物置のデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify 物置のデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

物置のデザインアイデア・インスピレーション・写真

物置


物置について

物置は屋外に建てられるものを収納するための小屋のことです。それは庭などに設置され、物の収納などに使われます。ですが、それだけに使用用途は留まりません。最近では、ものをただ収納するだけでなく、趣味などに使える小屋も販売されています。こちらのページでは、そんな物置として使用される空間について、そのスタイルや魅了について簡単に紹介したいと思います。

物置の使い方 

室内に置きにくいもの、汚れやすいものの収納場所

以前は土間などがあり、家の中に汚れやすい物も置くことができました。ですが、今では土間を見かけなくなり、屋内と屋外は明確に区切られるようになっています。そのため汚れやすいものは屋外に置くようになりました。こうしたもの全てを雨ざらしにすることはできません。このような室内に置けない、でも雨ざらしにできないものなどを収納するには、屋外に建てられる物置がピッタリでしょう。

ガーデニングに使える空間 

物置は庭などに置かれることが多いですが、庭でガーデニングをする場合には、ガーデニング用品を置いたり、ガーデニングに合わせて庭を演出することもできます。例えば、ログハウス風の物置であれば、庭に設置しても庭の雰囲気を損なわずに、ガーデニング用品を収納することができるでしょう。 

マンションでのベランダ用の保管スペース 

マンションでは庭となるスペースがなく、室内を汚すようなものを保管できないと思うかもしれません。ですが、小型のマンション用の物置を使えば、屋外に置くのではなく物置内に保管でき、室内を汚すことなく、こうしたものを保管することができます。

物置のスタイル 

機能性を重視したシンプルタイプのもの 

機能性を重視した棚を一体化した物置があります。こうしたものは安価なものが多く、気軽に購入することができます。ただし、あくまでも保管スペースとなるため、庭の雰囲気だけでなく、家とのまとまりや一体感を作りにくいでしょう。オシャレな住まいや雰囲気のある住まいを考えている人には向かないかもしれません。

マンションなどのベランダ用 

マンションのベランダと言うと、狭い空間が多いでしょう。こうした空間には最小限ののもので、直射日光や雨風を防ぐことができるものが最適でしょう。こうした小型の物置を活用すれば、マンションの空間を有効活用することができます。

趣味的な利用を考えた木製のタイプのもの 

物置の多くは機能性を重視したスチール製のものが多く作られています。ですが、それ以外にも木製の素材の温かさを感じさせる物置もあります。こうしたものは塗料の劣化を考えて再塗装などのメンテナンスが必要となりますが、庭や住まいの空間を演出することもできるでしょう。家だけでなく住まい全体の雰囲気を考える人には、こちらのタイプを選択すると良いでしょう。

物置のメリット

限られた家の空間を無駄にすることがない 

よほど大きな家でもない限り、家の中に多くの収納空間はないでしょう。こうした場合に物置は、屋外にある収納空間として使うことができます。そのため限られた室内空間を無駄にすることはありません。ただし屋外の物置に収納するものは、湿度や寒さ、そして暑さに対応するものにしてください。本、衣類、そして電化製品などは、こうした条件に耐えられないものが多いので、こうしたものは室内の収納スペースに保管するようにしてください。

保管するものによって室内を汚すことが無い 

土の付いたスコップ、油が付いた工具などは、家の中に置くことをためらってしまうでしょう。それを持ち運ぶだけで室内が汚れてしまうかもしれません。また、強烈な匂いがする塗料などは、家を汚すことはなくても、不快な匂いを家の中に持ち込むことになってしまうでしょう。物置はこうしたものを保管するスペースとしてぴったりです。

屋外で使用するものを簡単に出し入れすることができる 

例えば、車やバイク、そして自転車用の工具、こうしたものを室内で使うことはないでしょう。これらの工具を室内に保管する場合、その出し入れの煩わしさを感じかもしれません。ですが、屋外に設置された物置に保管すれば、作業中に汚れた格好で家の中に入る必要はなく、気軽に工具の出し入れを行い、作業をすることができます。

homifyを活用して理想的な住まいを実現させよう! 

homifyには無料相談ページがあり、そこで建築家や住まいの専門家をボシュすることができます。例えば、家であれば、平屋や2階建てといった住まいの希望する住まいの詳細を記入しましょう。また枯山水や、日本園、そしてイングリッシュガーデンなど希望する庭の詳細を記入しましょう。こうした情報はhomifyに登録する建築家や、住まいの専門家に送られ、これに応えられる建築家や専門家が応募してくれます。ぜひhomifyの無料相談ページを活用して、夢のマイホームを実現させてみませんか?