北欧デザインの家:アイデア・インスピレーション・写真

  1. NIIHAMA House: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。
  2. ファサード: 松原建築計画 / Matsubara Architect Design Officeが手掛けた家です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 西大寺の家: アークス建築デザイン事務所が手掛けた木造住宅です。
  5. bent: 一級建築士事務所hausが手掛けた家です。
  6. 南東外観: atelier mが手掛けた家です。
  7. External Apperance(Evening View): STaD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)が手掛けた家です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 外観: 松原建築計画 / Matsubara Architect Design Officeが手掛けた家です。
  10. 大きな屋根のいえ: miyukidesignが手掛けた家です。
  11. External Apperance(Evening View): STaD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)が手掛けた家です。
  12. 児島の家: 青木建築設計事務所が手掛けた家です。
  13. FSMR: アトリエモノゴト 一級建築士事務所が手掛けた一戸建て住宅です。
  14. Case Study House #59 W house: NASU CLUBが手掛けた一戸建て住宅です。
  15. ファサード: エイチ・アンド一級建築士事務所 H& Architects & Associatesが手掛けた家です。
  16. house KAT: 有限会社スマイルスタジオ/sMile sTudioが手掛けた家です。
  17. 外観: 株式会社高野設計工房が手掛けた木造住宅です。
  18. 外観 玄関: 株式会社高野設計工房が手掛けた木造住宅です。
  19. 外観 グリーンウォール: 株式会社高野設計工房が手掛けた木造住宅です。
  20. 旧軽井沢の家: 光風舎1級建築士事務所が手掛けた家です。
  21. FUN! HOUSE!: こぢこぢ一級建築士事務所が手掛けた家です。
  22. 外観2: 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた家です。
  23. 外観: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた家です。
  24. haus-duo: 一級建築士事務所hausが手掛けた家です。
  25. 外観: 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた家です。
  26. デンマークで古くから愛される スカーゲンの家: 株式会社 ヨゴホームズが手掛けた家です。
  27. 自然と戯れる家: 風景のある家.LLCが手掛けた木造住宅です。
  28. NIIHAMA House: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。
  29. 夕景: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた家です。
  30. haus-flow 外観: 一級建築士事務所hausが手掛けた一戸建て住宅です。
  31. Gate Garage® 包み庭の家: フォーレストデザイン一級建築士事務所が手掛けた家です。
  32. 3R-HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けた家です。
  33. 木立に佇む家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた家です。

北欧デザインの家はシンプルで大らか

北欧デザインのは、シンプルで大らかな外観が特徴です。日照時間が短く積雪量の多いスカンジナビアの家の外観は、厳しい自然環境の中でも暖かく快適に過ごす工夫として、大きな急勾配の三角屋根と太陽の光を効率的に取り込めるような大きな窓が配置されるのが特徴です。外観は、ホワイトやブルーといった自然に馴染みやすく、またすっきりとしたモダンなカラーが好まれます。

北欧デザインの家と木の感触

北欧デザインの家は、木のぬくもりをたっぷりと感じることができます。天井、窓、壁に至るまで自然素材や無垢材が多く使用されます。美しい木目を活かしたフローリングを裸足で歩く肌触りの気持ち良さを楽しむことができます。また、時間の経過と共に深い味わいが生まれる木の質感は、世代を超えて家族に愛される優しい住まいとなります。木の感触と香りに包まれて暮らす感覚は、日本人の住居感覚と共通する繊細さがあります。

家族中心の間取り

北欧デザインの家の間取りは、家族との時間を大切にするスカンジナビアのライフスタイルがデザインに活かされています。家族が揃って食卓を囲む大きなLDKが住まいの中心に配置され、暖かな薪ストーブが家族の団欒を暖かく包み込みます。大きなワンルームLDKには吹き抜けがあり、空間の開放感と同時に薪ストーブの熱を効率良く住まい全体に循環させる機能性を備えた間取りです。

断熱性・気密性に優れた家

北欧デザインの家は、厳しい冬を快適に過ごす高気密高断熱住宅として知られています。室内にふんだんに使用される木材は、調湿機能と断熱性能に優れた天然素材です。窓は、二重窓や三層ガラス窓が使用され、ガラスに挟まれた空気層が住宅の温熱環境を効率よく保ちます。冬場の結露対策としても最適です。

スカンジナビアの計画換気システム

スカンジナビア諸国の高気密高断熱住宅には、同時に合理的な計画換気システムが設けられています。外部から新鮮な空気を取り入れ、新鮮な空気と汚染空気を循環良く流します。住環境の維持と衛生を計画的にコントロールするので、カビやダニの発生を防ぎハウスダストなどのアレルギーを抑えてくれるメリットも。メンテナンスが容易でランニングコストが低い点も嬉しいですね。

暮らしとエコロジー

北欧デザインの家は、豊かな自然環境を維持する意識が高く、省エネルギーに向けた取り組みが非常に盛んです。採光の取り入れ方、通風、建物の外観や間取りは、エネルギー消費量に大きく関係します。断熱材やその品質、暖房方法から照明計画に至るまで、これらを細かく計算したパッシブハウスが住宅思想の基本コンセプトです。

みんなに優しいバリアフリー

福祉の先進国でもあるスカンジナビア諸国は、バリアフリーが基本です。住宅思想にはユニバーサルデザインの発想が根付いており、子供から高齢者まで、家族みんなに優しい配慮が施されています。車椅子生活でも快適なよう段差の解消や通路の幅が見直され、また冬場のヒートショックを防ぐ温度差低減も考慮されています。住み慣れた自分の住まいで家族みんなが快適に暮らせる住環境設備が前提です。

愛着をもって住み続ける

日本の住宅の平均寿命年数は32.2年と言われています。一方、スカンジナビアの家の平均は70年から100年とより長い住宅寿命年数を保ちます。その理由は、主に家に使用される天然素材の質の違いと言われています。建設スピードと初期コストを重視するよりも、初期建設費用をかけてでも性能の高い家を建てることで、厳しい冬でも快適に、省エネルギー且つランニングコストのかからない家づくりをし、世代を超えて受け継がれる愛着ある住まいをつくることが、北欧デザインの家から学べるこれからの日本の住まいに大切な考えではないでしょうか。

homifyで北欧デザインのインスピレーションを見つけよう!

homifyには世界各国の建築家やインテリアコーディネーターの写真が登録されています。それは、木造住宅二世帯住宅といった様々な家から、モダンデザインや北欧デザインといった様々なスタイルまで、多種多様なものが揃っています。北欧デザインの家を探すのであれば、「住まい写真」のページで「家」を選択して、スタイルを「北欧」にしてみましょう。そすると多くの北欧デザインの家の写真が表示されます。こうした写真からイメージを膨らませて、夢のマイホームについて考えてみましょう!