ウォークインクローゼットのデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  2. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?

完璧なウォークインクローゼットを作るには?

近年、たまにしか活躍することのないゲストルームを、特別なクローゼットへと改装する人々が増えています。近頃のクローゼットは、少し広さに余裕があり、自分のアウトフィットを確認したり、デザイナーズドレスや靴を陳列できるような機能を持った、ブドワール(私的空間)やウォークインクローゼットといった要素を兼ね備えています。さらに求めるならば、私的な時間を満喫することのできるプライベート空間、もしくは、友人たちとティータイムを満喫できるカフェ空間であったりと、日々の喧騒から逃避できるあなただけの小さな隠れ家にしても良いでしょう。

どこでウォークインクローゼットのアイデアやインスピレーションを見つけることができますか?

homifyは、クローゼットを計画する人のために、非常に貴重で便利な機能を備え、すべてのニーズに合うように作られています。55,000以上の様々なインテリアデザインの専門家へのアクセスを可能にすると共に、時代を超越したクラシックなデザインから最新で最先端のアクセサリーに至るまで、クローゼットにまつわる様々なアイデアを包括しているオンラインポータルです。登録メンバーは、画像やメモのオンラインスクラップブックを無料で自由に使うことができます。

クローゼットでできること。

視覚感覚やイマジネーションを刺激するような環境は、何を着ていくかを決める時にとても効果的に役立ちます。ピンク色やラベンダー色を多用したガーリーな小部屋であったり、マリー・アントワネットの金色のブドワール風であったりなど、ホームオーナーが、自分自身を自由に素敵に着飾れるのであればどの様でもかまわないのです。けれども、クローゼットの主な目的は保管であり、内装ではありません。保管のためのスペースを確保することが最も大事なことです。ですから、設計を始める際の出発点として、キャビネットや棚の計画から始めましょう。家具がドア付きであれば、ドアを開いた時に服やアクセサリーのコレクションが全体的に見渡せるようなデザインが便利です。このストラクチャーは、整理整頓の快適さに加え、まるで劇場のような楽しさの両方をもたらせてくれます。

ウォークインクローゼットの壁は何色を選ぶべき?

クローゼットに合う壁の色として、2つの基本色が考えられます。1つ目はオフホワイト、または様々な天然木の色合いなどの優しいニュートラルな配色です。控えめな背景色は、服や靴の色と衝突しないので、アウトフィットと決める時に邪魔になりません。2つ目は、豪華なストライプの壁紙といったバロック調や、ヴィンテージ感溢れるブドワール風など、パターンや色を大胆に使用する方法です。それらは、あなただけの世界に浸れる、独特で微妙なニュアンスを作ってくれるでしょう。あなたにとって、クローゼットが、ただ単に衣装部屋という目的のためなのか、あるいはプライベートなリラックス空間や社交の場としての目的があるのか、どちらを選択するにはあなた次第です。

ウォークインクローゼット用のフローリングの種類とは?

クローゼットの中を素足で歩くことを考えると、柔らかい素材のカーペット材は最適です。淡いパステルカラーや優しい中間色のカーペットは部屋全体に光を反射するので、明るくフレッシュな雰囲気作りに役立ちます。リッチな雰囲気を作るにはしっかりとした木材のフローリングもおすすめです。姿見の前や要所要所におしゃれな薄めのラグを敷くなど、さりげないアレンジもグッと雰囲気も盛り上げることでしょう。

私に合ったウォークインクローゼットのデザインとは?

言うまでもなく、人ぞれぞれに合ったデザインがあります。例えば、カップルにとっては、あまりにもあからさまにフェミニンなデザインはおそらく避け、両方が快適に感じることのできるスタイルを探す必要があるでしょう。人それぞれ、状況や優先順位に応じて適うデザインは異なります。ファッションが好きな人で沢山のブランド品を持っている人は、部屋のデコレーションにこだわるというよりは、その大切なコレクションを収納できる大きなストレージ空間の確保が最優先でしょう。靴好きで強い思い入れを持っている人の場合、ハイヒールやニーハイブーツ用の異なるサイズが揃った特注の棚を発注しても良いでしょう。また、社交的で外出が大好きな人には、ネオンの色合いやジャジーな壁紙を使ったクラブ風にアレンジしても良いかもしれません。

ウォークインクローゼットの内装の具体的なヒントはありますか?

