ドアのデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  2. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?

ドア

ドアの種類と素材には何がある? 

ドアは、建物の室内と屋外などの出入り口となってくれると同時に、可動する仕切り壁とも言えます。そのため、その開き方や素材は室内の快適性や過ごし方に直接影響する重要な部分となります。今回は、そうしたドアの種類や素材について詳しく見ていきましょう。そのタイプによって室内をより広々と開放的にすることもできれば、視線や騒音も遮断するような外部から切り離された静寂な室内にもすることができることから、それぞれの目的に合わせた扉選びをしてみて下さい。

ドアに求められる性能

ドアのタイプを選ぶ際は、その性能も重要なポイントとなります。そうした性能はドアが設置される場所や目的によって求められるものが変わります。玄関ドアのような外壁に設置されるものであれば、断熱性や気密性、耐候性などが重要な性能となりますし、室内ドアであれば、開け閉めの仕方や掃除のしやすさといったことがより求められる場合が多くなります。また、室内でもリビングと浴室の扉でも求められるものは異なりますので、実際の使い方を想像しながら、設置場所に必要な性能を1つ1つ考えていきましょう。 

引き戸

「片引き戸」や「引き違い戸」といったように、ドアの種類の中でも様々なタイプがあるのが「引き戸」です。扉を壁に平行に動かすことで開け閉めするタイプであることから、車椅子の方でも開けやすい戸であること、また入ってくる風量も調節しやすい戸であることがメリットとして挙げられます。また、戸を2枚3枚と複数枚で組み合わせることで、幅の広い開口部にも当てはめることができるドアのタイプでもあります。

引き込み戸 

引き戸の中でも取り上げたいのが「引き込み戸」という扉のタイプです。この種類は、戸を引いた時に壁の中に戸が納まるという引き戸となることから、開けたときに扉周りがすっきりとなり、開けているとドアが取り付けられていることに気付かないほど扉の存在感を消すことができます。ただし、戸袋と言われる戸が納まる袋状になっている壁の部分には埃などのごみが溜まりやすくなってしまいますので、戸を上から吊るす上吊式の引き込み戸にするなどして、床にレールのない掃除のしやすいタイプを選んでみてもいいかもしれません。

開き戸

引き戸と対照的なドアの種類となるのが、扉が蝶番などによって回転しながら開け閉めされる「開き戸」となります。この種類の特徴は、引き戸に比べて気密性や遮音性が高いことが挙げられます。そうしたことから、玄関ドアはもちろんのこと、音が漏れない防音室やシアタールーム、さらにはトイレのドアとして大きな効果を発揮してくれます。注意しておきたいポイントは、開き戸を開けたときに扉が邪魔にならないプランニングやドアの配置、さらには開けた扉が照明のスイッチやコンセントなどを隠したり、それに当たることのないような取り付け場所です。実際に生活を想像しながら使いやすい扉としていきましょう。

折れ戸 

ドアの種類として最後に紹介したいのは、つなげられている複数枚の扉が折り畳められることによって開けられる「折れ戸」です。このタイプの扉の魅力は、扉が折り畳められることで幅の広い開口に取り入れやすいこと、さらにはそうした幅の広い開口を何枚もの扉で閉じていても開けた時にはサイドにすっきりと折り畳めるため、広い窓でもほぼ開口部いっぱいに開け放つことができることが挙げられます。そうしたことから、テラスのような室内と屋外をつなぐ外壁のドアとして取り入れることで、非常に開放的な空間をつくり出してくれるでしょう。 

素材 

玄関ドアを中心とした屋外のものの素材としては、ステンレスやアルミといった耐久性・耐候性に優れた金属製のものがよく取り入られます。その他にも、断熱性や木の素材感が味わえる木製ドアや、明るい玄関としてくれるガラス製のものもあります。室内ドアの素材としては、無垢材や、合板などを下地として塗装や樹脂シートで仕上げる方法もあります。もちろん、ガラスを使って明るいインテリアにすることもできますので、全体のインテリアとの兼ね合いも考えながらドアの素材も選んでいきましょう。

homifyを使って夢のマイホームを実現しよう! 

homifyには建築家や専門家を募集できる無料相談ページがあります。そこに、平屋や2階建てといった階数、そして切妻屋根や片流れ屋根といった屋根のスタイル、またガラスドア木製ドアといったドアのスタイルなど、希望している住まいの詳細な情報を記入してください。こうした情報はhomifyに登録している建築家や専門家へと届けられます。それに応えられる建築家や専門家が、こうした募集に応募してくれるでしょう。homifyの無料相談ページを活用して、夢のマイホームを実現させてみませんか?