ロックガーデンのデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 癒しの庭: 株式会社小木野貴光アトリエ 級建築士事務所が手掛けたロックガーデンです。
  2. 石積みの庭: 庭や煌久が手掛けたロックガーデンです。
    Ad
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 吉祥寺の家: (有)ハートランドが手掛けたロックガーデンです。
  5. 吉祥寺の家: (有)ハートランドが手掛けたロックガーデンです。
  6. 石積み施工中: 庭や煌久が手掛けたロックガーデンです。
    Ad
  7. 西大寺の家: アークス建築デザイン事務所が手掛けたロックガーデンです。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 西大寺の家: アークス建築デザイン事務所が手掛けたロックガーデンです。
  10. S館: 空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所が手掛けたロックガーデンです。
  11. 京都市T邸: 空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所が手掛けたロックガーデンです。
  12. L字の家: toki Architect design officeが手掛けたロックガーデンです。
    Ad
  13. 光をつなぐ家: 西島正樹/プライム一級建築士事務所 が手掛けたロックガーデンです。
  14. 石積みの庭: 庭や煌久が手掛けたロックガーデンです。
    Ad
  15. 石積み完了: 庭や煌久が手掛けたロックガーデンです。
    Ad
  16. House-H: 伊藤憲吾建築設計事務所が手掛けたロックガーデンです。
  17. 丘の家: 前田工務店が手掛けたロックガーデンです。
  18. 吉祥寺の家: (有)ハートランドが手掛けたロックガーデンです。
  19. テラスと庭の対峙: 有限会社東風意匠計画が手掛けたロックガーデンです。
  20. 石積とハーブの庭: 有限会社東風意匠計画が手掛けたロックガーデンです。
  21. astrattoが手掛けたロックガーデン
    Ad
  22. SHI Studio, Sheila Moura Azevedo Interior Designが手掛けたロックガーデン
    Ad
  23. SHI Studio, Sheila Moura Azevedo Interior Designが手掛けたロックガーデン
    Ad
  24. astrattoが手掛けたロックガーデン
    Ad
  25. Tukang Taman Surabaya - Alam Asri Landscapeが手掛けたロックガーデン
  26. Ambient Naturaが手掛けたロックガーデン
  27. ESTUDIO KULUMAK が手掛けたロックガーデン
  28. Ensamble de Arquitectura Integralが手掛けたロックガーデン
  29. homifyが手掛けたロックガーデン
  30. Hábitasが手掛けたロックガーデン
  31. A.BORNACELLIが手掛けたロックガーデン
  32. Herzog-Architekturが手掛けたロックガーデン
  33. homifyが手掛けたロックガーデン

ロックガーデン

ロックガーデンとは 

ロックガーデンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?それは庭の種類の一つで、最近注目を浴びているタイプのものです。庭と言うと、緑あふれる空間を思い浮かべる人も多いでしょう。ですがロックガーデンでは石が主役で植物は脇役となります。そして小さな植物が、石が生み出す自然な風景を彩るのです。こちらのページでは、そんなロックガーデンについて、その特徴や魅力について簡単に紹介したいと思います。

ロックガーデンの特徴 

ロックガーデンは石が主体となる庭で、小型の植物が植えられる庭となります。そのため一般的な庭とは様々な点で異なっています。そこで、下記の項目で石や、植物、その構成などで、ロックガーデンの特徴について簡単に紹介します。

石 

大きさ 

自然石を使います。サイズは小さすぎず大きすぎないものが良いと言われています。 

水はけの良さ 

吸水性のある石などは水はけを良くするため、ロックガーデンに適していると言われています。

通気性の良さ

通気性の良い多孔質の石が良いと言われています。 

色 

目立つような色でなく落ち着いた色の方が緑の色を引き立たせるでしょう。

形 

庭が自然な印象を生み出すために不揃いで形が整っていないものが良いでしょう。

植物 

生い茂らないような小型の植物 

石が主役となる庭となるため、植物が生い茂ってしまうと石を覆い隠してしまいます。そのため、生い茂らないような小型の植物が良いと言われています。

高山植物 

山地など岩や石の多い場所で育つ高山植物を植えると良いと言われています。高地とは実際の高さは異なりますが、石の多い環境は似ており、山地のような石と草花による素敵な風景を作り出すことができます。

構成 

石を主体とした風景に 

上でも書きましたが、ロックガーデンはその名前の通り、石が主役となります。庭だからと言って、植物にとらわれず、石を生かすことができる庭の構成を考えましょう。

立体的な空間 

石を使って、立体的な空間になるようにしましょう。立体感があれば、空間に深みが生まれます。また立体的な構成にすることで、山地のような印象を与える庭になるでしょう。

ロックガーデンの魅力 

日本人好みの自然な庭に実現 

庭と言うと整った緑の空間を思い浮かべるかもしれません。ですが、整った空間だけが美しいわけではありません。それは時として人工的で本当の自然とは言えないでしょう。ですが、ロックガーデンでは、まさに自然の雰囲気を感じることができます。 

扱いにくい日陰やデットスペースにも応用可能 

植物が主体となる庭は、太陽の光が常に必要となります。ですが、石を主体としているため、日陰になりがちな場所でも、ロックガーデンとして活用することができます。また扱いにくい小さな空間であっても、石や植物を構成することで小規模な庭を実現させることができるでしょう。

自分でも造ることができるため、自分だけの庭を造る楽しさ 

ロックガーデンの魅力は、自分でも造れるDIYの楽しさがあります。自分好みの空間を、自分の手で作り上げることができます。また庭のために必要な石を買ってくるだけでなく、自分で拾い集めることもできます。そのため、自分の手で一から造る楽しさを感じることができるでしょう。

身近な自然空間を実現 

一般的な庭も同様ですが、庭の空間は最も身近な自然となります。特に自然な空間を再現するロックガーデンは、自然の存在を一層身近に感じることができるでしょう。

ロックガーデンで気を付けたいこと 

猫のトイレ 

庭や花壇は猫にとって格好のトイレの場所となります。猫がトイレに使ってしまうと、植物が枯れてしまいます。猫がトイレとして使ってしまう場合には、石を多めにするなど、トイレとして使いにくいようにしましょう。

土が流失しないように気を付ける 

植物の多い庭であれば、植物の根などで雨が降っても土は流れにくいでしょう。ですが、ロックガーデンの植物は多くなく、また高低差のある庭となっている場合が多いです。こうした場合に雨によって土が流れ出してしまうことがあります。土留めなどを行い土が流れ出ないようにしましょう。

homifyを使って夢のマイホームを実現させよう! 

homifyにある無料相談ページでは、建築家や住まいの専門家を募集することができます。例えば、家であれば平屋建て2階建てなど希望する家の詳細な情報を記入しましょう。またであれば、日本庭園や枯山水、イングリッシュガーデンなど、希望の庭の情報を記入しましょう。そうするとhomifyに登録している建築家や専門家に情報が送られ、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyの無料相談を利用して、夢のマイホームを実現させましょう!