内装のためのアイディアは沢山あります。例えば、棚のバックライティング、ハンドバッグや靴専用の収納棚など、ディテールへのこだわりは、クローゼット使用時の気分の高揚感をさらに高めてくれることでしょう。さらに、衣装用テーブル、姿見などを置くことを考えておきましょう。また、様々なシーンで活躍してくれるコンパクトなサイズのイスは、靴を試着する際にも大活躍してくれます。部屋があれば、友人がリラックスしながらワインを楽しむことができるシーンを想定して、小さなソファやデイベッドを置くこともお勧めします。部屋が大きければ、小さな社交場といえるような場所を設けてるのはいかがでしょうか。ドリンクのトレイをレイアウトしてみたり、購入したばかりのハンドバッグや靴、アクセサリーなどをディスプレイするための便利な場所にすることも、一つのアイディアです。

ウォークインクローゼット用の装飾品は何がありますか?

装飾品は、クローゼットに想像的な雰囲気や楽しさを作り出してくれます。本物のアンティークと新品の製品を自由に組み合わせると、どこにも存在しない独特で唯一のスタイルを作ることができます。例えば、ビクトリア調の大型のフットストゥールは、座ったりコーヒーテーブルとして利用できるので万能ですし、ヴィンテージのシャンデリアは柔らかく心地よい灯りを提供してくれます。他にも簡単な方法として、お気に入りの帽子をディスプレイするためのコートスタンド、天井まである棚の上部まで届くような、まるで図書館にあるような梯子、もしくは旅行用のスーツケースを敢えて見せるなど、クローゼットを彩るアクセサリーはアイディア次第で多岐に渡ります。また、摩耗から衣類を保護するパッド入りハンガーなど、実用的なアクセサリーを見過ごすべきではありません。

ウォークインクローゼットが小さい場合はどうなりますか?

たとえクローゼットに小さな面積しかさけなかったとしても、そこを創造的な空間にする方法はあります。一つの方法として、模様のある壁紙、箔押し加工がされた家具、魅力的なプリント生地や高級なカーペットなど贅沢で品の良い装飾を選び上手に使用すれば、部屋の狭さを感じさせないばかりか、宝石箱のようなクオリティーを持たせることができます。現実的には、天井まで届く高い棚や座席面下のスペースなど、ニッチな空間を利用することが大切です。あらゆるスペースを活用し、オフシーズンの衣類の保管などに役立てましょう。ちなみに、衣類はアシッドフリーペーパーで包んだり、通気性の収納ボックスやバッグを使って保管することができます。

ウォークインクローゼット用のデザイン&内装のスタイルガイドはありますか?

Homifyは、ホームインテリア専門の豊かな経験を持った幾多の専門家と、どなたでも迅速かつ簡単にアクセスができる環境と、すばらしく高解像度のイメージギャラリーを提供しています。

カントリースタイル

フレッシュさ、心地よさ、そして明るさがカントリースタイルのクローゼットの必須条件です。壁はクリーム色や薄い灰色、または淡い緑などの中間色が好まれます。カーペットや木製のフローリングの色はベージュ、キャメルのような色がよく使われています。白塗りの家具やアーチ型のワードローブなどといったフランス・アンティーク調のスタイルは、変に神経質すぎたり表面的すぎることもなく、カントリースタイルに調和し、とても魅力的な空間にすることができます。特に、男女共有のクローゼットとして適しており、キャビネットや棚に高級感を醸し出し、ラグジュアリー感をさらにスケールアップします。

ミニマルスタイル

ミニマルスタイルのクローゼットの基本は、シンプルで機能的であるということです。最大限に確保された収納スペースや、全体のワードローブを一目で見渡せるようなデザインがその代表的な例です。簡潔でシャープなライン、白、黒、もしくはグレーを基調とした色合いは、モダンな家具や装飾、機材に合いやすく、且つ比較的安価に押さえることのできるという長所もあります。ミニマルスタイルは基本的に同じ特徴を持ったラインで統一されるべきですが、よりハイレベルにしたいならば、例えば、ダークカラーな壁に白い棚を配置したり、ツヤツヤした壁材に対してマットな床材を選ぶなど、互いに対照的な色や素材を大胆に組み合せる手法も良く用いられています。

クラシックスタイル

クラシカルなスタイルのクローゼットは、ハイエンドの高級ホテルのような、スマートで国際感覚を持った雰囲気が基本です。このスタイルは男性と女性のどちらにも適し、多くの場合はダークウッド調のキャビネットや棚、灰色やパウダーブルー、またはダークブラウンの色合いの室内装飾、流行に左右されない高級感のある壁面などといった様式が用いられています。それは汎用性が高く市場も広いので、様々な選択肢もある上に好む人も多いため、将来的に転売を考えてリノベーションを行う人には魅力的なスタイルだといえるでしょう。




他にもhomifyではこちらのサービスをご利用いただけます:
住まいの専門家「無料相談」  |  住まいの専門家リスト  |  インテリア商品一覧