松島潤平建築設計事務所 / JP architects

松島潤平建築設計事務所 / JP architects

松島潤平建築設計事務所 / JP architects
松島潤平建築設計事務所 / JP architects
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Text

築40年経つヴィンテージ・マンションの改修デザイン。

既存仕上を剥がして現れたコンクリートの躯体は、肉眼でも水平・垂直が取れていないことが簡単に見て取れるほど強烈に歪んでおり、バルコニー側から長細く掘り込まれた洞窟のようだった。

この歪みを矯正しながら下地と仕上げ材を張り直すと、どんどんと部屋が内側にオフセットして狭くなり、床・壁・天井でバカにならない量の容積を失ってしまう。できるかぎりの広さを確保するため、躯体をそのままむき出しにすることで、面積はほとんど変わらずとも、有効容積は約1.15倍に拡張させた。

しかしそれだけでは漠然とした一室空間になってしまうため、暮らし方や家具の置き方のアンカーをつくるべく、ベッドルームの領域を白く染め上げて空間にメリハリを持たせた。バルコニー側の窓から最も離れた領域を白く染めることで、全体の明るさ感も増している。

荒々しい躯体の岩肌を利用して、「都市のなかの野生環境」という、言葉面では矛盾した魅力を持つ空間を目指した。

Admin-Area