女の子部屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. みんなの集まる家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた女の子部屋です。
  2. 妹背牛の家: アウラ建築設計事務所が手掛けた女の子部屋です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 上越市K邸: スタジオ・スペース・クラフト一級建築士事務所が手掛けた女の子部屋です。
  5. 上越市K邸: スタジオ・スペース・クラフト一級建築士事務所が手掛けた女の子部屋です。
  6. みんなの集まる家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた女の子部屋です。
  7. ファミリールームと階段スペース: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けた女の子部屋です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 2階子供室: プラソ建築設計事務所が手掛けた女の子部屋です。
  10. 伊豆の国の家: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた女の子部屋です。
  11. Quattro designs が手掛けた女の子部屋
  12. Claudia Lujánが手掛けた女の子部屋
  13. EX ARQUITETURA E INTERIORESが手掛けた女の子部屋
  14. Casactiva Interioresが手掛けた女の子部屋
    Ad
  15. homifyが手掛けた女の子部屋
  16. Art-i-Chokが手掛けた女の子部屋
  17. Marília R. S. Arquiteturaが手掛けた女の子部屋
  18. Casactiva Interioresが手掛けた女の子部屋
    Ad
  19. Casactiva Interioresが手掛けた女の子部屋
    Ad
  20. Neelanjan Gupto Design Coが手掛けた女の子部屋
  21. TGV Interioresが手掛けた女の子部屋
    Ad
  22. Modify- Architektura Wnętrzが手掛けた女の子部屋
  23. Art-i-Chokが手掛けた女の子部屋
  24. MOBİLYADA MODA が手掛けた女の子部屋
  25. ARTWAY центр профессиональных дизайнеров и строителейが手掛けた女の子部屋
  26. GREEN HAT STUDIO PVT LTDが手掛けた女の子部屋
  27. Interior designers Pavel and Svetlana Alekseevaが手掛けた女の子部屋
  28. This Little Roomが手掛けた女の子部屋
  29. Empolgant Ideaが手掛けた女の子部屋
  30. STUDIO 405 - ARQUITETURA & INTERIORESが手掛けた女の子部屋
  31. Vinch Interiorが手掛けた女の子部屋
  32. Laura Mueller Arquitetura + Interioresが手掛けた女の子部屋
  33. Multiline Designが手掛けた女の子部屋

女の子部屋

女の子部屋について 

女の子部屋をどうすればいいか悩んでいませんか。子供部屋は子供が多くの時間を過ごす場所になります。住まいの空間は、そこに住む人の暮らしに大きな影響を与えることになるでしょう。そのため、女の子が多くの時間を過ごす女の子部屋は、女の子の成長や人格形成に影響を与えるかもしれません。こちらのページでは、そんな女の子部屋で考えたいことやアイデアについて、簡単に紹介したいと思います。

子供部屋は何歳頃に用意する?

まず最初に考えたいのは、いつまでに女の子に部屋を用意してあげるかです。子供が小さいうちに個別の部屋を用意してあげると、目が届かなくなってしまい、何か起きた時に気付いてあげることができないかもしれません。その一方で子供部屋をいつまでも用意しないと、自分の空間を片付ける必要はなく、いつまでたっても自立せずに親任せにしてしまうかもしれません。こうしたことを考えると、子供部屋を与える年齢は重要となるでしょう。一般的には10歳頃が子供部屋を用意する適齢期と言われています。もし女の子が10歳位になったら、ぜひ部屋を用意してあげましょう。

女の子部屋で考えたいこと

色のあるインテリア空間 

女の子は男の子に比べると、自分のスタイルなどを重視するでしょう。だからこそ女の子部屋のスタイルはしっかり考えてあげなくてはいけません。女の子の色と言うと、赤色やピンクをイメージする人が多いでしょう。ですが、こうした色はありきたりで、決まり切った枠に個性を抑え込んでしまうかもしれません。そこで考えたいのは色のある空間。赤色だけでなく黄色やオレンジなど明るい色を、カーテンやクッションなどで部屋の中に取り込んでみましょう。こうした明るい色は、部屋の色を明るい印象に変えることになり、たとえ光を取り込みにくい場所であったとしても、明るい印象を演出してくれます。

収納スペースのある空間 

女の子の方が男の子より早く大人になっていくと言われますが、より自発性などを育むためにも、整理整頓ができる空間を考えてあげましょう。たとえ、ものが少なくても部屋が片付けにくければ、部屋の整理整頓をやりにくくなってしまい、部屋の片付けを諦めてしまうかもしれません。そこで考えたいのは、収納家具や収納スペースです。本棚や収納ケースを用意してあげれば、整理整頓をしやすくなります。そして、自発的に掃除をするなど、親に頼りきりにならず、自分で率先して行動ができるようになるかもしれません。

勉強のできる空間 

子供の時期は遊ぶだけでなく学ぶことも重要です。もし女の子部屋が勉強できない空間であったとしたら、遊びに熱中してしまうかもしれません。だからこそ学びやすい場所を考えてあげる必要があるでしょう。使いやすい机、そして教科書や本を収納しやすい本棚は、特に重要です。部屋のインテリアにこだわるだけでなく、実際に使える空間になるように考えてあげてください。そうすれば、きっと勉強を無理強いしなくても、自発的に勉強したり、本を読んてくれるようになるかもしれません。

部屋に籠らないようにする 

自分の部屋があると、大きくなるにつれて部屋に籠ってしまい、部屋の中で何をしているかわからなくなってしまうかもしれません。例えば、部屋の中にテレビやゲームがあると、より部屋に籠ってしまうことになるでしょう。そこで考えなくてはいけないのは、没頭してしまいがちなテレビやゲームなどをリビングルームのような目の届くところに置くことです。こうした親の目の届くところに没頭しがちなものを置くことによって、こうしたものに費やしてしまう時間をコントロールすることができます。また同時に部屋に籠ってしまうことを防ぐこともできます。

家族との繋がり 

子供が大きくなるにつれて、親から自立することになっていきますが、それは同時に反抗することにも繋がるでしょう。そこで起きてしまいがちなのは、家族と距離を取りすぎてしまい、コミュニケーションが取れなってしまうことです。これは、女の子だけでなく男の子にも起こりうる家族の問題ですが、こうした親子間の繋がりをしっかり考えれば、親子喧嘩などを避けることができるでしょう。そこで考えたいのは部屋の位置です。子供が家に帰宅しても、家族に会うことなく部屋に向かうことができれば、子供の帰宅に気付かず、また子供が部屋に籠ることを助長してしまい、親子の繋がりは弱くなってしまいます。ですが、子供部屋がリビングルームなどを通る形にすれば、子供の帰宅に気付くことができ、顔を合わすこともできるでしょう。

homifyの無料相談を使って夢のマイホームを実現させよう! 

homifyでは無料相談を使って、マイホームを建てる建築家を募集することができます。例えば、子供部屋でも、男の子部屋や女の子部屋など細かい要望を伝えて、それに応えてくれる建築家を募集することができます。そのため自分の考えるマイホームや、家族のスタイルに合ったマイホームを実現することができます。ぜひhomifyの無料相談を活用して、夢のマイホームを実現してくれる建築家を見つけてみましょう!