アプローチのデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 全国都市緑化はちおうじフェア 金賞受賞作品: 株式会社 髙橋造園土木  Takahashi Landscape Construction.Co.,Ltdが手掛けたアプローチです。
  2. 数奇屋門: 一級建築士事務所 匠拓が手掛けたアプローチです。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けたアプローチです。
  5. 自然の中に建物を建てた様な庭: 株式会社高野設計工房が手掛けたアプローチです。
  6. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けたアプローチです。
  7. DOUBLE HOUSE: 株式会社CAPDが手掛けたアプローチです。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 伊賀上野の家  事務所庭: 株式会社 森本建築事務所が手掛けたアプローチです。
  10. L字の家: toki Architect design officeが手掛けたアプローチです。
    Ad
  11. 空に近いもう一つの庭 建物も自然に溶け込ませた環境と共存する住まい: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたアプローチです。
  12. テラス(夜景): ㈲滝下秀之建築アトリエが手掛けたアプローチです。
  13. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  14. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  15. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  16. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  17. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  18. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  19. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  20. 戸建住宅用・宅配ボックス「Brizebox - ブライズボックス」: ボウクス株式会社が手掛けたアプローチです。
  21. バーベキューテラス: ㈲滝下秀之建築アトリエが手掛けたアプローチです。
  22. はなれ Hanare (Guest House): arbolが手掛けたアプローチです。
  23. 中京の家: 藤井匠建築事務所が手掛けたアプローチです。
  24. 中京の家: 藤井匠建築事務所が手掛けたアプローチです。
  25. 半屋外のフリースペース: ツジデザイン一級建築士事務所が手掛けたアプローチです。
  26. シニア世代の建て替え:終の住処(和風): (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたアプローチです。
  27. シニア世代の建て替え:終の住処(和風): (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたアプローチです。
  28. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。
  29. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。
  30. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。
  31. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。
  32. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。
  33. 杵築の家: 柳瀬真澄建築設計工房 Masumi Yanase Architect Officeが手掛けたアプローチです。

アプローチ

アプローチという言葉を聞いたことがあるでしょうか。それは建築以外などでも使われる言葉で、英語で「接近する」や「近づく」を意味しています。建築では道路などから家へと伸びる通路のことを指しています。こうしたアプローチは、家を建てる際にぜひ考えておきたい場所です。それは家へ至る空間を有効活用して、素晴らしい家として印象付けたり、実用的に活用することができます。だからこそ、このような空間をしっかりと考えれば、素晴らしい住まいを手に入れることができるでしょう。こちらのページでは、そんなアプローチについて簡単な紹介をしたいと思います。

アプローチのスタイル

アプローチは道路と家を繋ぐ通路のことを指しますが、それを考える場合には、通路だけとして考える場合と、庭と組み合わせたものを挙げることができます。下記の項目ではその二つの特徴について簡単に紹介します。

庭と分離した通路して考えるもの

例えば、敷地が狭く庭を造ることができない場合があるでしょう。そうなるとアプローチは通路となります。ただし庭が無いため道路から玄関が丸見えとなってしまい、場合によっては玄関から家の中が覗かれてしまう恐れもあるでしょう。このような場合には、通路側に塀を建てて、建物と塀の間に外部から見られることのないプライバシーを守るアプローチも作ることができます。

庭を取り込むもの 

広い敷地のため庭を造れる場合には、庭を取り込むアプローチを造ることができます。この場合には庭の一部と考える良いかもしれません。例えば、飛石と呼ばれる歩く時に踏む石を並べたものは、日本庭園と一体化した素晴らしいアプローチとなるでしょう。また洋風の庭であれば、レンガなどを敷き詰めると素晴らしい通路となるでしょう。こうした石やレンガを使ったものは、庭との組み合わせとしてだけでなく、雨などぬかるんだ状態でも靴が汚れないため、とても便利です。

演出を考えたアプローチと実用性を考えたアプローチ 

アプローチで考える場合には、実用性を考えたもの、そして演出を考えたものと、二つタイプに分けることができるでしょう。下記の項目ではその二つの紹介をしたいと思います。

演出を考えたアプローチ 

ナチュラルスタイル 

上でも紹介したように、演出を考えた場合には、庭との組み合わせを考えると良いでしょう。洋風のガーデンであれ、和風の日本庭園であれ、共に自然を意識したものとなります。そこにアプローチを組み込めば、自然を身近に感じられる空間となり、ただ通るだけでナチュラルな印象を感じることができるでしょう。 

モダンスタイル

ナチュラルな雰囲気だけでなく、モダンな雰囲気もアプローチで演出することができます。例えば、コンクリートなどの素材でミニマルな通路を造れば、モダンな雰囲気を演出することができます。もしモダンな家を建てる場合には、アプローチもモダンなものにまとめると、住まいの空間の一体感が生まれるでしょう。

実用性を考えたアプローチ

車いすの使用を考えたアプローチ 

アプローチは住まいと道路を繋ぐ通路となります。そこはただ住まいの空間を演出するだけとは限りません。そこには実用性を与えることも可能です。もし足の不自由な家族、または車いすを使う家族がいる場合には、簡単に家に出入りできることが重要でしょう。そのため段差のない、そして車いすが使えるスロープなどで、誰もが気持ち良く使える空間を考えてみましょう。

プライバシーを守るアプローチ 

上でも書いたようにアプローチはプライバシーを守る機能を持たせることができます。目隠し用の壁を兼ねた通路は、玄関を道路から覆い隠し、同時に通路としても使うことができます。こうした機能を持たせることで、日々の暮らしをより良いものにすることができるでしょう。

homifyを活用して夢のマイホームを実現させよう! 

homifyの無料相談ページでは、建築家や住まいの専門家を募集することができます。例えば、家の階数なら、平屋建てや二階建ての情報を、そして屋根であれば、切妻屋根や片流れ屋根といった屋根のスタイルを、そしてであれば、日本庭園やロックガーデンなど庭のスタイルを記入しましょう。こうした情報は、homifyに登録されている建築家や専門家へと送られて、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyの無料相談ページを使って夢のマイホームを実現させてみませんか?