秀田建築設計事務所が手掛けた竹元の家 | homify
秀田建築設計事務所

秀田建築設計事務所

秀田建築設計事務所
秀田建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

竹元の家

老朽化した木造二階建の家屋はあきらかに床が傾き、開かない窓もある。

そんな旧邸で、建替計画がスタートしました。

まずは建物が傾いている原因追求からスタートし、軟弱地盤と、宅地を形成する 擁壁に問題があることが判明。 その結果、地盤改良および擁壁のやり直しを前提とした住まいの計画を進めまし た。宅地造成に多くのコストが必要になるため、 建物はローコスト住宅とし、トータルのコストバランスを考慮しながら慎重に設 計を進めました。

施主のSさんの要望は 「和を感じられる」 「プライバシーを確保」 「家族が集まれる場所」 「メンテナンが簡単」 というものです。

敷地は正方形に近い綺麗な形状ですが、方角が南に対して45度振っています。

住宅が密集しながらも、高台になっているため、2階レベルからの眺望はすばら しい環境です。 これらを踏まえ、2階に家族みんなが集まれる場所を設置し、かつ南から降り注ぐ太陽の恩恵を存分に受けるために壁面を南面に配置(敷地単位で は斜めに見える)しました。

敷地や道路に角度を設けることで、周辺住宅との関係を希薄にし、プライバシー 確保にも一役担っています。

2階の南面には杉板と杉格子を施し、質感とある温かみのある仕上げとしました。 木部分を引き立てるため、その他の外壁には黒い色のガルバリウム鋼板を採用し ています。 耐久性の高いガルバリウム鋼板を小波板張りとしました。材料はポピュラーな流 通品ですが、重ね合わせやコーナー部分は役物を使用せず、 板金ならではの曲げ加工で納め、専用のビスではなく、目立ちにくい釘止めを使 用するなど、ディテールを追及することで美しく、オリジ ナリティーのある外観としています。

家族が集まり、くつろぎ、語らう場所が2階のリビングになります。目的がな くても心地よく、皆が自然に集まりコミュニケーションが生ま れる環境を作る ために南側の最も条件の良い場所にリビングを配置し、廻りを取り囲むように キッチン、ダイニング、和室、ワークスペー スを配置しました。

三角形に近い平面形状なので、面積より視覚的に広がりを感じられます。また、 部屋として壁で仕切られていない用途 を、天井の高さと仕上げ材料に変化を付 けることで、空間にメリハリを付けました。 南側の窓は連続した大開口とし、障子を設置することでプライバシーを守りなが ら明るい環境を作ります。 造り付けのソファー・小上がり・和室と、腰をかけられる高さで連続させ、パー スペクティブを付けることで奥行きを 感じられる場所ごとの景色を作りました。

  • 外観: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    外観

  • 外観: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    外観

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] ローコストでも和の趣を感じさせる家
    ["JP"] [Published] 奈良県の建築家による伝統美が光る住宅五選
  • 外観: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    外観

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ローコストでも和の趣を感じさせる家
  • 外観(前面道路): 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    外観(前面道路)

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 土地を見に行く時にチェックしておきたい現地調査のポイント

    敷地は正方形に近い綺麗な形状ですが、方角が南に対して45度振っています。

    住宅が密集しながらも、高台になっているため、2階レベルからの眺望はすばら しい環境です。 これらを踏まえ、2階に家族みんなが集まれる場所を設置し、かつ南から降り注ぐ太陽の恩恵を存分に受けるために壁面を南面に配置(敷地単位で は斜めに見える)しました。 敷地や道路に角度を設けることで、周辺住宅との関係を希薄にし、プライバシー 確保にも一役担っています。

  • 外観: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    外観

  • 北西面外観: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    北西面外観

    「正面」は玄関のある南面で、北西面は「裏側」という位置付けとなりますが、隣地を介して高台にあることも影響し、裏側であるはずの北西面がファ サードよりも多くの通行人の目に触れます。このような周辺環境を踏まえ、裏側 も第二のファサードとして計画を行いました。

    切り妻の大きな面に、特徴的な箱(出窓)をバランス良く配置しました。

  • 竹元の家: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    竹元の家

  • 玄関: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    玄関

  • 玄関: 秀田建築設計事務所が手掛けた家です。

    玄関

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] ローコストでも和の趣を感じさせる家
    ["JP"] 素敵なだけじゃない!防犯対策もバッチリな玄関ドアの種類と選び方まとめ

    玄関は外部と内部の境界です。 靴を脱ぐ・履く、コートを着る・脱ぐ、井戸端会議、荷物を受け取る、客を迎える・見送る、、、並 べると意外と沢山の用途があり、それだけの機能が必要に なります。 単純な行為を行う場所ですが、重要な役割を担います。 アプローチから玄関ドアをまたぎ、玄関の内部空間までを洗い出し仕上げの土間 としました。

  • 玄関土間: 秀田建築設計事務所が手掛けた窓です。

    玄関土間

    十分なスペースを確保して玄関で繰り広げら れる行為に対応させ ます。床の仕上を土間にすることで外部と内部の境界を極力曖昧にし、緩やかな 人の出入り、あるいはお迎えやお見送 りが出来るような空間になることを期待 しています。 玄関框を設けず、室内から延長された床が階段となって土間と連続することで、 内と外を繋げます。

Admin-Area