リビングのインテリア・レイアウト実例・収納 写真

  1. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  2. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?

リビングに置くインテリア家具の種類と用途 

リビングは多くの時間を家族と一緒に過ごす空間、生活の中心です。家をデザインするときにもまずはリビングを中心に室内生活動線を描いていきます。ここが整っていないと日常もスムーズに過ごせません。こちらではまずリビングに最低限必要な家具をご紹介致します:   

ソファー
価格帯:2万円~200万円ほど
種類:コーナーソファ、リクライニングソファ、ラブソファ、ソファーベッド、ローソファ、オットマン
素材:鉄パイプ、木材、天然革、合皮、、ファブリック、ウレタンフォーム、スポンジ等 
リビングが生活の中心なら、ソファーはリビングの中心です。多くの室内時間はこちらのリビングソファー上で過ごすことになります。高価でも、とにかく居心地が良いものを選んで購入しましょう。Lの字、コの字のソファーなどリビングの形に合わせたソファーを見つけることが可能です。素材はファブリックを始め、本革、合皮革などがあり、素材の色どりなどを取る場合はファブリック、頑丈さを選ぶなら本革、中間を両方取るなら合皮革を選びましょう。   

アームチェア
価格帯:1万円~50万円
種類:特になし
素材:鉄パイプ、木材、天然革、合皮、、ファブリック、ウレタンフォーム、スポンジ等
ソファーと一緒に持っておきたいのが「アームチェア」です。家族団欒の時間以外、例えば一人で日中過ごす場合時間が長い場合には、大きなソファーに座るよりもアームチェアに座り、更にリラックスすることが出来ます。作業用にコンバータブルテーブルが付いたものやマッサージチェア・リクライニングチェアになるタイプの物もあります。   

テーブル 
価格帯:1万円~5万円ほど
種類:ローテーブル、センターテーブル、リビングテーブル、カフェテーブル
素材:無垢木材、合成合板(木材)、ガラス、ストレート(石材)、人工大理石、大理石
ソファーと合わせて持っておきたいのがリビング用のテーブル。ソファーの目の前に置きたい、食後のお茶などを置いたり、キレイなお花を置いてみたり、時にはボードゲームを一緒にしてみたりと用途はさまざま。ローテーブルを1つ、カフェテーブルを1,2つリビングに配置しましょう。   

カーペット
価格帯:5000円~
種類:機械織り(ウィルトン織り等)、手織り(ペルシャ絨毯)、手編み、タフテッド
素材:ウール、アクリル、ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン
冬場はもちろん、夏場だって足元を快適にしてくれる「カーペット」もおススメです。リビングでの団欒もカーペットがあれば更に快適に。お子さんなどが床に座ることが多い家族は必須アイテム、店頭などのケガからも守ってくれます。     

リビング家具の配置方法 

リビングの家具配置はまず、人の動線をつなぎ、その線上にかぶさらない所に配置しましょう。例えばリビングの入り口が3つあった場合、その3つの出入り口のそれぞれ最短距離は動線です。その同線上に家具は置かないように気を付けましょう。     

ソファー&ローテーブル中央配置型
ソファーとテーブルがどの壁からも離れていて、中央付近に集まっている形。30平方メートル以上のリビングにお住まいの方は試してみましょう。ソファーの後ろ側にスピーカーを配置したい場合にも有効な家具アレンジ方法です。   

ソファー&ローテーブル壁寄せ型
ソファーとローテ―ブルを一面の壁に沿って配置する方法です。圧迫感は若干気になりますが、リビング全体の空間を大きく保つことが出来き室内全体の窮屈感を抑えることが出来ます。   

L字置
上記のソファー&ローテーブル壁寄せ型と似ていますが、2面の壁にソファーとローテーブルが触れる配置方法です。リビングが10平方メートルと狭小の場合におすすめの形です。   

もっと詳しく知りたい方はこちらから:素敵なリビングレイアウト実例集     

スタイル別リビングのコーディネート方法   

ミニマルデザインのリビング 
数少ない素敵なインテリアで空間をデザインするスタイルです。白を基調としたインテリアアイテムを揃えましょう。北欧家具はミニマルデザインとよく合います。   

和風スタイルのリビング 
日本古来の和室の雰囲気を受け継ぐリビングデザイン。畳を起点に掛け軸や生け花などを設けましょう。   

モダンスタイルのリビング

 コンクリートの壁や真っ黒&真っ白、時にはメタリックなカラーを使い、凝った間接照明を使って照らされた空間はまさに「美」。上級のデザインセンスを問われるスタイルですが、インテリアコーディネーターなどのプロにお願いしてレイアウトしてもらうのも一つの手です。

他にもhomifyではこちらのサービスをご利用いただけます:
住まいの専門家「無料相談」  |  住まいの専門家リスト  |  インテリア商品一覧