二世帯住宅のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. gré・正方形の家: すずきが手掛けた二世帯住宅です。
  2. 夕景の外観: 石川淳建築設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. ミニマルデザインの外観: 石川淳建築設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  5. 2世帯住宅: 滝沢設計合同会社が手掛けた二世帯住宅です。
  6. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  7. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  10. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  11. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  12. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  13. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  14. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  15. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  16. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  17. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  18. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  19. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  20. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  21. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  22. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  23. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  24. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  25. 三島の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  26. rassembler: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた二世帯住宅です。
  27. Pixies: SOCIUS一級建築士事務所が手掛けた二世帯住宅です。
  28. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けた二世帯住宅です。
  29. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けた二世帯住宅です。
  30. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けた二世帯住宅です。
  31. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けた二世帯住宅です。
  32. 外観: 株式会社クレールアーキラボが手掛けた二世帯住宅です。
  33. 外観(夕景): 株式会社クレールアーキラボが手掛けた二世帯住宅です。

二世帯住宅について

二世帯住宅は、今後急増する住宅のスタイルかもしれません。それは親世帯と子世帯が同じ建物に住む形となる住宅のこと。日本では高齢化社会が進んでいますが、中には高齢となった親が一人を暮らして心配という人もいるでしょう。このような場合には、二世帯住宅は最適ですが、それ以外にもメリットがあり、また同時にデメリットもあります。こちらのページでは、そんな二世帯住宅について、簡単に紹介したいと思います。

二世帯住宅のメリット

経済的に家を建てられる

1棟の建物を二世帯で建てることになるため、1世帯あたりの負担は、各世帯がそれぞれ家を建てるよりも安く抑えることができます。また経済的な基盤は子世帯が弱い場合が多いでしょう。その場合には、子世帯だけで家を建てようとしても、予算が足りず、お金の目途が立つまで家を建てることはできません。ですが、2世帯住宅であれば、各世帯の負担が抑えられるため、子世帯の経済基盤が弱くても、家を持つことが可能となります。

家族の助け合いができる

二世帯の家族が一緒に住むと、それぞれ助け合うことができます。例えば、子供を一人で留守番をさせるのは心配ですが、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒であれば、心配する必要はありません。その一方で、親世帯が病気がちであれば、子世帯が病院に付き添ったり、様子を見守ることができます。こうした助け合いは、分かれて住んでいるとできませんが、二つの世帯が補うことで暮らしが楽になるでしょう。

家族のふれあいが増える

親世帯と子世帯が別々に住んでいると、気軽にお互いの顔を合わせることはできません。遠くに住んでいると、会えるのが年に1回ということも少なくないでしょう。ですが、二世帯が一緒に住めば、気軽に顔を合わすことができます。そのため、家族の繋がりを大切する人にとっては、こうした家のスタイルは最適かもしれません。

二世帯住宅のデメリット

プライバシーが守りにくい

例え家族であっても、親は親、子は子です。またそこには義理の親と一緒に住むことになる旦那さんや奥さんの存在もあります。一緒に住むとなると、お互いの暮らしは近くなりすぎてしまい、プライバシーを守れなくなり、気兼ねない暮らしができなくなくなることもあります。

生活習慣の違い

家の共有部分が多いと、その使い方などで、それぞれの世帯の考えが異なることもあるでしょう。例えば、親世帯は毎日掃除したいのに、子世帯はそれほど頻繁に掃除ができないかもしれません。また、子世帯は仕事の帰りが遅いため、親世帯を夜に起こしてしまうこともあるかもしれません。こうした生活習慣の違いが蓄積すると、2つの世帯の間に亀裂がはしり、一緒に住めなくなることも考えられます。

二世帯住宅を建てる上で考えておきたいこと

心地良い繋がり

お互いの世帯が近くなりすぎると、プライバシーや生活習慣の違いなどで問題が起きる可能性が高くなります。そこで負担にならない各世帯の距離感を考えると良いでしょう。遠すぎず近すぎない家族の関係は、お互いの暮らしの摩擦を減らせます。こうした各世帯の心地よい距離の取り方は、二世帯住宅の構造によって調整することができます。自分らしい暮らしが送れる、そしてお互いが心地良く暮らせる住まいの構造を、家を建てる前に熟考しましょう。

家族の変化

家族は常に変化していきます。子供が生まれることもあれば、親世帯が亡くなることもあります。そうした場合に、子供が一緒に暮らせる住空間があるか、そして残された親世帯の空間を活かすことができるかが問題になってきます。こうした家族の変化を住まいの形が対応できない場合、小さな家にすし詰めで暮らすことになったり、大きな家で孤独に暮らすことにもなってしまいます。ですので、しっかりと家族の変化を見据えた家を考えましょう。

二世帯住宅の家族の繋がり方

完全分離タイプ(中庭のみを共有)

中庭を囲む形で、二つ建物が一つに合わさっているものがこちらのタイプ。ほぼ別々の建物に住んでいるような感覚で暮らすことができます。ですが、家族の繋がりが希薄になることはありません。ここでは中庭が繋がりを生み出します。ご近所に住んでいるような距離感になるので、気楽な二世帯住宅暮らしをしたい人には最適なスタイルでしょう。

完全分離タイプ(階で完全に分離)

お互い個別の玄関を持ち、1階は子世帯、2階は親世帯といったように、同じ建物であっても各世帯がそれぞれの別の暮らしを送れるようになっています。ただし生活リズムが異なり、騒音などが気になる場合は、寝室などの位置を考えなくてはいけません。このような家は、騒音などの問題さえなければ、心地良い距離感を作ることができるでしょう。

部分共有(玄関のみ共有)

親世帯と子世帯の生活リズムが違う場合には、キッチンやお風呂の使用が、お互いの暮らしを干渉するかもしれません。ですが、完全分離タイプでは顔を簡単に合わせることができず、家族の繋がりが希薄となってしまうと心配する人もいるでしょう。その場合には、玄関のみ共有するのが良いかもしれません。これであれば、生活リズムが違っても干渉することはなく、玄関で気軽に顔を合わせることができます。

部分共有(浴室やキッチン、トイレなどを共有)

こちらのスタイルは浴室をキッチン、トイレなどを共有するため、建築コストを大きく抑えることができます。ただし、あまりにもお互いの暮らしが近くなってストレスを蓄積してしまえば、元も子もありません。建築コストを抑えつつ適度の距離感を生み出すために、浴室、キッチン、トイレのどれを共有するかそれとも共有しないかを熟考してみましょう。

homifyの無料相談を利用して二世帯住宅を建てよう!

もし二世帯住宅の建てることを検討しているなら、homifyで無料相談を利用してみませんか。無料相談のページでは、建築予算、そしてスタイルを記入して、建築家を募集することができます。例えば、現代の暮らしに合ったモダンなスタイル、もしくは伝統的な日本家屋など、建築予定の建物の情報を記入して、homifyに登録している建築家に伝えることができます。こうした募集に対してきっと多くの建築家が応募してくれるでしょう。ぜひhomifyの無料相談で自分が思い描く夢の二世帯住宅を実現させましょう!