冨家建築設計事務所

冨家建築設計事務所

冨家建築設計事務所
冨家建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

町家リノベーション

幼稚園に隣接する、昭和初期の町家を耐震改修して子供たちが利用できるスペースにリノベーションしました。本来道路側に玄関があるので隣接する幼稚園側はいわば「裏側」となってしまっていますが、今回のリノベーションによって表裏を逆転させるようにしました。園庭から縁側を通って室内へという導線をつくり、自然と子供たちが出入りできるように配慮しました。セオリーからは外れていて、それでいて町家本来の魅力を失わずに再生することができました。

  • 縁側: 冨家建築設計事務所が手掛けたです。

    縁側

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 3
    ["JP"] [Published] リノベーション会社の上手な選び方
    ["JP"] [Published] 暮らしを豊かにする縁側5軒!
    ["JP"] [Published] こんな縁側がほしい!素敵な縁側のある家25軒!

    リフォームによって失われていた縁側を再生しました。

    園庭とつながる縁側は子供たちの出入りが自由にできるように段差への配慮もしました。

  • 座敷: 冨家建築設計事務所が手掛けたです。

    座敷

    増築により外部に面していたなかった暗い座敷を減築して明るく風通しの良い空間にしました。

    昔ながらの和の空間を子供たちが体験することによって、伝統が受け継がれていくことを期待します。

  • 広縁: 冨家建築設計事務所が手掛けたです。

    広縁

    座敷から庭への中間空間として通常の縁が出はなく土間空間にしてより外部と庭の連続性を持たせました。

    過去の改修でリノベーション前は広縁となっていましたが、座敷は暗くなりまた庭との関係性も希薄になっていました。土間と庭、土間と座敷というように「土間」をどちらにも属した中間領域として連続させることによって利用の幅が広がります。

Admin-Area