男の子部屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. House for O: kurosawa kawara-tenが手掛けた男の子部屋です。
  2. みんなの集まる家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた男の子部屋です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. ときどき電車の見える家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた男の子部屋です。
  5. 1階子供室: プラソ建築設計事務所が手掛けた男の子部屋です。
  6. RI Arquiteturaが手掛けた男の子部屋
    Ad
  7. Studio Monfre Arquiteturaが手掛けた男の子部屋
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. Frandguloが手掛けた男の子部屋
  10. Frandguloが手掛けた男の子部屋
  11. ARCE S.A.Sが手掛けた男の子部屋
  12. MOBİLYADA MODA が手掛けた男の子部屋
  13. loop-dが手掛けた男の子部屋
  14. Santiago | Interior Design Studio が手掛けた男の子部屋
  15. Студия интерьера 'Золотая Серединаが手掛けた男の子部屋
  16. dom arquitecturaが手掛けた男の子部屋
  17. Style Homeが手掛けた男の子部屋
  18. Гузалия Шамсутдинова | KUB STUDIOが手掛けた男の子部屋
  19. FILYANOV_INTERIORが手掛けた男の子部屋
  20. Totius Studioが手掛けた男の子部屋
  21. Sofás Camas Crucesが手掛けた男の子部屋
  22. dom arquitecturaが手掛けた男の子部屋
  23. YS PROJECT DESIGNが手掛けた男の子部屋
    Ad
  24. Totius Studioが手掛けた男の子部屋
  25. Home Lifting が手掛けた男の子部屋
    Ad
  26. Ar. Milind Paiが手掛けた男の子部屋
  27. Studio Elaboraが手掛けた男の子部屋
  28. MIKOŁAJSKAstudio が手掛けた男の子部屋
  29. MIKOŁAJSKAstudio が手掛けた男の子部屋
  30. RG Home Stylistが手掛けた男の子部屋
  31. Estudio Equilibrioが手掛けた男の子部屋
  32. 澄月室內設計が手掛けた男の子部屋
  33. Style Homeが手掛けた男の子部屋

男の子部屋

男の子部屋について 

男の子部屋をどうしたらいいかと悩んでいませんか?子供部屋と言っても、男の子用と女の子用で違いがあります。そこで考えてあげたいのは、男の子に合った部屋。そもそも住まいは、そこに住む人に大きな影響を与えます。特に多感な子供にとっては、こうした部屋は、その心や体の成長に大きな影響を与えることでしょう。そこで、こちらのページでは、男の子部屋について考えたいことな、簡単な紹介をしたいと思います。

子供部屋は何歳頃に用意する? 

男の子部屋として子供部屋を考える上で、まず考えたいのは、いつまでに部屋を用意してあげるかです。というのも、まだ小さいうちから個室の部屋を用意してあげると、目が行き届かずに、不測の事態に対応できないかもしれません。その一方で、もう年頃なのに自分の部屋が無ければ、自発性などを育めないかもしれません。10歳頃であれば、自分で危険なことが判断でき、また部屋の片づけなどで、自発性を学べると言われています。そのため子供が10歳になったら、子供部屋を考えてあげましょう。

男の子部屋について考えたいこと 

部屋の共有 

子供の数が多ければ、その分だけ子供のためのスペースが必要となります。ですが、狭い家の場合には、子供の数に合わせた部屋を用意できないかもしれません。もし子供がまだ小さい場合には、兄弟を一つの部屋に一緒にすることができるでしょう。2段ベッドなどを使えば、一人用の部屋であっても、まだ小さい兄弟が一緒に過ごすことは難しくありません。もちろん、姉や妹など異性の共有も二人とも小さい時には問題ないです。ただし異性の場合には、ある程度の年齢になる前に部屋を別々にしましょう。 

部屋のおさがり 

子供部屋は眠ったりするだけでなく、勉強をする場所にもなります。子供が中学生にもなれば、集中して勉強をすることになるでしょう。その場合に、年齢差のある兄弟が部屋を共有するのは難しいかもしれません。弟がまだ小さければ、兄の勉強の邪魔になってしまう可能性があるからです。その場合には、兄が独立するまでの間、弟に子供部屋を持たせず、兄が独立してから部屋をお下がりとして譲る形であれば、2つの子供部屋を用意しなくても大丈夫でしょう。

子供の成長に合わせて部屋を仕切る 

子供部屋を兄弟2人で使っていく際に、最初は一つの部屋として使い、成長に合わせて仕切ることもできます。そうすれば子供が独立した際に2つの小さな部屋でなく、1つの広い部屋として使うことができるため、家族の変化に合わせて家の住空間を有効活用することができます。このような部屋を仕切るアイテムについては下記で紹介します。

部屋の間仕切り使えるもの 

一つの子供部屋を仕切って、個々の男の子部屋として使うために使える間仕切りのアイテムを紹介します。

背の高い家具 

本棚や収納棚を部屋の間に固定させることで、部屋を2つに仕切ることができます。ただし、こうした家具が倒れないように天井や床との固定をしっかりと考えてください。

アコーディオンカーテン 

アコーディオンカーテンであれば、簡単に開け閉めができ、状況に応じてフレキシブルに部屋を使うことができます。

引き戸 

事前に工事が必要となりますが、引き戸を使えば、しっかりと部屋を2つに区切ることができます。こちらも状況に応じて、開ける閉めるの選択ができるため、フレキシブルに部屋を使うことができます。

子供部屋に籠ることを避けるために 

子供が大きくなるつれて、親離れが進み、場合によっては子供とのコミュニケーションが取りにくくなることもあるでしょう。そうなると、いかに普段から顔を合わすかが重要となります。そのため、特に男の子が没頭してしまいがちなゲームやテレビを男の子部屋に置くのは避けた方が良いでしょう。リビングルームに置くことで、顔を合わせる機会を増やし、同時にゲームやテレビの時間を上手くコントロールすることができるでしょう。

子供部屋の位置について 

子供部屋の位置によっては、子供と顔を合わせる機会を増やし、子供の様子の確認を取りやすくすることができます。例えば、玄関から子供部屋までの経路にリビングを通る形にすれば、子供の帰宅がいつかを確認することができます。そして子供がいつ帰宅したかわからないという状況を避けることができるでしょう。また、子供の帰宅時に顔を合わせることができるため、家族のコミュニケーションを生み出すことができます。

homifyの無料相談を使って夢のマイホームを手に入れよう!

homifyの無料相談のページでは、家を手がける建築家を募集することができます。例えば、子供部屋や男の子部屋、女の子部屋など、希望する家の詳細を記入して、募集をかけてみましょう。そうすれば、きっとhomifyに登録する建築家があなたの家の計画に応募してくれるはずです。そして、あなたが希望する夢のマイホームを実現させましょう!