室内ドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify 室内ドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

室内ドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

室内ドア

室内ドアの選び方

室内ドアといってもリビングや個室などにあるものから浴室やトイレにあるものまで様々なタイプがあるため、取り付け場所や目的に合ったものを選んでいく必要があります。また、そうした様々な場所に対応するようにドアの開け閉めの仕方や素材、さらにはデザインにも多様なものから選べるようになっています。選ぶ扉によって開け閉めのしやすさやインテリアデザインが決まるだけでなく、それぞれの部屋での過ごし方といった快適性にも影響します。今回は、そんな室内ドアの種類やデザインなどについて詳しく見ていきましょう。

開き戸 

室内ドアのタイプとして最も一般的なものは開き戸でしょう。これは蝶番などを中心にして回転しながら開け閉めするタイプの扉ですが、それによって、高い気密性のドアとすることができたり、

引き戸

のように開けた時のために戸袋が必要ないことから、幅の狭い壁にも設置が可能となるドアとなります。また、他の扉のタイプにあるレールを必要しないことから、掃除のしやすいきれいな床面となってくれます。気密性が高いということは遮音性にも優れているということなので、シアタールームやトイレといった部屋のドアとして最適となるでしょう。 引き戸 引き戸も室内ドアとしてよく取り入れられるタイプです。そのメリットは、壁に対して平行に開け閉めすることから車椅子を利用する方でも使いやすい扉となってくれると同時に、引き戸の前後に家具などを置いていても扉を開け閉めすることができるような使いやすさ、さらには扉を少し開けて風を取り込むなど、自由に扉の開き幅を調節できる点が挙げられます。また、引き戸は1枚だけでなく2枚3枚と複数の戸を組み合わせることで幅の広い室内ドアとしやすいタイプでもあります。

折れ戸 

複数枚の扉が連動しながら折り畳むことで開けるタイプのものを折れ戸と言いますが、折れ戸も室内ドアとして取り入られることがあります。このタイプの扉は、開き戸のように開ける時に前後に広いスペースを必要としないこと、引き戸のように戸袋スペースが必要ないことから、狭いスペースの室内ドアとして適しています。また、開口部分をすべて開けて見やすいことから、パントリーやクローゼットといった収納スペースの扉としても最適となります。

室内ドアの素材 

室内ドアの素材としては、集成材などの上に様々な模様がプリントされた樹脂シートで仕上げたものや塗装などを施したものがあります。そうした仕上げでは、デザインが豊富なことからそれぞれの住まいに合ったものが簡単に見つけられるでしょう。あるいは、無垢材で木そのままの味わいをインテリアに取り入れることもできます。もちろんガラスの室内ドアとすることで、明るく開放的なインテリアとすることもできます。扉全体をガラスにすることもできますし、木製の扉の一部にガラスをはめ込むこともできますので、床や壁などの素材との兼ね合いも考えながら選んでみて下さい。 

室内ドアの色 

インテリアの色をコーディネートしていく中で、室内ドアの色はどうするべきか悩む方もいらっしゃるかもしれません。基本的には、壁や床などの大きな面積の部分にならって同じ色で統一していくことで、インテリア全体をまとまりのある色彩にすることができるでしょう。もし、室内ドアに他の部分とは異なる色を用いたい場合は、インテリアのワンポイントとして取り入れることもできます。

様々な便利な機能も 

ドアの開け閉めを楽にしてくれる便利な機能について最後に押さえておきましょう。扉を閉める時にどうしても音が出てしまいますが、閉まる直前にドアの速度を抑えて静かに閉まるようにしてくれるという機能もあります。特に出入りの頻繁な室内ドアや、リビングで家族がくつろいでいる近くにある室内ドアにあるとドアの開け閉めの音に悩まされることもなくなるでしょう。また、アームストッパーやドアクローザーといった開き戸を開けた状態で止めておける装置や開けた扉を自動的に閉めてくれる装置もありますので、それぞれの室内ドアの使い方に合わせてそうした機能も付加してみて下さい。

homifyの無料相談ページを活用してマイホームを実現させよう! 

homifyにある無料相談ページでは、建築家や住まいの専門家を募集することができます。例えば、家を建てることを考えているなら、平屋建てや二階建てといった階数、片流れ屋根や切妻屋根といった屋根のスタイル、そして木製ドアやガラスドアといったドアのスタイルなど、考えている家の情報を記入しましょう。こうした情報はhomifyに登録されている建築家や住まいの専門家へと送られます。そして募集に応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyを活用して夢のマイホームを実現させてみませんか?