有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所

有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所

有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所
有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

福島太夫の家(O邸新築工事)

場所性と意匠について、その周辺にあるそのままの形を模写することは街並みとしては連続性があり景観としても良いように思えるが、あまりにもストレートすぎて、均一的で未来性がなく夢がなくなる。歴史を継承するということは、表層だけではなく、その土地がもつ伝統、文化も含め、今日までの深いストーリーをも受け継ぐことである。その歴史がかすかににじみ出てくるような表現をすることが重要である。
歴史ある町は、空気感、生活感など土地に独特の臭いが漂う。表現として、道と庭との関係、家中の生活と近隣の関係、地域の行事とその関わりなど、それらの中から何を受継ぐのか表面的な「かたち」ではなく、内面的な心理を突くようなデザインにならなくてはならない。何げなく、かすかに、この地の伝統を感じるということが将来的に、時代の移ろいに伴って見えていくものである。設計にあたっては、歴史的土地風土の特徴を見出すこと、町に新しい息吹を与え斬新な形で、未来と伝統を継承する形を表現することが不可欠である。 ”家”にはそれぞれの立地や家族構成、ライフスタイル、伝統といったコンテクスト(文脈・背景)があり、人それぞれに見合った住まい方がある。設計における”家”造りの基点として、このコンテクストをもっとも大切に考え、物の価値を正しく評価し、美しさと快適さを増すものでなければならない。

  • アプローチ: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた家です。

    アプローチ

  • 全景: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた家です。

    全景

  • デッキ: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けたテラス・ベランダです。

    デッキ

  • デッキ: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けたテラス・ベランダです。

    デッキ

  • エントランス: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた壁です。

    エントランス

  • リビング: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

    リビング

  • ダイニング・キッチン: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

    ダイニング・キッチン

  • 吹抜け: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた窓です。

    吹抜け

  • 吹抜け: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた窓です。

    吹抜け

  • 寝室: 有限会社 起廣プラン 一級建築士事務所が手掛けた寝室です。

    寝室

Admin-Area