ARKSTUDIO一級建築士事務所

ARKSTUDIO一級建築士事務所

ARKSTUDIO一級建築士事務所
ARKSTUDIO一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

.生駒菜畑の家

「自然と共に心豊かに住まう家」

 経済優先の社会構造の中、かなりの自然が失われてしまった都市の中で暮す人々は ストレスを抱えながら、人間として本来あるべきであろう姿から、大きく外れた生活しているように思われます。 私たちは、自然と共に生きている生命体であるということを、今一度強く再認識しなおす必要があるのではないでしょうか。

 この住宅は、かねてから 「郊外に居を移し、宅地内で畑づくりをしながら暮したい」 という夢を抱きながらも、長年、民家が密集した大阪下町の3階建鉄骨住宅屋上での ささやかな菜園と、遠方の貸し農園で何とか凌いでいた建築主の夢の実現の場であり、 本来の心豊かな生活を取り戻すための住まいの場です。

―都市のすぐそばに残っている、わずかながらの自然を感じることの出来る土地で、 かつての日本人のように、自然と一体となり、光、風、土、緑、水を肌で感じ取り、五感を通して四季の移り変わりを捕らえ、自然を慈しみ、そこから得られる恵を最大限取り入れての暮してみたい―

そのような 「自然と共に豊かに住まう心」 を再び呼びさますことのできるようなすまいをここで実現しようと思いました。

 循環型省エネルギー住宅

 南の軒の出を深くとることで、夏は室内への直射日光を避け、冬は、南面の吹き抜けの大開口から、太陽熱を取り込み、居室に循環させています。また、窓の配置と大きさの工夫で風通しを良くし、夏は涼しく、冬は暖かい住環境を作っています。

 窓は内に障子を付けて断熱性を高め、屋根は二重構造で通気を取り、外部と内部の熱の貫流を極力抑え、熱負荷を極力少なくした住宅です。

 屋根の水はタンクにためて庭木の水遣りに利用し、生ゴミはコンポストで再生、肥料として大地に帰し、自然リサイクルさせています。

 構造材や内装材は(木、漆喰、和紙、コルクなど)自然素材を多用して、資源循環に努めております。

Admin-Area