リビングのインテリアデザイン・アイデア | homify

リビング

完璧なリビングを作るには?

誰もが頭の中に完璧なリビングルームのアイデアを持っています。しかし生活空間を最高なものにするには基本的なルールがあります。常に念頭に置いてほしいのは、自分のスタイルを維持すること、そしてもちろん既存のレイアウトで使えること。リビングルームの雰囲気は落ち着きがあり、心地良く感じられるもの、足を一歩踏み入れた瞬間からアットホームに感じられる場所であるべきです。特定のスタイルやテーマを選ぶ前に、あなたがどのような機能を望み、それがどのような影響を与えるのかを考えてください。求めるのは心地良さと静けさのオアシスですか?または大胆な芸術的空間ですか?

どこでリビングのアイデアとインスピレーションを得られるか?

モダンからクラシック、ミニマリストからラスティックまで、私たちのリビングルームセクションからたくさんの例を見つけることができます。お好きなリビングルームを見つけたらワンクリックするだけであなたのアイデアブックに画像を保存できますよ。homifyにおいてのあなたのアイデアブックはバーチャルなスクラップブックのような存在。簡単でシンプルなこの方法であなたのアイデアを収集しましょう。また、なぜこの画像が気に入ったのかなどを記憶するためにテキストを追加することも可能です。アイデアやインスピレーションが集められたこのアイデアブックは自動的にあなたのプロフィールとなります!

リビングに対して実際何ができるか?

リビングルームを作るための多くの方法がありますが、何が個性やライフスタイルに合ったものであるかを考慮することが不可欠です。壁の色やフローリングなどの決定では、空間内の他の要素について考えましょう。あなたは明るいカラフルな色を好みますか?または落ち着いた中間色を好みますか?機能性と耐久性は外観と同様に重要ですが、あなたの好みが将来変化することも考えましょう。おそらく時間が経つにつれて、リビングルームとして使用されるだけでなく、フレキシブルな収納スペースとして使われる可能性も出てくるでしょう。もちろんこういった様々な要件を組み合わせることが可能であり必要となってきます。より多くのことをあなたが事前に理解していれば、それらのアイデアは現在および将来において容易に実現できるでしょう。

壁にはどんな色を選ぶべき?

壁の色を決める前に、壁全体を一色でまとめる、それぞれの部分を強調させるような複数の色を使用するか検討する必要があります。部屋のサイズは決定において重要な役割を果たします。一般的にパステルカラーと淡い色は小さなリビングルームに適しており、大きな空間では自由な感覚で大胆で明るい色も使用することができます。他に重要なことといえば、どれくらいの日光が射し込むかということ。試しに小さく目立たない箇所に色を塗り、それが一日を通してどのように変化するかを確認してみて下さい。

床材には何を使うべき?

利用可能な床材の様々な選択肢があります。床板は温みのある雰囲気を作り様々なスタイルに合いますが、メンテナンス費用が高くなる傾向にあります。床板が常に均一に見えるよう汚れを取り、へこみや傷が恒久化しないよう研磨することが不可欠です。一方カーペットは交換が容易で、冬が長く厳しい気候の地域に適しています。足元の暖かさを保ち、居心地の良さを感じさせます。最終的に何を選ぶかは、部屋とライフスタイル次第。先述したように何を目的としているかを考えて下さい。リビングルームは平和と快適さのための場所ですか?それとも家の中心となるべき場所ですか?

最適なリビングデザインとは?

ラスティック、または北欧風や地中海風といったスタイルは、住人の好みを明らかにするでしょう。従って、あなた自身の好みやテイストを理解することが不可欠です。異なるスタイルやテーマを融合させることも可能ですが、慎重にしましょう。あなたの大切なリビングルームを寄せ集めやミスマッチで終わらせないためにプロフェッショナルの助けを借りることをお勧めします。

装飾についての具体的なヒントは?

家具は他の小さなものと違って、移動や交換が簡単ではないということを覚えておいてください。またあなたの経済状況によっても異なります。ソファやキャビネットについては長期間の使用を想定します。投資すべきはクラシックなものでしょう。それは新しくできるだけでなく、別のスタイルに合わせることができるかもしれません。トレンドに合わせるのは簡単ですが、余白を残しておくと将来の変化に可能性を持たせることができます。部屋のサイズを考慮することも忘れずに。小さなリビングルームに大きな家具を詰め込んでいっぱいにしてしまったり、逆にミニマルスタイルなどといって部屋がからっぽにならないようにしましょう。 二つの間の正しいバランスを見つけることがパーフェクトなリビングルームを作る鍵となります。

アクセサリーを使用するには?

壁の塗料、床材や家具などの大きな要素について決定した後に、リビングルームのアクセントとなるアクセサリーについて考えましょう。シンプルであっても派手であってもアクセサリーは時に、大きな絵画に勝る効果を部屋にもたらします。ランプやクッションのような装飾的要素を投入するのは家具を交換するよりもはるかに簡単なので、流行や季節の変化に応じてこれらを変更すると良いでしょう。アクセサリーは実用的である必要はありません。

デザインと装飾についてのスタイルガイドは?

