バンガローのデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify バンガローのデザインアイデア・インスピレーション・写真
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

バンガローのデザインアイデア・インスピレーション・写真

バンガロー

日本と海外のバンガローの意味の違い 

バンガローと言うと、日本では多くの人がキャンプ場などにある山小屋風の宿泊施設を思い浮かべるかもしれません。ですが、実際には日本で言われてるバンガローは、海外では山小屋風の家のスタイルとして考えられています。そのため、日本と海外で考えられているバンガローは違ったものなのです。そこで、ここでは海外で考えられているバンガローについて、その特徴や魅力などについて紹介したいと思います。

海外のバンガロースタイルの家とは

バンガローは、本来はインドとバングラディシュにまたがるベンガル地方に見られる住まいのスタイルのことです。その住まいの特徴として挙げられるのは、広々としたベランダが取り付けられた一戸建ての平屋。こうしたスタイルの住まいは、20世紀初頭から世界各国に広がりました。そして、現在では、一戸建てで1階建てもしくは2階建てなど低層の建物で、小さな屋根裏やベランダのあるものがバンガロースタイルと呼ばれ、オーストラリアや、イギリス、そしてアメリカなどで多く見られるようになっています。

日本で建てるバンガロースタイルの家

こうしたバンガロースタイルですが、日本で考えるのであれば、平屋建てで庇の下に広々としたベランダのある家が当てはまるでしょう。また、ドーマーと呼ばれる、屋根裏用の明り取りや換気の窓を屋根にを取り付けると、より海外のバンガロースタイルの雰囲気に近付けることができます。こうしたスタイルの住まいは、アメリカなどの郊外にある住まいを彷彿とさせ、オシャレで個性的な住まいとなるでしょう。そして雰囲気のある暮らしを楽しむことができるはずです。

バンガロースタイルのメリットとデメリット

バンガロースタイルの住まいで何よりも大きな特徴となるのはベランダ部分でしょう。大きな庇によって、そこでは雨に濡れることはありません。その一方で、外の風にあたることができ、開放感を存分に楽しむことができます。そんなベランダは気軽に屋内から移動できるため、それは壁のない一つの部屋と言えるかもしれません。そして心地良い暮らしを演出してくれるでしょう。ですが、こうしたバンガロースタイルの家で気を付けたいことがあります。それはプライバシーです。というのも外からベランダが見られやすく、そこでリラックスしににくなってしまうからです。そのため目隠しのための木や外壁などを使って、プライバシーを守ることを考えてみましょう。そうすれば、外から覗かれることなく開放的な暮らしを楽しめるはずです。

バンガロースタイルの家を建てるなら

もしバンガロースタイルの家を建てることを検討しているのあれば、homifyの無料相談を利用してみてはどうでしょうか。そこで西海岸風のカントリースタイルや、現代の暮らしに合わせたモダンなスタイルなど、考えている家のスタイルを伝えましょう。こうした要望に対してhomifyに登録している建築家が、あなたの考えている家についてアドバイスを送ってくれます。そうすれば、日本では少し珍しいバンガロースタイルの家を実現させることができるはずです!