ルーフバルコニーのデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 江戸川区K邸: スタジオ・スペース・クラフト一級建築士事務所が手掛けたルーフバルコニーです。
  2. Cameron Landscapes and Gardensが手掛けたルーフバルコニー
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. Cameron Landscapes and Gardensが手掛けたルーフバルコニー
  5. 新綠境實業有限公司が手掛けたルーフバルコニー
  6. EC2+Energiasが手掛けたルーフバルコニー
  7. Elaine Orosco が手掛けたルーフバルコニー
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. Cameron Landscapes and Gardensが手掛けたルーフバルコニー
  10. Garnet Design de Interioresが手掛けたルーフバルコニー
  11. Designer Paula Daiane dos Santhosが手掛けたルーフバルコニー
    Ad
  12. 캐러멜라운지が手掛けたルーフバルコニー
    Ad
  13. AR Architectureが手掛けたルーフバルコニー
  14. D+ Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー
  15. D+ Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー
  16. 캐러멜라운지が手掛けたルーフバルコニー
    Ad
  17. Elaine Orosco が手掛けたルーフバルコニー
  18. Yantram Architectural Design Studioが手掛けたルーフバルコニー
  19. IN PACTOが手掛けたルーフバルコニー
    Ad
  20. Estudio Schwartz Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー
    Ad
  21. Araliaが手掛けたルーフバルコニー
  22. Arki Designが手掛けたルーフバルコニー
  23. Arki Designが手掛けたルーフバルコニー
  24. Araliaが手掛けたルーフバルコニー
  25. Araliaが手掛けたルーフバルコニー
  26. DG DESIGNER LANDSCAPES  LLPが手掛けたルーフバルコニー
  27. Công ty TNHH Xây Dựng TM – DV Song Phátが手掛けたルーフバルコニー
  28. Belal Samman Architectsが手掛けたルーフバルコニー
  29. Elaine Orosco が手掛けたルーフバルコニー
  30. 에이오에이 아키텍츠 건축사사무소 (aoa architects)が手掛けたルーフバルコニー
  31. D+ Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー
  32. D+ Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー
  33. D+ Arquitecturaが手掛けたルーフバルコニー

ルーフバルコニーとは

ルーフバルコニーとは、その名の通り、屋根や屋上といった建物の上につくられるバルコニーのことを言いますが、同時に「屋上テラス」や「ルーフテラス」というような他の呼び方もされます。屋上に広い屋外空間を設けることができるため、地上に庭をつくりづらい建物が密集する都心部に建つ一戸建てを中心にこのタイプのバルコニーを設置する住まいが最近増えています。今回は、ルーフバルコニーについてそのメリットや使い方など詳しく見ていきましょう。

ルーフバルコニーのメリット – 広い屋外空間

ルーフバルコニーのメリットとしてまず挙げられるのは、広い屋外空間を設けられる点です。建物の屋根を使ってバルコニーが設置されることから、建物が建つ面積全体をルーフバルコニーにすることも可能となります。そのため、ベランダなどと比較した場合はもちろんのこと、住宅密集地など敷地の広さが限られている場合でも地上に通常の庭をつくるよりも広い屋外空間となります。また、庭ではなくルーフバルコニーにすることによって、住まい自体をより広い面積で建てられることにもつながるでしょう。

ルーフバルコニーのメリット – 日当たりの良さ

ルーフバルコニーのメリットとして次に挙げたいのは、その日当たりの良さです。地上に庭を設けて日の当たる快適な屋外空間をつくろうと思っても、隣接する建物で太陽の光が遮られてしまうことも多々あるため、特に住宅密集地で日当たりの良い屋外スペースを設けたい場合には非常に有効な手段となるでしょう。広いスペースで布団などの大きな洗濯物も余裕を持って干すことができますし、ガーデニングをする際にも嬉しい日当たりの良さとなるでしょう。

ルーフバルコニーのメリット – 室内をより広々と開放的にも

屋上や屋根の上にバルコニーを設けることによって、屋外だけでなく、逆に室内もより広々とした開放的な空間にすることができる点もメリットとなるでしょう。地上に庭を必要としなくなることで、建物をより広く建てられるようにもなるでしょうし、また、階の半分を室内に、もう半分をルーフバルコニーといったようなプランニングとすることで、室内と屋外空間がよりつながりを持ち、屋上テラスをセカンドリビングとして利用することもできるでしょう。

ルーフバルコニーのメリット – 多様な使い方が可能に

一般的なバルコニーと比べて広い面積の屋外であり、また日当たりも良いことから、多様な使い方を可能にしてくれる点も大きな魅力となります。先程述べたように、日当たりの良さからガーデニングや家庭菜園には最適の場所となりますし、余裕のある広さから家族や友人など大人数でのBBQなどのパーティースペースとしてもぴったりです。また、椅子やテーブルを設置してセカンドリビングとして利用したり、手すりをしっかりと安全な高さに設定して子どもの遊びスペースにも使えます。さらに、周囲の風景を遮るものがほとんどない屋上であることから、きれいな夜景を楽しむ場所にもできるでしょう。

ウッドデッキでより心地良い場所に

ルーフバルコニーをより過ごしやすい場所とするには、その床の素材が大きなポイントの1つとなります。屋上には必ず防水処理がされることから、そのままではプラスチックなどの無機質な床となってしまい、そこで快適に過ごすことはなかなか難しいでしょう。そのため、ウッドデッキを敷くことによって、裸足でも屋外で過ごせるような温かみのある床にしていくことが重要となります。ウッドデッキの他にも、人工芝を敷き詰めることで子どもを安心して遊ばせられる柔らかい床にしてみてもいいでしょう。

周囲の視線に配慮した計画

屋上をバルコニーとして利用することで周囲の視線はほとんど気にならなくなると思いますが、それでも計画の際には高い建物や他の屋上からの視線などに配慮しながら計画を行っていきましょう。もし周囲の視線が気になるようであれば、階段室で視線を遮ったり、手すりの高さやデザインを工夫することで快適で過ごしやすいプライベートなルーフバルコニーにすることができるでしょう。

homifyの無料相談ページを活用して夢のマイホームを実現させよう!

homifyには、建築家や家に関連する専門家を募集する無料相談ページがあります。こちらのページに、例えば、平屋建てや2階建てといった家の階数を、また対面キッチンやL字型キッチンなどキッチンのスタイルを、そして切妻屋根や片流れ屋根といった希望する屋根のスタイルを記入しましょう。こうした希望する家の情報は、homifyに登録されている建築家や専門家に伝えられ、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyを活用して夢のマイホームを実現させてみませんか?