地下室用窓のデザインアイデア・インスピレーション・写真 | homify 地下室用窓のデザインアイデア・インスピレーション・写真

地下室用窓のデザインアイデア・インスピレーション・写真

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

地下室用窓

地下室用窓は一般的に馴染みのないものかもしれません。それは地下室用に使われる窓のことですが、それは地下室に大きな影響をもたらすでしょう。地下室は住宅密集地など狭い土地を有効活用できる重要な手段ですが、それが居心地が悪かったり、使いにくい空間となってしまうこともあります。そうした場合に地下室用窓は大きな役割を果たすかもしれません。こちらのページでは、そんな地下室用窓について簡単に紹介したいと思います。

地下室用窓が果たす役割 

暗い地下室を明るくする

地下室は地下、もしくはほとんどが地下に収まる形となります。そのため窓が無い場合が多く、そのため非常に暗くなりがちです。こうした暗い空間は、重苦しい雰囲気を生み出し、位置心地を悪くしてしまうでしょう。ですが、地下室用窓があれば、暗い空間を明るくしてくれるでしょう。

地下室用窓のタイプ 

トップライト・天窓タイプ 

地下室の天井部分に窓を取り付けるタイプのものです。それは庭など地面部分に窓が現れる形となります。専門業者に依頼すれば、窓部分の上を歩行することも可能となります。 

サイドライト・高窓タイプ 

地下室が完全に地下にあるのでなく、一部が地上部分にあるものなどで使われるタイプの窓です。こちらの地下室用窓は天井付近の壁に現れ、地上部分から採光を得ることができます。

空堀を使ったドライエリアタイプ 

地下に地下室があるにもかかわらず、地下室の横に堀のようなスペースがあり、そこに面する部分に窓が取り付けられている地下室用窓のことです。この堀はドライエリアと呼ばれていますが、ここにある窓が外から光を取り入れることができます。また換気も可能となります。ただし、雨水がドライエリアに溜まる可能性があるため、雨水の処理が必要となるでしょう。

サンクンガーデンタイプ 

こちらのタイプはドライエリアタイプと似ています。ドライエリアと同様に地下室の横が堀となっていて、そこから光や風を窓を通じて取り入れることができます。ドライエリアと異なるのは、そのスペースが庭となっており、外からアクセスすることができることです。こちらの地下室用窓では、窓を通じて光や風を取り入れるだけでなく、庭の風景を取り込むことができるため、地下室にありがちな閉塞感を和らげてくれます。

地下室用窓で考えなくてはいけないこと 

地下室の構造によって使える窓が変わること 

天窓や高窓などの地下室用窓は、地下室の構造によって使えない場合があります。天窓は地下室が完全に地面の下にならないと取り付けることができません。一方、高窓は壁に取り付けるものとなります。そのため地下室が完全に地面の下になると取り付けることができません。こうした地下室の構造を考えた上で、取り付ける窓を選択しなくてはいけません。 

地下室での窓などによる換気は結露を引き起こす 

地下室と外気の気温差が大きくなる夏には結露が起こりやすくなります。夏には外気の気温が上昇し、空気は湿気を含んだ水分を多く抱えた状態となっています。一方地下室は、外気に影響されない状態にあるため気温が低くなっています。こうした状態で地下室用窓などを通じて外気が入った場合、外気に含まれた水分が冷やされてて、水滴となってしまいます。こうした問題で地下室では結露が発生してしまい、水分によって保管しているものが傷んだり、場合よってはカビが発生してしまうこともあります。そのため地下室用窓で換気を考える場合には、外気を直接取り入れることについて気を付ける必要があります。

地下室窓を使って明るく気持ちの良い暮らしを 

地下室は土地を有効に活用できる重要な手段の一つです。もちろん、それが結露でカビが生えて居心地が悪ければ、気持ち良く地下室を使えなくなってしまうでしょう。だからこそ、結露には細心の注意を払って、カビが発生しないようにしなくてはいけません。また地下室は暗い場所になりがちです。そのため窓を活用して明るく気持ちの良い空間を考えてみましょう。明るく結露もない地下室であれば、きっと気持ち良く過ごすことができます。だからこそ地下室用窓の使い方を考えて、気持ちの良い暮らしを手に入れましょう。

homifyの無料相談を利用して、夢のマイホームを実現させよう! 

homifyには建築家や住まいの専門家を募集することができる無料相談ページがあります。そこに、平屋や二階建てなどの階数、切妻屋根や片流れ屋根といった屋根のスタイル、そしてであれば天窓や木製サッシなど、希望している家の詳細を記入しましょう。こうした情報は建築家や専門家へと伝えられ、それに応えられる建築家や専門家が応募してくれるでしょう。homifyの無料相談を活用して、夢のマイホームを実現させましょう!