モダンデザインの寝室:アイデア・インスピレーション・写真

  1. 人形町の家: 藤村デザインスタジオ / FUJIMURA DESIGIN STUDIOが手掛けた寝室です。
  2. 武庫之荘の家: 藤原・室 建築設計事務所が手掛けた寝室です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. ベッドルーム: 株式会社seki.designが手掛けた寝室です。
  5. 主寝室(セカンドリビング): 松岡淳建築設計事務所が手掛けた寝室です。
    Ad
  6. 和室: 有限会社クリエデザイン/CRÉER DESIGN Ltd.が手掛けた寝室です。
  7. 『 クールスタイルな すまい 』:  Live Sumai - アズ・コンストラクション -が手掛けた寝室です。
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. 風と光と暮らす家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた寝室です。
  10. 寝室: H建築スタジオが手掛けた寝室です。
  11. 和室とリビング: モリモトアトリエ / morimoto atelierが手掛けた寝室です。
  12. House in Sayo: Mimasis Design/ミメイシス デザインが手掛けた寝室です。
    Ad
  13. ベッドルーム: QUALIAが手掛けた寝室です。
  14. 下田の家: TAMAI ATELIERが手掛けた寝室です。
  15. 森と暮らす家  -週末住宅-: Studio tanpopo-gumi 一級建築士事務所が手掛けた寝室です。
  16. 覚王山のリノベーション: Nobuyoshi Hayashiが手掛けた寝室です。
  17. House in Sayo: Mimasis Design/ミメイシス デザインが手掛けた寝室です。
    Ad
  18. 鎌倉 長谷の家: 松岡淳建築設計事務所が手掛けた寝室です。
    Ad
  19. 1階寝室書斎: プラソ建築設計事務所が手掛けた寝室です。
  20. Bedroom: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた寝室です。
  21. 覚王山のリノベーション: Nobuyoshi Hayashiが手掛けた寝室です。
  22. CONCEPT HOUSE: yuukistyle 友紀建築工房が手掛けた寝室です。
    Ad
  23. ベッドルーム: ihrmkが手掛けた寝室です。
  24. Apartment in Gakuemmae: Mimasis Design/ミメイシス デザインが手掛けた寝室です。
    Ad
  25. 通り土間のある家: 松原正明建築設計室が手掛けた寝室です。
  26. 寝室: ㈱ライフ建築設計事務所が手掛けた寝室です。
  27. Master Bed Room: STaD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)が手掛けた寝室です。
  28. 線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅: AIRアーキテクツ建築設計事務所が手掛けた寝室です。
  29. 主寝室: 松岡淳建築設計事務所が手掛けた寝室です。
    Ad
  30. 寝室(造り付けの床下収納): 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた寝室です。
  31. シンプルモダンなオフィス空間のある家: MACHIKO KOJIMA PRODUCEが手掛けた寝室です。
  32. TWIN COURT HOUSE: 株式会社横山浩介建築設計事務所が手掛けた寝室です。
  33. うとうのいえ: 株式会社 自由工房が手掛けた寝室です。

モダンデザインの寝室と間取り

モダンデザインの寝室は、開放感とデザイン性を活かした家の間取りとバランスを考慮し配置を考えましょう。モダンデザインの家は、コートハウスのような外部環境に左右されないボックス型の間取りが多くみられます。中庭を中心として大きな開口部や吹き抜けを設けることで、採光や通風を考慮し、さらに外部からプライバシーを保ちながら住まいの開放感を演出してくれます。ついLDKの間取りばかりを気にしがちですが、ベットルームは一日の疲れをしっかり癒す大切な場所です。ベットルームの間取りで大切なのは、他室との独立性と通風の確保です。就寝環境を高める目的と、夫婦のプライベート空間を大切にするという意味があります。例えば、主寝室を家の奥に配置し、リビングとの間に小さな中庭やスペースなどをつくることで風がベットルームにも通り安眠を確保し易いアイデアなどがあります。また、吹き抜けで住環境に開放感がある場合は、主寝室を一階に、子供のベットルームを二階に配置するなどといったことも考えられます。

モダンデザインの寝室と窓

モダンデザインの寝室の開口部は、一般的に、太陽が沈む西側方位に開口部をとるのが自然の理に適い心身が安らぐ方間取りだと言われています。LDKの開口部は、日中の日当たりが良い南向きが人気ですが、一方ベットルームの大きな南向き開口部は寝室として適していないと言われています。安眠を確保し易い窓の方角や配置を考えましょう。

ベットルームに適した大きさは?

モダンデザインの寝室は、ベットルームも同様にゆったりとした雰囲気が魅力です。ダブルベットなどを配置する主寝室は、最低8畳ほどのスペースを確保しておくと良いでしょう。ダブルベットやツインベットを配置する場合、ベッドの周囲は人が難なく通れる60センチほどの空間を確保しておくと快適だと言われています。ベット周りのスペースを確保することにより、夫婦二人で使用する寝室の快適さも増し、また掃除機をかける際にも便利です。視覚的にもゆったりとした落ち着きある寝室に仕上がります。

ベットルームに適したベースカラーは?

インテリアカラーは、床や天井などの基礎となる色をベースカラー、ソファやカーテン、家具などの主役となる色をメインカラー、そしてクッションやランプシェードなどの小物の色はアクセントカラーと言われ、これら3つの色要素でカラーコーディネートを構成します。モダンデザインの寝室の多くは、ホワイトを基本とするベースカラーが多くみられます。落ち着いたベットルームの雰囲気を演出するためにメインカラーとアクセントカラーは、同系色でまとめてみましょう。例えば、深みのあるブラウンをメインカラーにし明るいトーンのベージュのアクセントカラーの組み合わせるなどすると、ベースカラーを活かす優しい印象に仕上がります。モダンで都会的な印象を加えたい場合は、取り換え可能なベットシーツやブランケットなどのアイテムで、柄やカラーをプラスするとよいでしょう。

ベットルームとウォークインクローゼット

モダンな住まいにはデザイン性の高いウォークインクローゼットがよく見られます。おしゃれなだけでなく、ワードローブの収納や身支度時に便利なスペースとして活躍してくれます。モダンデザインの家の開放的な動線を活かし、例えば、二階に大きめのウォークスルークローゼットを設け、主寝室、子ども部屋、廊下などから直接アクセスできるようにつなげるのも一つのアイデアです。家族共有の持ちものを1か所で管理できるファミリークローゼットとして活躍します。また、ウォークインクローゼットの出入り口を主寝室側と廊下側の2か所に設けると、朝晩の着替え動線がスムーズになります。

モダンデザインのインスピレーションを見つけよう!

homifyには、多くの建築家インテリアコーディネーターの写真が登録されています。それは、カントリーデザインやミニマルデザインといった様々なデザインから、木造住宅二世帯住宅といった様々な家の写真まで、多種多様なものとなっています。モダンデザインの寝室のインスピレーションを探すのであれば、「住まいの写真」のページで、「寝室」を選択して、スタイルを「モダン」にしてみましょう。そうすると、多くのモダンデザインの寝室の写真が表示されます。こうした写真からイメージを膨らませて、マイホームの寝室のデザインについて考えてみましょう!