片流れ屋根のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 外観: アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  2. 外観: アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 太陽光発電パネル( ソーラーパネル )設置した住宅: 中浦建築事務所が手掛けた片流れ屋根です。
  5. WRAP HOUSE: FUTURE STUDIOが手掛けた片流れ屋根です。
  6. 外観: 有限会社 秀林組が手掛けた片流れ屋根です。
  7. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた片流れ屋根です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. Eduardo Gutiérrez Taller de Arquitecturaが手掛けた片流れ屋根
    Ad
  10. Fabio Carria が手掛けた片流れ屋根
  11. COBERTIが手掛けた片流れ屋根
  12. Ramella Arquiteturaが手掛けた片流れ屋根
  13. Ramella Arquiteturaが手掛けた片流れ屋根
  14. COBERTIが手掛けた片流れ屋根
  15. COBERTIが手掛けた片流れ屋根
  16. AERspireが手掛けた片流れ屋根
  17. SOLISYSTEMEが手掛けた片流れ屋根
  18. SOLISYSTEMEが手掛けた片流れ屋根
  19. SOLISYSTEMEが手掛けた片流れ屋根
  20. Giuseppina PIZZO が手掛けた片流れ屋根
  21. SOLISYSTEMEが手掛けた片流れ屋根
  22. MITA Tende da Sole Torinoが手掛けた片流れ屋根
  23. Saxunが手掛けた片流れ屋根
  24. Grosso Tende Srlが手掛けた片流れ屋根
  25. SOLISYSTEMEが手掛けた片流れ屋根
  26. Saxunが手掛けた片流れ屋根
  27. COBERTIが手掛けた片流れ屋根
  28. Grosso Tende Srlが手掛けた片流れ屋根
  29. Total Interiors Solutions Pvt. ltd. が手掛けた片流れ屋根
  30. Berkana Shopが手掛けた片流れ屋根
  31. NavarrOlivierが手掛けた片流れ屋根
  32. 安居住宅有限公司が手掛けた片流れ屋根
    Ad
  33. NavarrOlivierが手掛けた片流れ屋根

片流れ屋根とは

片流れ屋根とは、切妻屋根の片側の面だけからなるような、一枚の勾配が付いている面でなる屋根の形となります。平らな屋根面となる陸屋根を除けば、勾配のある屋根の中では最もシンプルな形の屋根となるため、近年そのデザイン性、さらには機能面やコスト面の魅力から片流れ屋根の住まいにする方が増えています。そこで今回は、その片流れ屋根について詳しく見ていきましょう。

シンプルな屋根の形状 

屋根の形状は、家の外観の印象に影響する大きな部分です。寄棟屋根などは瓦葺きの和風住宅を始めとして伝統的なスタイルの外観を生み出してくれますが、片流れ屋根はそのシンプルな屋根の形状からモダンスタイルの外観をそのままつくり出してくれます。屋根が平らな陸屋根もすっきりとしたスタイリッシュな住まいとしてくれますが、陸屋根は基本的には鉄筋コンクリート造あるいは鉄骨造となるため、木造がほとんどの戸建て住宅では片流れ屋根によるシンプルな外観が取り入れやすくなります。

片流れ屋根のメリット – 低コストの屋根形状 

片流れ屋根のメリットとしては、比較的低いコストの屋根形状であることがまず挙げられます。切妻屋根や寄棟屋根などにある棟となる部分がなく、1つの平面のシンプルな形であるため、施工も早く、他の屋根の種類と比べるとコストが抑えられる屋根となります。すっきりとシンプルな外観としてくれながら、さらにこうした比較的コストのかからない屋根の種類であることが人気の要因の1つとなっています。

片流れ屋根のメリット – 明るい室内に 

片流れ屋根の建物は、一方の外壁の高さが高くなります。それによって、部屋の高い場所に窓が設けられることから、明るい室内にすることが可能となる点もメリットとして挙げられます。寄棟屋根などではどうしても外壁の高さが抑えられてしまいます。それでも天窓を屋根に設置することで高い場所に窓はあけられますが、屋根に穴をあけることによる雨漏りのリスクを考えると、外壁の高い場所に開口があけられる片流れ屋根の方が安心感があるでしょう。また、近隣の建物が寄棟屋根などの屋根形状であれば、片流れ屋根の外壁の高い場所にある窓は近隣と視線が交わらないプライバシー性の高い開口にもすることができ、日夜を問わずいつでも窓やカーテンを開け放てる開放的な窓にもなります。

片流れ屋根のメリット – 風通しの良い住まいに 

片流れ屋根の住まいにすることによって、風通しの良い住まいにできることもメリットの1つです。先程述べたように、他の屋根の形と比較すると、片流れ屋根は外壁の高い場所に開口が設けられます。そうした窓と低い位置にある窓を組み合わせることにより、暖かい空気は上昇するという性質を利用した自然換気による風通しの良さを獲得することができます。屋根の低い側の室内空間に吹き抜けを取り入れるなどによって、住まい全体に風が吹き抜けるようにすることも難しくありません。

片流れ屋根のメリット – 太陽光パネル設置で有利に 

太陽光発電システムを住まいに取り入れようと考えている方にとっては、片流れ屋根が太陽光パネルの設置の面でも他の屋根形状と比べて有利になることもメリットとなります。屋根面が北側にある場合は難しいですが、片流れ屋根が南側を向いている場合は、屋根が大きな1つの面となることから、太陽光パネルをより広い面で設置することができ、さらに屋根の勾配を発電効率が最も高くなるように調整することで、より多くの電力の発電を期待できます。

特徴的な屋根の形の利用した室内空間 

片流れ屋根は、他の屋根形状と比べると、1つの傾斜した面が長くなるため、それがつくり出す室内空間は特徴的となります。そうした特徴的な室内空間を活かすには、先程述べた吹き抜けやロフト、さらにはステップフロアなどが有効な手段となります。こうした室内空間にしていくことによって、天井の高い明るく開放的な住まい、またいつでも家族の雰囲気を感じることができるような家族団欒の住まいとすることもできるでしょう。そうした点にも注目しながら、建築家と相談していく中でそれぞれのライフスタイルや好みに従った最善の手段を探していきましょう。

homifyの無料相談を活用して建築家を見つけよう! 

homifyには無料相談ページがあり、そこでは建築家を募集することができます。ルーフバルコニーや平屋根といった屋根の種類、建物の構造、そして予算などを記入して、建築家に考えている家の情報を伝えてみましょう。そうすると、こうした条件に応えられる建築家が応募してきます。ぜひhomifyで、夢のマイホームを実現させる建築家を見つけましょう!