょう。 シャッタータイプ シャッタータイプのものは、蛇腹となって窓の上部に収納されることになります。そのため、引き戸に比べると収納スペースを取りません。引き戸タイプのものに比べると、枚数も少なく、開け閉めの回数を減らすことができます。ただし価格は引き戸に比べると高くなります。こちらのタイプは電動タイプのものもあるため、簡単に雨戸の開け閉めをすることができるでしょう。

折れ戸タイプ

雨戸を閉じる際に折れるタイプのものです。開ける際には比較的に簡単に開けることができます。価格は引き戸タイプのものと比べると比較的高くなります。

素材 

木製とアルミ製の比較 

引き戸タイプの雨戸は木製のものが多いでしょう。木製のものは日本家屋に合い、趣もあります。ただし素材として重く、経年劣化によって動きが悪くなり、簡単に開け閉めができなくなってしまうかもしれません。その点、アルミ製のものは軽く、簡単に劣化しにくい素材です。ただし趣が無く、日本家屋であれば風情を出せないかもしれません。そのため住まいの雰囲気を重視する人には木製のものを選択すると良いでしょう。

雨戸について考えたいこと 

台風の多い地域や、防犯を考えている人にとっては、雨戸の使用頻度が多くなります。そのため、いつでも気軽に使えるものであることが重要です。またシャッタータイプのものは電動のものがあり、簡単に操作することができます。ただし電動シャッターは値段が高く、メンテナンスをする必要があります。そのため予算や使用頻度などを考えて最適な雨戸を選択しましょう。

homifyを活用して、夢のマイホームを実現させよう! 

homifyには建築家や専門家を募集できる無料相談ページがあります。こちらのページに、家であれば平屋や二階建てなど家の階数、そして、木製サッシや雨戸といったの情報など、希望する家の詳細な情報を記入しましょう。こうした情報はhomifyに登録する建築家や専門家へと届けられ、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyを活用して、夢のマイホームを実現しませんか?