和室のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 和室: 内田雄介設計室 が手掛けた和室です。
  2. 和室: 青戸信雄建築研究所が手掛けた和室です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. グロット: Smart Running一級建築士事務所が手掛けた和室です。
  5. ROMAN: stage Y's 一級建築士事務所が手掛けた和室です。
  6. 下古山・中庭のある家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けた和室です。
  7. .: 鎌田建築設計室が手掛けた和室です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 畳コーナー: バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所が手掛けた和室です。
  10. N10-house 「展望テラスのある家」: Architect Show co.,Ltdが手掛けた和室です。
  11. 楓ケ原の家: 鎌田建築設計室が手掛けた和室です。
  12. 畳下収納: 株式会社かんくう建築デザインが手掛けた和室です。
  13. 長屋根の家: 田村建築設計工房が手掛けた和室です。
  14. ひかり庭の家: 一級建築士事務所 株式会社KADeLが手掛けた和室です。
  15. 杜の癒しの家: ing-環境設計室が手掛けた和室です。
  16. 八坂の数奇屋(無限の息): 一級建築士事務所 (有)BOFアーキテクツが手掛けた和室です。
  17. ART GALLERY  逢友: 一級建築士事務所 (有)BOFアーキテクツが手掛けた和室です。
  18. 和室:  井上久実設計室が手掛けた和室です。
    Ad
  19. ライブラリー: アトリエセッテン一級建築士事務所が手掛けた和室です。
  20. ART GALLERY  逢友: 一級建築士事務所 (有)BOFアーキテクツが手掛けた和室です。
  21. 北上の家: 株式会社山口工務店が手掛けた和室です。
  22. TabHouse: 稲山貴則 建築設計事務所が手掛けた和室です。
    Ad
  23. 浜松H邸: 遠藤誠建築設計事務所(MAKOTO ENDO ARCHITECTS)が手掛けた和室です。
  24. 床の間: 株式会社高野設計工房が手掛けた和室です。
  25. 修景の舎  -風景をつくる佇まい-: Studio tanpopo-gumi 一級建築士事務所が手掛けた和室です。
  26. 月見草の家: Schri Kakinumaが手掛けた和室です。
  27. 小間: 森村厚建築設計事務所が手掛けた和室です。
  28. 家族のワークスペース|mat house: KAZ建築研究室が手掛けた和室です。
  29. 日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。
  30. 高津の家: 向山建築設計事務所が手掛けた和室です。
  31. 和室・土間縁: TEKTON | テクトン建築設計事務所が手掛けた和室です。
  32. 太田の家: 株式会社山口工務店が手掛けた和室です。
  33. ヒカリとミドリの家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた和室です。
    Ad

どうやって完璧な趣味・多目的室を作りますか?

ホームシネマはすべての映画愛好家のための究極のリゾートです。映画館のような効果を生成するオーディオおよびビデオ機器を使用すれば、完璧なホームシネマを作ることができます。居心地の良い家具や装飾で作られたホームシネマは本当に楽しい時間を提供します。完璧なホームシネマとは、あなたの家族や友人と一緒に最高の映画を見ながら、何をしたいか、どんな外観にしたいかによります。プールサイドで上映する映画は究極のプールパーティーを演出するでしょう。独立した専用の部屋にホームシネマを構成することも非常に良い選択です。完璧なホームシネマを作る重要な要素のひとつがその空間の快適さです。

どこでホームシネマのアイデア&インスピレーションを見つけることができますか?

あなたは簡単にインターネット上で最新のホームシネマのアイデアを見つけることができます。また、homifyでは専門家からの助言や提案、素晴らしいアイデアを集めることができます。室内にホームシアターを作るか、それとも庭にガーデンシネマを作ることも可能です。ホームシネマを作るインスピレーションは、映画やガジェットへの愛から来ています。全体的な外観や部屋の装飾は、所有者の好みやテイストに合わせます。ただ前述したように、いかに快適な空間を作るかが、どんな装飾を行うべきかの答えとなります。

ホームシネマを作るためにできることは何ですか?

あなたがどの場所にホームシネマを持ちたいのかによって多くの選択肢があります。ホームシネマが必要とする基本的なシステムは、高精細プロジェクターと高精細スクリーンです。上映の際には完全な静けさが必要です。照明は、映画の再生中に歩き回る必要が出た際に最小限の明るさを持つものを。同時にそれは、映画を上映していない状態でも使用できるよう適切に配置される必要があります。誰もが同じくらいの高さで快適に画面が見えるように、椅子やテーブルなどの家具を配置します。また、軽食を格納するために小型冷蔵庫のようなアクセサリーを追加することができます。プロジェクターの設置が無理な場合は、少なくとも52インチ以上のフラットスクリーンテレビをおすすめします。映画を最高の品質で楽しむために、サラウンドシステムやブルーレイプレーヤーを使用します。

ホームシネマの壁は何色を選ぶべきですか?

