ユミラ建築設計室が手掛けた古民家の古材でマンションリフォーム | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
ユミラ建築設計室
ユミラ建築設計室

ユミラ建築設計室

ユミラ建築設計室
ユミラ建築設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

古民家の古材でマンションリフォーム

『本物の民家の古材で購入した中古マンションをリフォームしたい。』というのが施主(フランス人女性)の希望でした。民家が多く残る福島県の山あいの村まで一緒に出かけ、昔の民家の解体材を選別して運び、一緒につくった住まいです。 昔の民家の解体材を保存販売して民家の良さを残そうとしている方“小林さん”がいることを施主から聞いて出かけました。でも実際現地で材料を選ぶのは大変緊張する作業でした。どこに使えるか適切な部材を適切な量で選ばなければなりません。面白い経験でした。実際に施工を担当する方も一緒に行ってもらいました。材料は小林さんが東京まで運んでくれ、大工さんのアトリエで燻蒸殺菌してから加工し、現場に搬入しました。リフォームの現場でも施主と一緒になって床の張り方、玄関の玉石の模様などその場で材料を並べながら決めました。竣工後、施主の方に住まい心地を聞くと『とても落ち着きます。ここにいるとどこにも行きたくない。』と答えをいただきました。

I want to reform the used apartment house that had been bought with the material of old of a genuine private house' was donor's (friend's French woman) hope. It is a residence that goes out to the village of the notch of Fukushima Prefecture that remains a lot of private houses together, selects, carries the dismantlement material of an old private house, and makes it together. It went out hearing there was trying the preservation sales of the dismantlement material of an old private house and leaving goodness in the private house Mr./Ms. Kobayashi from the donor. However, it was work that actually chose the material in the locale very strained. It is necessary to choose the material to which it is appropriate where to be able to use it by an appropriate amount. It was an interesting experience. It actually went together in the charge of construction. The material was processed after Mr./Ms. Kobayashi carried to Tokyo, and the fumigation sterilization was done in carpenter's atelier, and carried into the site. It became with the donor and it decided it also on the site of the reform while displaying the material in the place like how to put the floor and the pattern etc. of the cobblestone of the door. When you hear residence feelings from the donor after it completes it『It settles down very much. I do not want to go anywhere when is here. 』It solved and I received the answer.

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けたリビングです。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 古材の特徴と魅力を徹底解剖!
    ["JP"] [Published] フローリング床材のデザインまとめ集

    <リビング>

    曲がった柱も古材の再利用です。壁の一部に鏡を使って部屋の広がりを出しています。

  • 古民家の古材でマンション住居リフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けたリビングです。,

    古民家の古材でマンション住居リフォーム

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 4
    ["JP"] [Published] 木造建築のもつメリットとは?
    ["JP"] [Published] 古き良きものをに囲まれて暮らす「ヴィンテージ」というスタイル。
    ["JP"] 中古マンションの考慮ポイント
    ["JP"] [Published] 古民家再生リフォームの種類と注意点

    <リビング

    古民家の古材をつかいました。とても落ち着いた部屋になりました。壁一面につくった本棚も古材を使っています。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けたリビングです。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    リビング
    壁は珪藻土の左官仕上です。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けたリビングです。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    可動間仕切り
    障子紙風のワーロンボードの框戸の開閉で部屋を仕切ります。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    古材の柱を半分に裂いてつくった戸袋
    150□の柱を10本つかいました。同じ材料で埋木をしています。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    床板は古民家の農家の床材を再利用しました。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    <リビング>

    床材は古民家の解体材を再利用。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    廊下
    突き当たりの壁は鏡張りの下足箱。広がりを感じます。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    オブジェとして使った柱
    古民家の解体材です。曲がり方が魅力的でした。

  • 古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた窓です。,

    古民家の古材でマンションリフォーム

    玄関
    下足入れ扉を鏡張りとし奥行きを出しました。玄関扉は錆び塗装とし、古さを出しました。 玄関床 アクセサリー用具を売っている店から買ってきた玉石を埋め込みました。

Admin-Area