別荘のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 053 i-house in 軽井沢: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた別荘です。
  2. ICON: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた別荘です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. 外観(夕景): ARCHIXXX眞野サトル建築デザイン室が手掛けた別荘です。
  5. ​エクステリアダイニング: TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  6. ​建物外観(南東からの夜景): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  7. ​建物外観(南からの夜景): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. ​建物外観(西から): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  10. ​建物外観(南西からの夜景): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  11. ​建物外観(東から): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  12. ​建物外観(南東から): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  13. ​建物外観(南西から): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  14. ​建物外観(南西から): TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けた別荘です。
  15. TSUBASA: ヒココニシアーキテクチュア株式会社が手掛けた別荘です。
  16. 佐倉の週末住宅: 前田篤伸建築都市設計事務所が手掛けた別荘です。
  17. 外観: 大出設計工房 OHDE ARCHITECT STUDIOが手掛けた別荘です。
  18. 053 i-house in 軽井沢: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた別荘です。
  19. 053 i-house in 軽井沢: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた別荘です。
  20. 053 i-house in 軽井沢: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた別荘です。
  21. 053 i-house in 軽井沢: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた別荘です。
  22. 欧州のアンティーク家具・建材を揃えた別荘:週末邸宅: 中浦建築事務所が手掛けた別荘です。
  23. 欧州のアンティーク家具・建材を揃えた別荘:週末邸宅: 中浦建築事務所が手掛けた別荘です。
  24. 外観(夕景): ARCHIXXX眞野サトル建築デザイン室が手掛けた別荘です。
  25. HILL HOUSE: モノスタ’70が手掛けた別荘です。
  26. HILL HOUSE: モノスタ’70が手掛けた別荘です。
  27. HILL HOUSE: モノスタ’70が手掛けた別荘です。
  28. はなれ Hanare (Guest House): arbolが手掛けた別荘です。
  29. はなれ Hanare (Guest House): arbolが手掛けた別荘です。
  30. はなれ Hanare (Guest House): arbolが手掛けた別荘です。
  31. 建物全景: アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けた別荘です。
  32. TAH | 三浦の家: 森孝行建築設計事務所が手掛けた別荘です。
  33. TAH | 三浦の家: 森孝行建築設計事務所が手掛けた別荘です。

別荘

別荘について

別荘は多くの人にとって憧れの建物かもしれません。夏休みや冬休みにそこに行くことは、特別なステータスのように感じる人も多いでしょう。そもそも別荘は、自宅があるだけでなく、長期休暇の際に使用するセカンドハウスのような形となります。そのため家を2軒持つことになるため、お金が必要となります。ですが、自宅やホテルで過ごすことでは得られない素晴らしさもあります。こちらでは、そんな別荘の魅力や特徴など幾つかの情報を取り上げたいと思います。

別荘のメリット

自然の身近さ

別荘を建てる際に考えるのは自然の身近さもしれません。普段の暮らしでは通勤や通学を考える必要があり、多くの人が都市に家を建てることになるでしょう。ですが、週末や長期休暇の際に過ごす場所であれば、都市に建てる必要はありません。むしろ、土地代が安くなる郊外に建てることを考えるでしょう。こうした別荘では、山や川や森、そして海が近くにあるなど、自然に囲まれた環境を満喫することができます。

非日常体験

別荘は暮らすための場所ではありません。避暑や休養とといった形で、普段とは異なる時間を過ごす場所になります。そのため夏の暑さから逃れたり、都会の喧騒を忘れたり、日々のストレスから解放される場所になるでしょう。こうした日常から離れた非日常的な時間を可能にするのが、大きなメリットと言えます。

別荘のデメリット

メンテナンスの難しさ

週末や長期休暇の際だけに使用するとなると、建物の管理をすることは簡単ではありません。例えば、毎日に暮らす場所であれば、雨漏れや結露などに直ぐに対応できます。ですが、1週間以上家を空けることが多いと、小さな問題であっても、状態が悪化して建物が傷み、長く使えなくなってしまいます。

防湿の問題

そこで暮らすわけでないため、建物を空ける日が多くなってしまいます。そうした場合に気になるのは防犯です。泥棒がものを盗むだけでなく、建物へのいたずらなども考えられるでしょう。こうした問題に対策を取らないと、せっかく別荘に遊びに来ても、必要となる生活用品が無かったり、建物の補修をしなくてはいけなかったりと、楽しい時間を過ごせなくなっていしまいます。

別荘を建てる上で考えておきたいこと

立地

建物を建てる立地によって、建設費用が大きく異なってきます。自然が身近だからといって、水道や電気の無い場所に建物を建てると、それに必要な工事費が必要となります。建設工事以外に余分な費用がかかるような土地であるかどうか、しっかりと見極めましょう。

防寒や防雪対策

気候が涼しい土地に建物を建てる場合、冬の気候も考えなくてはいけません。冬には寒さのために心地良く過ごせない可能性もあります。また雪深い土地の場合であれば、防雪を考えなくてはいけません。雪のために建物が傷む可能性もあり、また豪雪のために冬に過ごせない場所になってしまうことも考えられます。

メンテナンス

普段暮らす場所でない場合、建物のメンテナンスは、長く使っていく上でとても重要となります。メンテナンスや管理を請け負うような業者に依頼することもできますが、もちろんその費用がかかります。また木造の場合は、湿度などで傷みやすいため、長く使うことを考えて鉄骨コンクリート造りにすれば、木造のものよりメンテナンスがしやすくなるでしょう。

別荘の建設価格

別荘の費用は一概に言うことができません。建物の立地や、使用する素材、そして規模によって価格は大きく異なってきます。もちろん、ローコスト住宅のように抑えたものもあり、一方で、長く使用できるように素材や構造に拘ったものもあります。そのためまずは建築家に考えているイメージを伝えて、価格を相談してみましょう。

別荘にお勧めの建物のスタイル

ログハウス

ログハウスは、丸太から構成される建物です。木材は湿度の調整が他の素材に比べると優れているため、結露を弱めることができます。また他の素材に比べると熱を伝えにくいため、外気によって建物内の暖かさを奪われにくくなっています。

平屋

都会では平屋を建てるのは簡単ではありません。それは広い土地が必要となってしまいます。ですが別荘を建てるような土地であれば、土地の費用は都会の住宅地に比べると安くなります。また平屋は居住空間から気軽に屋外に出られるため、外に広がる自然をより身近に感じることができるでしょう。

土地に伝わる伝統的な建物のスタイル

土地に伝わる伝統的なスタイルの建物を建てれば、より長く使っていくことができるかもしれません。土地に伝わる建物のスタイルは、風土に即しており、そこで暮らしていく知恵が形となっています。そうしたスタイルを建物に取り入れてみてはどうでしょうか。

homifyの無料相談を利用して別荘を建てよう!

別荘の建設を考えているのなら、homifyの無料相談を活用してみましょう。無料相談のページでは、建築予算、そしてスタイル、例えば、現代の暮らしに合ったモダンなスタイル、もしくは伝統的な日本家屋など、希望する建物の情報を記入して、建築家を募集することができます。こうした募集に対してhomifyに登録している建築家が応募してくれます。このように自分が探している建築家を簡単に見つけることができます!