H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた聖職者の住まい | homify
H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

聖職者の住まい

宗教施設である寺院には本殿・客殿に加えて、庫裡と呼ばれねる住職とその家族が住まう住宅部分があります。

北欧の家具等も似合うミッドセンチュリーで且つ日本を感じる… 生活の場と寺院との距離感を持ちながら調和を 計ったデザインです。この建築はそれでいて高い省エネ性能を持ち合わせています。断熱と庇の深さによる日射 コントロールで、一般住宅の三倍の広さを同額の消費電力で、ほぼ倍の発電量を最大あげています。

 この庫裡には広間の茶室、水屋、待合と呼ばれる茶道の為の諸部屋も計画されています。法規的には設計その ものにも、そして建築許可を得る為にも難しい手続きが存在しています。茶室の計画に於いては、設備的に法律 が安全性に追いついていない現状もあります。その点で建築家の姿勢が問われる建築だと思いました。

 家具は勿論、仏壇を含めて宗派・住職のご意見を参考にデザインしています。また庭園設計でも、植栽や石の 置き方まで計画させて頂きました。 ローコストばかりでなく、庭の施工にも樹木を熟知した協力者、和の工事 についても熟練の大工との強力なチームで当たることが出来るのも、H2O設計室の特徴です。

  • 広い敷地の中に水平に伸びやかなスタイルを意識した外観: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    広い敷地の中に水平に伸びやかなスタイルを意識した外観

    外壁は白漆喰と十和田石。高木の下を避けた配置に始まり、右奥の茶室部門の屋根から全体の高さがコントロールされています。

  • 聖職者の住まい: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    聖職者の住まい

    玄関の床の仕上げは悩みところ。濃い色のタイルは汚れがはっきり靴のカタチとなって残ってしまうことが多く、常に美しくお客様を出迎えたいという方には大変手間がかかる。ここでは、汚れの目立たない色も一枚一枚に個性を持つ割り肌の石張りとした。現場で割った大小さまざまな石が海の水面を思わせてくれる。

  • ​玄関: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた玄関&廊下&階段です。

    ​玄関

    玄関の床の仕上げは悩みところ。濃い色のタイルは汚れがはっきり靴のカタチとなって残ってしまうことが多く、常に美しくお客様を出迎えたいという方には大変手間がかかる。ここでは、汚れの目立たない色も一枚一枚に個性を持つ割り肌の石張りとした。現場で割った大小さまざまな石が海の水面を思わせてくれる。

  • 階段ホール: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段ホール

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] おしゃれな階段のデザイン10選

    行燈の照明と職人が一本ずつ張り上げた天井材の空間

  • 和に合う、ミッドセンチュリー家具との調和: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた勉強部屋/オフィスです。

    和に合う、ミッドセンチュリー家具との調和

    気に入った家具を中心に落ち着きある空間の書斎。執務をし、時にゆったりと読書をするソファー空間。

  • 建具職人を使った家具調照明: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたダイニングルームです。

    建具職人を使った家具調照明

    6人の家族用にポイントスポットを設定。必要な照度は既成のペンダントが担いながら、時に眺められても落ち着ける照明としてステンドグラスを嵌め込んでいる。

  • 庭を眺めるリビング空間: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたリビングです。

    庭を眺めるリビング空間

    四季の移り変わりを眺めるリビング。卓上には家具の材質に合わせた硯箱を制作した。AV機器用リモコンなど雑然と置かれそうな小物を整理して緊張感ある空間を維持する。

  • 文箱: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたダイニングルームです。

    文箱

    この文箱はリビングの卓上で、整理されるべき小物達を収納する為に制作された。ソファーの肘掛のカーブに合わせ、両端を楕円に落とし蓋まで連続。たた゜し楕円を潰すほど、蓋の本体とのかかりも厚くなり巨大化するしてしまう。内容物は予め把握しており、中の大きさは削ることは出来ない。全体の大きさを抑えるカーブの曲率の設定が全ての要だった。

  • 建具職人と家具職人のダイニングセット: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたダイニングルームです。

    建具職人と家具職人のダイニングセット

    製作費はテーブルと照明で約40万ほど。照明の構成は障子などの組子に普段から手慣れている職人に任せ、テーブルは家具職人との協力で制作。

  • 仏壇: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたリビングルームです。

    仏壇

    開いた時に回転軸そのものがレールに乗って扉が収納されるフリッパードア。日本では一般的には仏壇扉という名のまま通っている。リビングに置きたいとの希望に応える為インテリアとして制作した。如来の光背用照明と香の排煙機器は建築の本体に組み込まれ、家具の上部の格子を介して活用する。

Admin-Area