壁は無地で暗い色にしてください。暗い色はスクリーンをより見やすくします。部屋の主な目的は良い映画を楽しむことなので、壁はシンプルに保つことが最適です。芸術的なタッチを加えたい場合は、暗い色のまま質感を変えてみるのが良いでしょう。

ホームシネマの床材はどのような種類を選ぶべきですか?

全員に快適な鑑賞環境を提供するために、この部屋の床には段差を付けることがあります。平らな床の場合は、次のいずれかの床材を使用することができます。木製の床が推奨されますが、この部屋を作るための理想的な方法はカーペットを全体に敷き詰めることです。カーペットは音を吸収し、より良いサラウンド効果を楽しむことができます。

ホームシネマには、どのような技術的な装置が必要ですか?

効果的なホームシネマには最新のホームシネマシステムを設置する必要があります。機器は部屋のタイプと、そこを何人が使用するかによって変わります。非常に大きな部屋で大規模な上映会を開催するのなら、プロジェクターとスクリーンが必要です。小さな部屋で少人数が集まるのならDVDプレーヤーと大画面テレビで良いでしょう。サラウンドスピーカーはいずれの場合も必須で、どのような場合も妥協すべきではありません。

ホームシネマを装飾する具体的なヒントはありますか?

まず最初にホームシネマは照明に気を配るべきです。そしてスナックトレイやカップホルダー、フットレストや足のマッサージ機能があるリクライニングチェアのような最先端の家具が置かれるべきです。あるいは部屋が小さく少人数のみが使用する場合は、大きく広々とした快適なソファを一台置くのも良いでしょう。ホームシネマプールパーティーにはシンプルなデッキチェアを用意します。サウンドシステムと照明、椅子からスクリーンまでの適切な距離は、効果的な映画上映のため常に留意すべきです。壁に自分の好きな映画スターのポスターを貼ったり、映画のDVDで棚をいっぱいにしても良いでしょう。床は清潔に、無地のカーペットにします。カーペットの代わりにラグを使用することもできます。また、ゲストにドリンクや軽食を提供するために、部屋の背後にバーや冷蔵庫を追加することができます。

ホームシネマを設計&装飾するためのスタイルガイドはありますか?

homifyにはホームシネマを設計&装飾するための非常に精巧なスタイルガイドがあります。homifyでエレガントでシックなスタイルと内装をチェックして、既存のホームシネマを改善したり新築することができます。

モダンスタイルのホームシネマ

モダンなホームシネマを作る際、最初に行うことは場所を特定することです。理想的な場所は、ノイズや自然光の露出が少ない場所である必要があります。自然光は映画の視聴を妨げる可能性があるため、最小限に抑える必要があります。家具は快適さを追求したものを選びます。また家具は、全員が座ることができ快適に画面を見ることができるよう配置する必要があります。高精細スクリーンやその他の最新機器は、モダンスタイルのホームシネマの外観を向上させます。壁に最小限のアート作品や映画ポスターを設置すれば完璧なホームシアターになるでしょう。

インダストリアルスタイルのホームシネマ

インダストリアルスタイルのホームシネマは大きなリビングエリアと、モダンかつミニマルな外観を持っています。このスタイルは主にレザーと暗い色を使用します。暗い色のカーペットと壁、レザーのビーンバッグチェアなどを配置すると良いでしょう。フローリングの床も良いですが、装飾は最小限に抑える必要があります。この場合リクライニングチェアの使用が最も快適でしょう。部屋の隅にトレンディなダークウッドのバーを作れば完璧です。

カントリースタイルのホームシネマ

カントリースタイルのホームシネマは木製家具と快適なシーティングエリアで作ります。窓には美しいカーテンと効果的な照明を設置します。シックな内装は快適な映画タイムをさらに向上させます。伝統的なデザインのカーペットやフローリングは美しさを追加します。この場合のホームシネマは少人数のためのデザインです。大人数で使用したい時は部屋にカーペットを敷き詰めて、カントリースタイルの大きなソファを配置します。ソファも暗い色を選んでください。

どんなスタイルやタイプにおいても、ホームシネマは家の中で最も居心地良くエンターテイメント性を持ち、そして素晴らしい映画の上映という独自性のあるお部屋です。根っからの映画ファンは自宅に持つべきお部屋です。

他の人気ページ

最高におしゃれな部屋のコーディネート集・コツまとめ!




他にもhomifyではこちらのサービスをご利用いただけます:
住まいの専門家「無料相談」  |  住まいの専門家リスト  |  インテリア商品一覧