平林繁・環境建築研究所

平林繁・環境建築研究所

平林繁・環境建築研究所
平林繁・環境建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Moby Dick

一夜城を小田原から望む南斜面の敷地は、真鶴から箱根方面を見渡せる雄大な展望が得られる。この景色を取り込み、楽しめる住宅を追求した。北側は道路、東側に高い建物があるため、南から西への眺望を最大に得られるように、床レベルは1層から3層まで、東から西へと徐々に重ねる構成とした。 そこに片流れの屋根をかぶせた2世帯住宅である。

半層分の敷地の段差をそのまま床に反映させ、半層ずれたスキップフロアーで構成している。 西側の一番低いレベルに車庫、半階上がる1階は玄関、書斎ともうひとつの世帯のメインフロアー、中2階は主寝室と水回り、2階は台所、食堂、ベランダ、中3階が居間、寝室、光庭となっている。そして各レベルからそれぞれ違った風景を眺めることができる。特に階段から台所、食堂、ベランダ、居間にかけては、外の眺望とともに、内部空間のダイナミックな変化が味わえる。

また、環境面ではベランダ、開口部、3角形の光庭で採光と通風のバランスを考え、四季を通して快適な室内環境が確保できた。 室内を抜ける風、適切に制御された日射、珪藻土の塗り壁、無垢の天井板貼りの”呼吸する家” となった。

外壁は白い塗り壁である。矩形ではない敷地の形状にアプローチや車の必要な外部スペースをとると、建物のフットプリントは自ずと変形した。うねるような外観と大きく開いたベランダのあるこの住宅は、大海に漂う白鯨の姿にも見えなくもない。

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けた家です。

    Moby Dick

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けた家です。

    Moby Dick

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 雄大な箱根の風景を取り込む、借景の家「Moby Dick」
  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けた家です。

    Moby Dick

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けた家です。

    Moby Dick

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けたダイニングです。

    Moby Dick

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    Moby Dick

  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けたダイニングです。

    Moby Dick

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 雄大な箱根の風景を取り込む、借景の家「Moby Dick」
  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けたテラス・ベランダです。

    Moby Dick

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 雄大な箱根の風景を取り込む、借景の家「Moby Dick」
  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けたキッチンです。

    Moby Dick

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 雄大な箱根の風景を取り込む、借景の家「Moby Dick」
    ["TR"] [Published] Göz alıcı tasarımlarla Amerikan mutfak modelleri
  • Moby Dick: 平林繁・環境建築研究所が手掛けたリビングです。

    Moby Dick

Admin-Area