カントリースタイルリビングルーム

柔らかい生地、クリーミーな色とクラシックなパターンを使用してください。居心地の良い、温かい雰囲気を作ることです。このクラシックなスタイルにおいて最も重要なことは紛れもなく木材の使用です。カントリースタイルリビングルームを計画する際には木製のコーヒーテーブルやビルトインのワードローブが必須です。装飾は遊び心をもって。市松模様の枕、ブロケードやレースのエレガントなタッチを考えてみてください。

ミニマルスタイルリビングルーム 

きれいなラインとシンプルな色がミニマルスタイルリビングルームにぴったり。リビングルームも同様に最低限必要なものは何かということです。モットー「less is moreーより少ないことは、より豊かなこと」として、本当に必要なものだけを持つという姿勢が絶対に必要です。そのため十分な収納スペースが必須です!洗練されたミニマルな外観を得るために最適な方法は壁面収納を設置することです。壁の塗料、装飾や床材に関してはコンクリート、ガラス、木材などが最も一般的に使用されています。

クラシックスタイルリビングルーム 

クラシックスタイルリビングルームは、時代を超越したエレガントさがあります。黒と白の上品な組み合わせ、そしてハイライトとして様々な色合いのグレーを使用すればあなたのリビングルームは決して古びることはありません。狙いは天井から床までのすべての要素がバランスのとれた均一さで、相互に補完する調和のとれた環境を作成することです。

オリジナルスタイルリビングルーム

シンプルなテーマでは退屈さや疲れを感じる人には、オリジナルスタイルリビングルームが間違いなくベストなスタイルです。色や形、パターンにおいては想像力の限界があります。このスタイルは矛盾に全く嫌悪感を持っていない方、またはすべてが一致する必要性を感じていない方にお勧めです。より多くの色やテーマ、パターンを使用して下さい。古典的なチェスターフィールドソファの下にアフリカンの絨毯を敷くのはどうですか?またはグラフィティが描かれた壁にレトロな60年代のサイドボードを合わせるのはどうですか?他のスタイルのようにルールはありません。気の済むまであなたの個性をどんどん注入して下さい!

ラスティックスタイルリビングルーム

ラスティックスタイルリビングルームを三つの言葉で表現しなければならないとしたら、それは「木材」「レンガ」「心地良さ」です。素朴な家具は寛ぐことができるシンプルな雰囲気を生み出し。木材の梁、レンガの壁、サンディング家具が最適。色やパターンなどは控えめに。ラスティックスタイルをモダンにアレンジしたデザイナーによって、古典的な納屋やコテージのリノベーションが大流行の兆し。

モダンスタイルリビングルーム 

モダンスタイルリビングルームは、ミニマリストとクラシックなスタイルとは大きな違いを生み出します。どんなに早くトレンドが変化しても、トレンドに乗り続けて、エレガントを保ちます。モダンスタイルは装飾が省かれているため変化に適応可能なのです。壁紙やカーペット、またはアートワークを使用することによって小さなエリアに変化を取り入れることができますよ。

インダストリアルスタイルリビングルーム

部屋がロフトや工場のような建物の場合、インダストリアルスタイルリビングルームはベストな選択と言えるでしょう。特徴は、レンガ、鉄鋼、コンクリート、そして基調となる色は白、グレー、黒など。インダストリアルスタイルと言ってもその冷たさや過去を反映させる必要は無く、ラグやクッション、カーテンなどでより家庭的な感じをプラスすると良いでしょう。

北欧風リビングルーム 

北欧風リビングルームは、今日インテリア界で最も人気があります。最良かつ本物のスタイルを作成するには色を制限し、シンプルな木材やコンクリートなど天然素材による幾何学的なシェイプにすることです。色を加えることも可能ですが控え目に。バランスと均衡が重要です。また、ひとつの機能だけが目立つべきではありません。北欧風リビングルームを退屈なものにしないために、フェイクファーやウールといった心地良い素材をプラスして家庭的で快適な雰囲気を作りましょう。

地中海風リビングルーム 

地中海風リビングルームを考える際、私たちはすぐにヨーロッパ南部のイメージ… テラコッタタイルとアースカラー を思い描くでしょう。このスタイルは基本的にイタリア、スペイン、ギリシャから来ており、暖かい天候や間近に迫る海が材料や装飾品の選択に重要な役割を果たしています。忘れないで下さいね、これは「La Dolce Vitaー甘い生活」、遊び心を持って楽しみましょう。

小さなリビングの場合は?

小さなリビングルームでは多くの課題が発生しますが、デザインに次第で良い解決法が見つかり、より良いプランニングができます。より多くの部屋を持っているという理由だけで、デザインが自動的に優れたものになる訳ではありません。部屋の大きさは居心地の良さに影響を及ぼしませんが、原則的に部屋を広くみせたい場合にはワイルドなパターンや大胆な色は避けるべきです。そして光や家具のレイアウト、色の巧妙な使用によって目の錯覚を作り出すことが可能。それは実際の大きさよりも部屋をはるかに広く見せることができます。

他の人気ページ

マンションキッチンのリフォームまとめ