切妻屋根のデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify 切妻屋根のデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

切妻屋根のデザインアイデア・インスピレーション・写真

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

切妻屋根

切妻屋根や寄棟屋根など、屋根の形状には様々な種類があり、その違いは住まいの外観だけでなく、室内空間の形や快適性にも大きく影響するため、屋根選びは住まいづくりの中でも非常に重要となります。今回は屋根の中でも最も見慣れた形である切妻屋根について詳しく紹介していきます。どのような雰囲気の外観にしたいかはもちろんのこと、室内空間での生活の仕方もイメージしながら屋根選びをしていきましょう!

安心の屋根形状 

切妻屋根は2つの面が折れ曲げられて建物を覆うようになる屋根形状で、三角屋根の最もポピュラーな形の屋根です。勾配のある屋根の中では、片流れ屋根に次いでシンプルな形となります。このシンプルな屋根の形は施工面でも比較的雨漏りの可能性を抑えられることにつながりますし、よく見慣れた屋根であることは、それだけでも安心感をもたらしてくれるため、温かな我が家の雰囲気を生み出してくれるでしょう。

切妻屋根のメリット – 経済的な費用面 

切妻屋根のメリットとしてまず挙げられるのは、経済的な費用面です。切妻屋根のシンプルな形は、寄棟屋根などの屋根の形と比べると、施工がしやすく、雨樋や棟の長さも短くなるなど、人件費と材料費の面でコストが抑えられることにつながります。また、屋根にかかる費用は家を建てる時だけではありません。外壁などと同様に、屋根の葺き替えといった将来的なコストもかかります。切妻屋根は初期費用だけでなく、そうしたランニングコストの面でも経済的な屋根形状です。

切妻屋根のメリット – 風通しの良い住まいに 

暖かい空気は上昇するという性質がありますが、風通しの良い住まいにするにはこうした空気の性質を利用して効果的に家の中に空気の流れを生み出すことが重要なポイントとなります。切妻屋根では勾配のある屋根形状からこうした空気の流れを生み出しやすく、屋根にある棟を利用した棟換気や、軒がない側の妻壁の高い位置に窓や換気口を設けることにより、家の中の暖かい空気が自然と外へと流れていくような風通しの良い住まいにすることができます。

雪が多い地域にも適した屋根形状 

屋根の上に雪が積もり過ぎてしまうと、雪の荷重に屋根が耐えられないことがでてきます。そのため、特に豪雪地帯のような降雪の多い地域では、屋根の雪対策もポイントとなります。切妻屋根はそうした雪の多い地域にも適した屋根形状の1つです。屋根の勾配を大きくすることで雪が屋根から自然と滑り落ちるようになり、雪下ろしの必要・危険性もなくなります。当然、屋根から雪が落下する ことを念頭に、隣家との距離や出入り口・駐車スペースなどの配置も考慮していきましょう。

和風や洋風など様々なスタイルに 

切妻屋根は日本で昔から見られる屋根の形の1つであり、和瓦葺きなどで和風スタイルにしやすい屋根の種類であるとともに、この屋根形状は西洋でも伝統的に見られることから、洋瓦で仕上げれば洋風の住まいの外観にもすることができます。また、近年人気の高い屋根材となっているガルバリウム鋼板を用いれば、モダンスタイルのすっきりとした印象の住まいにもできるでしょう。好みの住まいの雰囲気とするためにも、屋根形状に加えて屋根材にも注目してみて下さい。

ソーラーパネルの設置について 

屋根にソーラーパネルの設置を考えている方も多いと思います。切妻屋根においては、屋根面が南北に向いている場合、南側の屋根に多くのパネルを設置することができます。さらに、棟の位置を北側にずらして南側の屋根面を大きくすることでより広い面にソーラーパネルを設置できるようにもできます。屋根面が東西に向いている場合には両面にパネルを設置できますが、発電効率はパネルが南側に向いているよりも低下してしまうことを念頭に置いておきましょう。

小屋裏スペースの有効利用 

切妻屋根の住まいでは屋根の裏側にいわゆる「屋根裏」ができます。こうした小屋裏スペースはロフトや収納として利用することが可能です。あるいは、天井を張らずに屋根面を室内に露わにすることで、天井の高い明るく開放的な生活空間とすることもできます。このように、外側からの屋根だけではなく、内側からも屋根について考えてみて下さい。

homifyの無料相談ページで建築家を募集しよう! 

homifyの無料相談ページでは、あなたの家を実現してくれる建築家を募集することができます。平屋根や切妻屋根などの屋根の種類、平屋や2階建てなどの家の階数、木造や鉄筋コンクリート造りなどの家の構造、そして予算などを無料相談ページに記入してみましょう。こうした家についての情報が建築家に伝えられ、それに応えられる建築家が応募してくれます。ぜひhomifyを活用して夢のマイホームを実現してみませんか。