赤ちゃん部屋のデザインアイデア・インスピレーション・写真

  1. 伊賀上野の家  子供部屋: 株式会社 森本建築事務所が手掛けた赤ちゃん部屋です。
  2. Midwifery home by the sea: 丸菱建築計画事務所 MALUBISHI ARCHITECTSが手掛けた赤ちゃん部屋です。
  3. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  4. OM DESIGNが手掛けた赤ちゃん部屋
  5. OM DESIGNが手掛けた赤ちゃん部屋
  6. MOBİLYADA MODA が手掛けた赤ちゃん部屋
  7. Mónica Parreira Design Interioresが手掛けた赤ちゃん部屋
  8. 一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
    一歩先の新築・リフォームをお考えですか?
  9. MIKOŁAJSKAstudio が手掛けた赤ちゃん部屋
  10. Artta Concept Studioが手掛けた赤ちゃん部屋
  11. Catarina Batista Studioが手掛けた赤ちゃん部屋
  12. OM DESIGNが手掛けた赤ちゃん部屋
  13. The Spacealist - Arquitectura e Interioresが手掛けた赤ちゃん部屋
    Ad
  14. JACHが手掛けた赤ちゃん部屋
  15. okha arquitetura e designが手掛けた赤ちゃん部屋
  16. Công ty thiết kế xây dựng Song Phátが手掛けた赤ちゃん部屋
  17. Olivia Paterno が手掛けた赤ちゃん部屋
  18. Complete Home が手掛けた赤ちゃん部屋
  19. AT arquitetosが手掛けた赤ちゃん部屋
    Ad
  20. OM DESIGNが手掛けた赤ちゃん部屋
  21. Design studio TZinterior groupが手掛けた赤ちゃん部屋
  22. Design studio TZinterior groupが手掛けた赤ちゃん部屋
  23. Design studio TZinterior groupが手掛けた赤ちゃん部屋
  24. Juanna Gabriella Arquitetura e Interiores が手掛けた赤ちゃん部屋
  25. Franko & Co.が手掛けた赤ちゃん部屋
  26. Chantal Forzatti architettoが手掛けた赤ちゃん部屋
  27. STUDIO 405 - ARQUITETURA & INTERIORESが手掛けた赤ちゃん部屋
  28. The Spacealist - Arquitectura e Interioresが手掛けた赤ちゃん部屋
    Ad
  29. Franko & Co.が手掛けた赤ちゃん部屋
  30. Catarina Batista Studioが手掛けた赤ちゃん部屋
  31. Catarina Batista Studioが手掛けた赤ちゃん部屋
  32. MOBİLYADA MODA が手掛けた赤ちゃん部屋
  33. MOBİLYADA MODA が手掛けた赤ちゃん部屋

赤ちゃん部屋

赤ちゃん部屋について 

赤ちゃんが生まれると、生活が変わることになります。ですが、変わるのは生活ばかりでありません。住まいも赤ちゃんのことを考えた空間に変えなくてはいけません。赤ちゃんは繊細で敏感で傷つきやすいので、それに対応させる必要があります。そして、赤ちゃんが快適に過ごせる空間を作ってあげましょう。こちらのページでは、こうした赤ちゃんのための赤ちゃん部屋やスペースに必要なもの、考えなくてはいけないことについて、簡単に紹介したいと思います。

赤ちゃん部屋に必要なもの、考えなくてはいけないもの 

世話のしやすいレイアウトや空間 

1、世話のしやすい収納 赤ちゃんには、ミルクをあげたり、おしめを替えてあげたりと、常に世話をしてあげなくてはいけません。そのため、こうした世話をしやすい部屋やスペースを考える必要があります。その一つが収納です。世話をするためには様々なものを使いますが、その都度、簡単にそれらの用品を取り出せるようにしなくてはいけないでしょう。 

2、世話のしやすい照明 世話をする時間は、昼間とは限りません。生まれたての赤ちゃんは、昼夜を問わずに世話をする必要があります。そのため、夜でも世話ができるように、手元を明るくできるランプなどを用意しておくとよいでしょう。 

3、世話のしやすい家具 おしめを替えるのは、赤ちゃんのいる家庭では日々の日課になります。その際にいつも腰をかがめることになるかもしれません。そこで、おしめ替えは腰痛にならないような専用の台などを用意しましょう。そうすれば、赤ちゃんの世話の負担を減らすことができます。

4、掃除のしやすい空間 赤ちゃんがいれば、もちろん常に綺麗な空間を用意してあげなければいけません。汚いままとなってしまえば赤ちゃんの健康にも影響を与えてしまうでしょう。そのため考えたいのは掃除のしやすい空間。赤ちゃんが部屋やベッドを汚したとしても、直ぐに掃除ができれば、常に綺麗な空間を保つことができます。

5、成長に応じて変えられるフレキシブルな空間 赤ちゃんの成長は早く、その速さは驚くばかりです。そのため1歳児用に対応していた部屋が、2、3歳児になったときに不便に感じられることもあるでしょう。そこで、変化に対応できるように、あらかじめ数年先のことを想定してみましょう。そうすれば、買ったものや、変えたものを無駄にすることなく長く使っていくとができるはずです。

赤ちゃんの安全について

赤ちゃんは非常にか弱い存在です。その一方で好奇心が旺盛で、動けるようになると、動き回ることになります。そうなると問題になるのは、赤ちゃんにとって、部屋やスペースが安全かどうかということ。大人の目線では安全なものも、赤ちゃんにとっては危険なものとなります。

1、倒れそうなものに気を付ける 例えば、動かせるもの。そうした動かせるものが倒れてしまって、赤ちゃんの上に倒れてしまっては一大事です。倒れそうなものは、しっかりと固定する、もしくは赤ちゃんの触れられないような場所に移動させましょう。 

2、体を挟んでしまうものに気を付ける 例えば、扉や窓は大人であっても指を挟みやすい場所です。こうしたところに赤ちゃんの指が挟まっては一大事です。これを防ぐための様々なものが売られています。例えば、引き出しを開けなくする引き出し用のロック、扉を開けなくするストッパー、そして窓のロックなど、こうしたグッズを見つけて、赤ちゃん部屋に取り付けると良いでしょう。

3、危険なものを遠ざける 好奇心が旺盛だからこそ、赤ちゃんは何でも触ったりしてしまいます。もちろん、危険なものを触れてしまえば、大変なことになります。例えば、コンセントに指を入れてしまえば、感電してしまうかもしれません。そのためコンセントを覆うカバーなどが必要となるでしょう。

4、危険なものを取り換える 赤ちゃんは何でも触れるだけでなく、何でも口にしてしまいます。そのため赤ちゃんの口に入りそうな大きさなものは、遠ざけなくてはいけません。また取り換えられるものは、安全な素材のものに取り換えると良いでしょう。

homifyの無料相談で夢のマイホームを手に入れよう! 

家を建てるのであれば、homifyで建築家を募集してみませんか?homifyでは無料相談のページに、希望する家の建築について建築家の募集をすることができます。今後家族が増える予定があるなら、男の子部屋子供部屋を考えてくれる建築家を見つけましょう。homifyなら、きっとあなたが探している建築家が見つかるはずです!