屋根のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 小さな中庭と大きな縁側: 山本嘉寛建築設計事務所 YYAAが手掛けた屋根です。
  2. 国分の棲遅: キリコ設計事務所が手掛けた屋根です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 屋上: 一級建築士事務所 Coo Planningが手掛けた屋根です。
  5. 東本町の家: arc-dが手掛けた屋根です。
  6. 緩やかな大屋根: (株)建築デザイン研究所が手掛けた屋根です。
  7. 外観: アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 山科の家: Abax Architectsが手掛けた片流れ屋根です。
  10. 南町の家: arc-dが手掛けた屋根です。
  11. 山の手の展望ガレージハウス: アウラ建築設計事務所が手掛けた屋根です。
  12. 小田井の住宅: 水石浩太建築設計室/ MIZUISHI Architect Atelierが手掛けた屋根です。
  13. S邸: アービア設計事務所が手掛けた屋根です。
  14. 太陽光発電パネル( ソーラーパネル )設置した住宅: 中浦建築事務所が手掛けた片流れ屋根です。
  15. WRAP HOUSE: FUTURE STUDIOが手掛けた片流れ屋根です。
  16. 3階 屋上テラス: 一級建築士事務所 Coo Planningが手掛けた屋根です。
  17. 3階 屋上テラス: 一級建築士事務所 Coo Planningが手掛けた屋根です。
  18. グランドピアノのある住まい:吉備の家: JWA,Jun Watanabe & Associatesが手掛けた屋根です。
    Ad
  19. 外観: 滝沢設計合同会社が手掛けた屋根です。
  20. 東側から見る: (株)建築デザイン研究所が手掛けた屋根です。
  21. ゆったりした軒: (株)建築デザイン研究所が手掛けた屋根です。
  22. 外観: 有限会社 秀林組が手掛けた片流れ屋根です。
  23. 3階へ光を落とす窓をもった屋上スペース: Lods一級建築士事務所が手掛けた屋根です。
  24. 昭和小路の長屋: 山本嘉寛建築設計事務所 YYAAが手掛けた切妻屋根です。
  25. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた切妻屋根です。
  26. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  27. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた切妻屋根です。
  28. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた切妻屋根です。
  29. 外観: アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  30. 外観: Ryo MURATA Laboratoryが手掛けた屋根です。
  31. ロ字の家: トミオカアーキテクトオフィスが手掛けた屋根です。
  32. 屋上: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けた屋根です。
  33. 屋根裏: 富永大毅建築都市計画事務所が手掛けた屋根です。

屋根について考えたいこと

屋根の形や機能性をはじめとして、家づくりにおいてあまり屋根のそうした事についてこだわる方は少ないのではないでしょうか。プランニングやインテリアデザインなど室内空間については生活に直結するためイメージしやすいですが、屋根についてはなかなかイメージしづらい部分かもしれません。そこで今回は、づくりにおいて屋根についてもそれぞれのライフスタイルや好みに合わせて選んでいけるように、屋根について考えていきたいことを紹介していきます。外観の印象だけで選ぶのではなく、様々な機能性や付加価値についても考えていきましょう。

屋根選びで押さえておきたいこと

屋根の形には様々ありますが、敷地の状況次第ではその形を自由に選べないこともあります。地域によって斜線制限や高さ制限が定められており、室内空間を制限いっぱいにとろうとすると、自然とそうした制限に沿った屋根の形状になってきます。また、屋根の素材や色についても規制を設けている地域もありますので、敷地選びからそうした規制も念頭に探してみてもいいかもしれません。また、屋根の形によって雨漏りがしやすいなどの心配をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、雨漏りはその形状よりも施工の質による影響が大きいですので、豊富な経験があり信頼できる施工会社にお願いすることも重要となるでしょう。

屋根の種類

屋根の種類には様々なものがあり、またその種類によってデザインはもちろん、機能性にも特徴があります。代表的なものとしては、切妻屋根、片流れ屋根、寄棟屋根、陸屋根ですが、こうした形状の違いによって、屋根の裏側にあたる室内空間のかたちも変わりますし、軒の有無や範囲も異なります。さらには、屋根の形状によって効率的な換気方法を取り入れることができたり、陸屋根であれば屋根の上を利用して様々なアクティビティを可能にすることもできます。

屋根の様々な活用方法

上で述べたように、平らな屋根面でその上を屋上として歩くことが可能となる陸屋根であれば、屋根上を色々なかたちで利用することができます。屋上の床にウッドデッキを敷けば、セカンドリビングとしてくつろぎの場所とすることもできますし、草木を植えて緑豊かな屋上庭園を設けることも可能です。また、周囲の建物の高さによっては視線を遮るものがほとんどない気持ちのいい眺めを楽しむことができる場所ともなってくれます。

緑を利用して屋根の断熱性の向上

暑さの厳しい季節になると、屋根に照りつける太陽の光によって屋根面が熱くなり、その屋根の裏にあたる室内空間も過ごしづらいほどに暖められてしまいます。もちろん屋根をしっかりと断熱材で覆うこともできますが、屋根に上に芝生を敷いて太陽による屋根面の温度上昇を防ぐこともできます。芝生を屋根にのせるということは、その下に土も敷かれることから、それらが非常に高い断熱効果を発揮してくれます。さらには、芝生の屋根に上れるようにして、家族で一緒に寝転んでくつろげるような場所にしてみてもいいかもしれません。

太陽光発電の設置

屋根の上に太陽光発電パネルの設置を考えている方もいらっしゃるでしょう。屋根の形状によって太陽光パネルを設置可能な面積や角度など発電量や発電効率が直接左右されることから、その点についてもしっかりと検討しながら決めていきましょう。もちろん、最も発電効率が高くなる南側に屋根面がなるように屋根形状や家の配置にも配慮していくことも重要となります。

小屋裏スペースの利用の仕方も考えて

切妻屋根や寄棟屋根のような勾配のある屋根では、屋根の裏側となる室内にいわゆる屋根裏空間ができます。このような小屋裏スペースはロフトや収納スペースとして利用されることも多いですが、屋根裏とその下の居室の間に天井を張らなければ、屋根面がそのままその居室の天井となり、天井が高く広々とした開放的な室内空間をつくることもできます。こうしたことからも、屋根について考える際は外側からだけでなく、家の内側からも考えていきましょう。