再生前の建物外観: 株式会社古田建築設計事務所が手掛けたです。

家の建て替えまとめ

家の建て替えまとめ

家の建て替えは人生の中で家の購入の次に大きい買い物ですよね。だからこそなるべく丁寧な建築家にデザインしてもらい、丁寧に建ててもらいたいものです。そこで今回は家の建て替えの基本から、建て替え・リフォーム専門会社を作品とともに紹介!
家の建て替えは人生の中で家の購入の次に大きい買い物ですよね。だからこそなるべく丁寧な建築家にデザインしてもらい、丁寧に建ててもらいたいものです。そこで今回は家の建て替えの基本から、建て替え・リフォーム専門会社を作品とともに紹介!

建て替えのステップ

家を建て替えるステップは主に4つ:「新しい家のデザイン・材料の準備」「仮住まいの手配」「取り壊し」「建築」です。

1.新しい家のデザイン・材料の準備 

まず初めに建築家とハウスメーカーを作品や仕事の速さ・正確さを確かめながら選びましょう。オンラインの住まいプラットフォーム上やピンタレストなどのSNSで画像検索をし、作品と価格を比べながら時間をかけて決めましょう!例えば大きな大黒柱のある木造建築などこだわった家に建て替える際には、材料等の準備もとても時間がかかることを念頭に置きながら建て替えのスケジュールをプロと一緒に決めていきます

2.仮住まいの手配
建築士とハウスメーカーが決まり、スケジュールと予算が決まった後は仮住まいを探しましょう。多くの方は基本的に建て替え地の近くに2年ほど期間をみて住み始めます。建て替えが始まり、頻繁に工事現場を訪れなければいけなくなるので、なるべく元の家からアクセスのいい場所に仮住まいを設けましょう。

3.取り壊し 

家を取り壊すのも多額の資金が必要になります。基本的には1坪20,000円ほどですが、木造住宅と比べて鉄骨やRC建築の取り壊しは倍か、それ以上かかります。

4.建築 

家の解体作業が終わった後は、地質の再検査や土壌改善、基礎固めの作業が始まります。地質の再検査の際にはなるべくご自身でも、どこに水が溜まりやすいのか、どれぐらい傾いているのか詳しく見ておき、将来家の歪みに繋がらないように気を付けましょう。ベースの確立が済み次第、柱や梁の組み立てが始まり、壁貼り、内装へとつながります。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!