eu建築設計

eu建築設計

eu建築設計
eu建築設計
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

House Outsider Art

 クライアントは、薬剤師として勤めながら、絵画やオブジェなどの製作をしている。30ヶ国を旅し、その印象をアートで表現してきた。廃墟のようなコンクリートの車庫、カーブを描くブロック塀、アーチ状のゲートなどが建っていた敷地をその謎めいた雰囲気に惹かれて購入し、自分らしさにこだわった家に住みたい、と望まれた。

 これまでの旅で収集された品々、自らの制作による作品など色も形もさまざまなモノで埋め尽くされることを考えると、基本的な機能・強度をもったがらんどうのざっくりとした空間をつくるのがよいと考えた。

 そこで、急坂の前面道路との高低差を処理するための高基礎を兼ねた車庫のうえに、ほぼ平屋建ての建物をのせた。敷地内の岩盤や既存建物を避けるため「く」の字のように途中でクランクしたワンルームである。クランク部分に設けたデッキでは、高台からの広々とした景色が望める。眺望を遮らないよう斜めに高さをカットした塀を設けることで、道路からはデッキも大きな窓も見えない。

 外観は、石積み擁壁、古びたブロック塀、薄汚れた漆喰壁、といった既存部分の要素に馴染み、それらも含めてひとつの建築として感じられるようにしようとした。屋根は素地のガルバリウム大波鋼板で、波板一枚の軒先が儚くも確かな存在感を出している。外壁は6000枚を超える長さ300mmの杉板を200mmずつ重ねて張りあわせた。ガスバーナーで焼き、一枚一枚に色ムラを持たせた。

 外壁のバーナーがけ、内部の壁仕上げやタイル張り、塗装や外部デッキ張りまで、クライアントは多くの部分を家族や友人たちと一緒に仕上げていった。我々も麻ひもを用いてロフトに鎮座する瞑想室を製作した。作業を通してさまざまな技術を身に付け、自ら手入れが出来るようになり、また簡単に壊すわけにはいかない思いがたくさん詰め込まれた。こういうことが家を長持ちさせるために最も効果をもたらしてくれると思う。

 決して綺麗とは言えないけれど、自分の手でつくり、住みこなしているという、喜びと自信に満ちた、揺るぎない強度をもった家である。

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

    急な坂道の全面道路からみたところ。

    高低差を利用してビルトインガレージが2台分確保されている。 高さを斜めにカットした塀の奥にデッキがある。(道路からは見えない。)

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 屋根にガルバリウム鋼板を使用するメリットとは

    建物は、Rを描く白い壁の既存車庫をよけ、荷がかからないようにして建てられた。

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

    前面道路から玄関を見たところ。右手が車庫。

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた家です。

    House Outsider Art

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けたテラス・ベランダです。

    House Outsider Art

    リビングにつながるデッキ。

    市街地を見下ろす高台に位置し、見晴らしがよい。 外壁の板は建て主と設計者でバーナーをかけたもの。

  • House Outsider Art: eu建築設計が手掛けた廊下 & 玄関です。

    House Outsider Art

    玄関。欄間から光が差し、明るい。

    右手の階段で半階登ったところに子ども部屋がある。

Admin-Area