廊下・玄関のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  2. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  3. 山里のいえ: toki Architect design officeが手掛けた廊下 & 玄関です。
    プレミアム

廊下と玄関を上手にデザインしていくには?

廊下や玄関は、日々家族のみんなが出入りし通っていく家の中で機能面だけでなく、家族のコミュニケーション面でも重要な部分であると同時に、防犯性や住まいの顔にもなるデザイン性にも注目して計画を進めていきたい部分でもあります。このように、そうした場所は様々な角度から家族にぴったりのかたちにしていくことが求められるでしょう。今回は、廊下や玄関をデザインしていく上で是非考えておきたいポイントを色々な側面から見ていきましょう。

防犯性・プライバシー性を考慮した玄関

玄関において、その防犯性やプライバシー性をしっかりと確保したい方も多いと思います。玄関のプライバシー性を高くしようとして、外から見えないような場所や形にしてしまうと、泥棒が身を隠しやすい玄関となってしまい、逆に防犯性が失われ、狙われやすい住まいとなってしまいます。そうしたことから、この2つの性能を同時に高める玄関の配置やその周囲のデザインを考えてみて下さい。例えば、玄関のドアの開く向きを前面道路と平行にしたり、玄関前に格子状の柵を立てるなどすることで防犯性とプライバシー性の両方をバランス良く保つことができるでしょう。

玄関扉の素材や開き方

玄関をデザインしていく上で玄関扉の素材や開き方は、玄関の使いやすさや外観デザインに大きく影響してきます。素材としては、金属製や木製などが一般的ですが、ガラス製の扉を設けている住まいも見かけられます。ガラスの扉にすることにより、暗くなりがちな玄関を一気に明るくすることが可能となります。玄関扉の素材は外観デザインとの兼ね合いもあるので、外装材と合わせて考えていくことも必要になるでしょう。また、玄関扉の開き方は、気密性がしっかりとした開き扉と、開け閉めのしやすさが魅力の引き戸がありますので、それぞれの特徴をよく考えて選んでみて下さい。

廊下・玄関の広さ

廊下や玄関は、リビングや個室のようにそこでくつろぐ場所ではなく、あくまで各部屋をつなぐ通路や家の入口であるため、そうした空間にあまり床面積を費やさず、他の部屋を広くしたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。当然、小さすぎては使いにくく窮屈な空間となってしまうため、使い方や他の部屋との兼ね合いも念頭に適当な広さを設定することが求められるでしょう。あるいは、廊下であれば、四方を壁で囲まず、リビングなどと空間を共有したり、玄関であれば、土間部分を拡張して、そのままテラスとつながるかたちにするなど、他の場所や用途と上手く共有することで、より広々とした開放的な廊下や玄関とすることも可能となります。

廊下・玄関の収納

下駄箱をはじめとして、廊下や玄関に豊富な収納スペースを希望する方も多いのではないでしょうか。玄関の側に設置される収納スペースのことをエントリークローゼットと言いますが、玄関に豊富な収納力が欲しい方にはおすすめの収納です。エントリークローゼットはただ広いだけでなく、靴を履いたままエントリークローゼットに入っていけるようにすることで、自転車やガーデニング用品といった外の物も汚れを気にせず収納することができる場所となってくれます。エントリークローゼットを設けながら、廊下や玄関にちょっとした収納棚を取り付ければ、余裕のある見せる収納で家の入口をおしゃれに演出することもできるでしょう。

玄関の段差

玄関を入ると必ず段差がありますが、近年ではバリアフリーを考慮して玄関の段差が非常に低くなっていたり、全く段差がない住まいも見かけられます。段差は絶対になければならないというわけではないので、家族のライフスタイルに合った高さにすることが一番です。段差をなくすと逆に靴の脱いだり履いたりするのが大変という方は、段差を残したまま玄関にベンチなど座れる場所を設けて、ゆったりと使いやすい玄関にしてみてもいいかもしれません。それぞれのライフスタイルや使い方を考えて建築家に相談をして、玄関の段差についても是非こだわってみて下さい。