モダンデザインのキッチン:レイアウト画像・リフォーム実例・収納

  1. HOUSE IN MARUGAME: 高倉設計事務所が手掛けたキッチンです。
  2. キッチン: Atelier Squareが手掛けたキッチンです。
  3. キッチンのリフォームをお考えですか?
    キッチンのリフォームをお考えですか?
  4. Kitchen2: STaD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)が手掛けたキッチンです。
  5. キッチン: 内田雄介設計室 が手掛けたキッチンです。
  6. 末広町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたキッチンです。
  7. オーダーキッチン: アーキシップス古前建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  8. キッチンのリフォームをお考えですか?
    キッチンのリフォームをお考えですか?
  9. NResidence: ヒココニシアーキテクチュア株式会社が手掛けたキッチンです。
  10. アイランドキッチン~029那須Hさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたキッチンです。
  11. あそうのいえ: 株式会社 自由工房が手掛けたキッチンです。
  12. Black modern: 株式会社プラスアイが手掛けたキッチンです。
  13. オオヤネコート: 有限会社TAO建築設計が手掛けたキッチンです。
  14. キッチン~029那須Hさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたキッチンです。
  15. 霧島の別荘: アトリエ環 建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  16. リビング・ダイニング・キッチン: LITTLE NEST WORKSが手掛けたキッチンです。
  17. DOMA: TAC一級建築士事務所が手掛けたキッチンです。
  18. LDK夕景: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けたキッチンです。
  19. 1階 コンクリートキッチン: プラソ建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  20. 甲子園口の家(リノベーション): 株式会社西田順紀アトリエが手掛けたキッチンです。
  21. 豊橋市 八町通の家: スタジオグラッペリ 1級建築士事務所 / studio grappelli architecture officeが手掛けたキッチンです。
  22. キッチン: 秦野浩司建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  23. 三鷹の家: 荘司建築設計室が手掛けたキッチンです。
  24. HIROO FLAT 裏手の広大な森を借景とした住まい: JWA,Jun Watanabe & Associatesが手掛けたキッチンです。
    Ad
  25. House in Fushimi: 設計組織DNAが手掛けたキッチンです。
  26. キッチン: 内田雄介設計室 が手掛けたキッチンです。
  27. 練馬の家: 株式会社YDS建築研究所が手掛けたキッチンです。
  28. キッチン: アーキシップス古前建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  29. さんかく屋根の家: 株式会社 井川建築設計事務所が手掛けたキッチンです。
  30. キッチン~038那須Fさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたキッチンです。
  31. CONCEPT HOUSE: yuukistyle 友紀建築工房が手掛けたキッチンです。
    Ad
  32. アイランドキッチン: 東章司建築研究所が手掛けたキッチンです。
  33. 谷田の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けたキッチンです。

モダンデザインのキッチンは、空間の中心へ

モダンデザインのキッチンのレイアウトにふさわしいコンセプトとは、どんなものでしょうか?これまでの日本住宅でキッチンでは機能性だけが重視されてきましたが、モダンデザインのキッチンは、壁から離れLDKの住まいの中心へと配置されます。調理場とダイニングを繋ぐ大きなカウンターは、家族を繋ぐ場所としてダイニングテーブルと同等に大きな役割を果たします。従来の機能性だけを重視したキッチンでは、モダンデザインの住居空間に馴染みにくく、生活感が否めません。どうしたら美しくインテリアに馴染むのか- モダンデザインのキッチンでは、直線的なラインや素材を活かしたシンプルなフォルムと、そして日本住宅で多用されてきたI型キッチンとは異なるレイアウトを提案します。アイランド型、II型やコの字型など、リビング・ダイニングのインテリアに馴染む美しさを保ちながら、調理場の生活感が見えないレイアウトは、インテリア同様にモダンな空間を演出してくれます。

モダンデザインのキッチンは機能性だけでなく、その美しさを選ぶ

モダンデザインのキッチンは、リビング同様にLDKの「顔」となります。LDKの大きく開放的な住居空間の中心として活躍するキッチンを選ぶには、機能性を重視するだけではなく、インテリアとしての美しさも考えることが大切です。日本では台所は主に調理をする場所として考えられますが、海外のキッチンは人を招いたりする社交的な場所として捉えられます。感覚的に人に見せる場所として、インテリアも美しく洗練されたものが多くみられます。海外の間取りの多くは、家族のコミュニケーションやホームパーティのメインステージとなる場所として役割を果たします。 キッチンが機能性だけではなく、インテリアの一部として美しく存在するようになると暮らしの質は確実に変わります。

モノが出ていても美しい台所をつくる

モダンデザインのキッチンは、すっきりと片付いた印象です。しかし、キッチンは家のなかでもっとも生活感が出る場所です。モダンデザインのキッチンのように「モノが出ていても美しい台所」に見せるためには、リビング・ダイニングとのバランスが大切です。モダンデザインのキッチンプランは、LDKとひと続きになった間取りが一般的です。台所をリビング・ダイニングとは別に考えず、同空間としてインテリアコーディネートすることで、モノが出ていても美しく見えます。例えば、キャビネットや棚収納扉を床材と同素材にすることで統一感を活かしたり、木とステンレスを組み合わせた特徴的なキッチンを配置すれば、LDK空間のアクセントとしても活きます。

インテリアに馴染むワークトップ

調理作業をするワークトップ素材の選び方にもこだわりましょう。リビングにつながるオープンな台所は、やはりインテリアの大切な一部です。住まいのインテリアにあわせて、調理台もモダンな空間に合わせたすっきりとしたデザインを選んでみましょう。ワークトップの素材には、ステンレス、人工大理石、天然石、タイルなどがあります。その素材やデザイン、カラーは豊富で、きっとモダンなリビング・ダイニングに馴染む素材が見つかります。例えば、LDKのカウンターテーブルとしても使用されるカウンタートップには、天然石を選ぶと人工では味わえない質感や自然のぬくもりを感じる素材が空間に高級感あるアクセントを加えてくれます。木がふんだんに使用された室内をピリッと引き締めたい場合は、直線ラインと素材が活きるステンレスワークトップなどを選ぶと良いでしょう。

設備からインテリア家具として

白いLDKに大きく配置された無垢材のカウンターテーブル、カウンター上のペンダントライト、フロアカラーに合わせて選ばれた木材キャビネットなど、これらは「設備」と考えるよりも「インテリア家具」として捉えてみましょう。効率や機能性重視の台所選びが自ずと変わり、LDK空間を美しく構成する思考が生まれます。キッチンが住まいの中心として華やかな印象になるだけでなく、リビング・ダイニング同様に、住まい手に自ずと似合う素敵な台所が生まれます。

homifyでモダンデザインのインスピレーションを見つけよう!

homifyには、建築家キッチンプランナーが登録した多くの写真が掲載されています。それは、モダンデザインやカントリーデザインといった様々なスタイルから、キッチン収納からシステムキッチンまで、多種多様なキッチンの写真が含まれています。モダンデザインのキッチンを探しているのであれば、「住まいの写真」のページで、「キッチン」を選択して、スタイルを「モダン」にしてみましょう。そうすると、多くのモダンデザインのキッチンの写真が表示されます。こうした写真からイメージを膨らませて、マイホームのキッチンのデザインを考えてみましょう!