省エネ住宅のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. むこう空の家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  2. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. むこう空の家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  5. 中島の家: 株式会社山口工務店が手掛けた省エネ住宅です。
  6. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  7. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  10. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  11. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  12. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  13. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  14. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  15. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  16. Inside-Out: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  17. le bord: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  18. le bord: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  19. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  20. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  21. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  22. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  23. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  24. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  25. デザイナーズ マンション・K(女性専用マンション): 中浦建築事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  26. 中島の家: 株式会社山口工務店が手掛けた省エネ住宅です。
  27. 中島の家: 株式会社山口工務店が手掛けた省エネ住宅です。
  28. 中島の家: 株式会社山口工務店が手掛けた省エネ住宅です。
  29. 中島の家: 株式会社山口工務店が手掛けた省エネ住宅です。
  30. 『キッチンを囲む家』: CAF垂井俊郎建築設計事務所が手掛けた省エネ住宅です。
  31. Finder: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  32. イヌエンジュの家: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた省エネ住宅です。
  33. 外観: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けた省エネ住宅です。

省エネ住宅

省エネ住宅とは 

省エネ住宅とは家に必要な消費エネルギーを抑えた建物のことです。最近では持続可能な社会という言葉が使われるように、今後の世界を考え、環境問題への取り組みが多く行われるようになっています。暮らしの拠点となる住宅も環境問題を避けて通ることはできません。省エネ住宅では、こうした問題に対して、エネルギー効率を考えた家づくりを可能にしています。こちらのページでは、そんな省エネ住宅のメリットやデメリットなどを簡単に紹介します。

省エネ住宅のために考えること 

日本では住宅で必要となるエネルギーの多くは、暖房や冷房などの空調機器の使用で消費されています。そのため、暖房や冷房を効率良く使うために、冬に家を暖めやすく、夏に家を涼しくすることが重要となってきています。そこで、下記ではこうした問題への対処方法について紹介します。 

断熱 

冬にいくら暖房を利用しても、寒いと感じることがあるかもしれません。その場合には家の断熱について考えてみる必要があるでしょう。家の熱が外へと逃げてしまい、必要以上に暖房を使うことになっているかもしれません。外気に比べると室内は暖かいため、家の熱が外へと移動します。断熱は、こうした熱の移動を減らすことができるのです。特に家の開口部となる窓などは熱の移動場所となります。そうした窓に断熱効果が期待できる断熱サッシやペアガラスを使えば、家を暖かく保つことができるでしょう。 

日射遮蔽 

強い日差しを浴びると熱く感じることがあるでしょう。家も人間と一緒で、強い日差しによって熱を帯びてしまいます。特に暑い夏であれば、こうした日差しから生じる熱は、室内の冷房の効果を弱めてしまいます。そこで考えたいのは日射遮蔽です。家の中に直接外光が射し込まないように、ブラインドやよしずを窓に広げてみてはどうでしょうか。最近注目されている植物を植える緑のカーテンも効果があるでしょう。ですが、一方で冬にはこうした日差しが家を暖めてくれます。くれぐれも冬に日差しを遮るようなものを庭などに置かないように気を付けてください。

気密 

断熱では熱の移動が問題となりましたが、気密も同様に熱の移動に関連しています。家には非常に小さな隙間がありますが、そうした隙間を通じで熱が移動してしまいます。こうした移動を避けるために隙間を減らすのが気密に関連して行われることです。

省エネ住宅のメリット 

エネルギー使用のコスト削減 

当たり前ですが、エネルギー使用を抑えれば、それに必要な費用を抑えることができます。夏の電気代の多くが冷房代となる、そして冬の電気代の多くが暖房代になる家庭が多いと思いますが、こうした費用を削減することができます。 

健康的な空間 

例えば、室内の気温を下げるために、必要以上に冷房の気温を下げることなどあるでしょう。こうした冷房の使い方は、体を無理させてしまうため、時には風邪をひいたりすることもあります。省エネ住宅では、効率良く空調を使用することになるため、無理をすることなく健康的な暮らしを送ることができるでしょう。 

普及支援制度の利用 

省エネルギーには補助制度が設けられており、補助金を受けることができます。そのためこうした住宅の建築資金などを圧縮することができます。ただし補助金を受けるためには、一定の条件を見合うものでなければいけないため、その条件を確認する必要があります。

省エネ住宅のデメリット 

普及支援制度があることからわかるように、こうした省エネ住宅を実現させるために、断熱や気密、そして日射遮蔽を可能にする設備などを用意しなければいけません。もちろん、それには費用がかかってきます。

homifyで省エネ住宅を建てられる建築家を見つけよう! 

を建てる際に省エネ住宅にしたいのであれば、homifyの無料相談を利用してみませんか。無料相談では、あなたの家を建てる建築家を募集することができます。そして木造住宅などの家の構造、そしてモダンスタイルなど家のスタイルなど、建築予定の建物の情報を記入しましょう。そしてhomifyに登録している建築家に伝えましょう。そうすれば、自分が思い描く夢の家を実現させる建築家が見つかるはずです!