ガレージドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify ガレージドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

ガレージドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真

ガレージドアは、ガレージや車庫を建てる際に、ぜひ考えてほしい重要な部分です。多くの人が車を使う車社会の中で、自宅に車を駐車できるガレージや車庫を考えている人は多いでしょう。そんな空間にガレージドアがあれば、より快適に、そして安全に車を駐車させることができます。こちらのページでは、そんなガレージドアについて、その素材やスタイル、そして特徴などについて簡単に紹介したいと思います。

ガレージドアとは

ガレージドアとは、ガレージの前面部分である車の出し入れを行う部分の開閉に使用するものです。それにはオーバースライドタイプや跳ね上げ式など、様々なスタイルのガレージドアがあります。ドアという名前ですが、シャッタータイプのものも、ガレージドアとして取り扱う場合もあります。下記の項目では、そんなガレージドアに使われる素材や、そのスタイルなどを紹介します。

ガレージドアの素材

ガレージドアには様々な素材が使われています。素材ごとに特徴やメリットがあるため、こちらでは、素材ごとのメリットについて紹介したいと思います。

木製

素材に温かみがあり、自然な素材感を楽しむことができます。木造の住宅の場合には、木製のガレージドアを取り入れることで、ガレージと住まいの一体感を生み出すことができるでしょう。またガレージドアの開け閉めの際も木製であるため、うるさくありません。そのため早朝や深夜での使用が考えられる場合には特にお勧めです。ただし日常的な使用によって塗装が剥がれて劣化する可能性もあるため、数年おきに塗装するなどメンテナンスが必要です。

スチール製

他の素材に比べると安価となります。ただし腐食しやすいため、場合によっては交換や買い替えの可能性もあるでしょう。またガレージドアの開け閉めの際に、大きな騒音を出してしまう可能性もあります。そのため早朝や深夜の使用が多い場合には、あまりお勧めすることはできません。

アルミ製

アルミ製のものは腐食に強いのが特徴です。そのため長く使っていくことができます。ただし価格は安くないためコストを抑えたい人には不向きかもしれません。

ガレージドアのスタイル

ガレージドアには様々なスタイルのものがあります。それぞれの特徴は異なるため、その特徴を考えて自分のスタイルに合ったガレージドアを見つけてみましょう。

オーバースライドタイプ

こちらのタイプのものはシャッターのものと構造が似ています。シャッターは扉を巻き上げていきます。そのためシッターは天井部分で巻かれる形となります。オーバースライドタイプは扉が引き上げられますが、天井部分で巻かれることはありません。天井にに沿って平行した形で収納されます。一般的には、シャッターはこの巻き上げの際の音が問題となります。オーバースライドタイプのものは、扉を巻くわけでないため、騒音を抑えることができます。

跳ね上げ式タイプ

こちらのタイプは扉を天井へと跳ね上げて、天井に収納する形になります。開閉が早く、ドアにもある程度、強度を持たせることができます。ただし開閉の際にスペースが必要となります。そのため狭いガレージには不向きでしょう。

シャッタータイプ

シャッタータイプのものは跳ね上げ式と違って、開閉の際にスペースを必要としません。そのため小さなガレージでも取り付けることができます。また価格も比較的安価となります。ただしスチール製のものは開閉の際に大きな音が出る可能性があります。

ガレージドアのメリット

愛車を盗難やいたずらから守ることができる

ガレージは屋根や壁のある車庫ですが、それにガレージドアを取り付けると、車を外部に見せない形となります。そして簡単にガレージ内に侵入することができなくなります。そのため、高級車などの盗難のおそれのある車を盗難から守ることができるでしょう。また、いたずらなどで車を傷つけられることを防ぐこともできます。

愛車を直射日光や風雨から守ることができる

直射日光は車内の温度を上げて、車の中にあるものを傷めてしまいます。また風雨は車のワックスを流し落としたり、何か物を飛ばして、車を傷つけることもあるでしょう。ガレージドアがあれば、直射日光や風雨を防ぐことができるため、車をしっかりと守ることができるでしょう。

homifyの無料相談ページを使って建築家を募集しよう!

homifyには無料相談ページがあり、建築家や家に関する設備を取り付ける業者を募集することができます。例えば、家を建てることを考えているのなら、木造や鉄筋コンクリート造りなどの構造を、また平屋や2階建てなどの階数など考えている家の詳細を記入しましょう。そして駐車スペースであれば、ガレージカーポートか、考えているタイプを記入してください。こうした希望はhomifyに登録している建築家や業者に伝えられ、それに応えられる建築家や業者が応募してくれるでしょう。homifyの無料相談ページを使って、夢のマイホームを実現してみませんか?