奥村幸司建築設計室

奥村幸司建築設計室

奥村幸司建築設計室
奥村幸司建築設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

野洲の住宅

裏山に見えるスキップフロアの大空間。

古い母屋と近年増築された離れがあり、娘夫婦と子供がこの先生活していけるように離れと一部母屋を改修して一体で使えるようにし、また結露がひどく冷暖房が効きにくい状況を改善するために断熱、気密性能向上させることを希望されていました。そこで一部母屋を新たに子供室として離れ側の部屋として取り入れ、子供の独立した部屋であると同時に引戸を引き込むことによりLDKと連続したフレキシブルな利用もできるプランとし、娘夫婦の生活ゾーンのペアガラスと断熱の改修をしました。母屋、離れ間には段差があり、これを利用してスキップフロアとし、階段コーナーをテレビ棚、飾り棚あるいは本棚、ベンチの役割を果たす子供達の憩いの場として使えるようにしています。さらにLDKを快適にするためにデッキテラスを増築して外とのつながりのある生活ができるようにしました。LDKも一部増築しさらにフラットだった天井を勾配天井として新たに母屋を受けるための登り梁を組み、広くなった空間の小屋裏部分をロフト収納として使えるようにし、施主の希望であったアイランドキッチンを中心としたLDKにしました。壁、天井を漆喰とし、調湿性をもたせると同時に光が効果的に空間に行き渡るようにしました。新たに増設したテラスへ続く全開可能な窓を開け放すとLDKの床の杉板が外部まで連続していきます。テラスからは庭から続く裏山が間近に臨めます。室内から外へ続く正方形の開口が連続性の中に展開と奥行を作り出しています。LDKから洗面、脱衣室に入る引戸は滋賀県産ヨシの簾戸になっており、元々あったトップライトの光を透し、なおかつテラスから洗面、脱衣室に風を通す役割を果たします。

奥村幸司建築設計室

  • ダイニング: 奥村幸司建築設計室が手掛けたダイニングです。

    ダイニング

    キッチンはアイランドキッチンとし、ダイニングテーブルと高さを合わせるために
    床をリビングより低くしている。ロフトとLDKは一体空間となっている。

  • ロフトスペース: 奥村幸司建築設計室が手掛けた和室です。

    ロフトスペース

    収納として、或いは子供達が遊ぶ場所としても利用できるスペース。

    リフォーム前の木の柱とリフォーム後の木の柱、梁が混在していて面白い。

  • 勾配天井のLDK: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    勾配天井のLDK

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 勾配天井の魅力まとめ集

    リフォーム前は平天井だったのを屋根勾配なりの天井にリフォームした。

    梁も登り梁に架け替えている。

  • 勾配天井のLDK2: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    勾配天井のLDK2

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 外の景色を取り込んだ開放的な住まい 〜滋賀県〜
    ["JP"] [Published] 素敵な天井デコレーション

    正面の窓はアルミサッシなんだが、窓の框を隠すことで

    木のフローリングのリビングからテラスとのつながりの一体感がでるようになった。

  • イサムノグチの照明: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    イサムノグチの照明

    窓の外のテラスからは裏山が眺められる。

    照明器具は裸電球とイサムノグチの照明器具。

    モダンの中に日本的感覚を感じる。

  • テレビ台: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    テレビ台

    隣接している母屋の増築部分をリフォームしている為、接続部分で段差が出てくる。

    それを利用してテレビ台やギャラリーとして利用できるようにした。

  • ギャラリー棚: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    ギャラリー棚

    段差を利用し、ギャラリーや本棚、テレビ台として利用できるようにした。

  • 本棚: 奥村幸司建築設計室が手掛けたリビングです。

    本棚

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 本の家に住みたい!生活の中心にある本棚5選

    階段の段差を利用するとともに本棚を作って読書コーナーとした。

    洗面室に入る引き戸は簾戸とし、トップライトからの光や風が通るようにした。

  • 子供室: 奥村幸司建築設計室が手掛けた子供部屋です。

    子供室

    階段を上がると子供室となっている。段差の影響でスキップフロアになっている。

    読書コーナーとロフトも利用しやすい。

  • キッチン: 奥村幸司建築設計室が手掛けたキッチンです。

    キッチン

    子供室から眺める。アイランドキッチンなのでお子さんとも料理を楽しめる。

Admin-Area