小田達郎建築設計室

小田達郎建築設計室

小田達郎建築設計室
小田達郎建築設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

家族をつなぐスキップフロアの家

お客様から頂いた要望は大きく二つ。

一つは、来客者がいらした際におどろいてもらえる様な空間であること。

もう一つは、家族のつながりを感じられる空間であることでした。   

そこで、メインの空間はスキップフロアを用いた天井高さ5mの豪快な空間構成とし、その空間を囲むようにして居室や廊下が配される回遊性のあるプランとしました。

また、玄関の天井高さを低めにおさえたり、玄関ポーチに目隠し塀を設けるなどして、あえて、メインの空間につながる部分を狭くすることで、よりメインの空間が大きく伸びやかに感じられるようにしています。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-外観1-: 小田達郎建築設計室が手掛けた家です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-外観1-

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ゲストを驚かせる建築家の演出とは?

    一見、普通の家のように見えるが、内部はスキップフロアの吹抜け空間が広がっている。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-吹抜け空間-: 小田達郎建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-吹抜け空間-

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 5
    ["JP"] [Published] 家を建てる前に考えたい!住まいの空間のメリットとデメリットの比較
    ["KR"] [Published] 다양한 디자인의 스킵플로어(Skip Floor) 주택
    ["JP"] [Published] ゲストを驚かせる建築家の演出とは?
    ["JP"] [Published] スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ
    ["ID"] [Published] Untung Rugi Memiliki Rumah Berkonsep Split Level

    LDKがつながる吹抜け空間。

    壁の珪藻土塗りは施主父の施工によるもの。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-外観2-: 小田達郎建築設計室が手掛けた庭です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-外観2-

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ゲストを驚かせる建築家の演出とは?

    庭から見る概観は3階建てのように見えるが、実は2階建て。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-廊下-: 小田達郎建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-廊下-

    廊下の手摺は掘り込むことで、空間をスッキリ見せることと、子供が走り回ったときの安全性を確保した。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-子ども室-: 小田達郎建築設計室が手掛けた子供部屋です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-子ども室-

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ゲストを驚かせる建築家の演出とは?

    ロフトは子ども達の秘密基地として使われているようです。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-玄関ポーチ-: 小田達郎建築設計室が手掛けた家です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-玄関ポーチ-

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ゲストを驚かせる建築家の演出とは?

    玄関ポーチは石の腰掛や、竹の植栽などを使って和の雰囲気を演出

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-玄関-: 小田達郎建築設計室が手掛けた壁です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-玄関-

    玄関はあえて低い天井高さとして、LDKの吹抜け空間がより豪快に感じられるようにした。

  • 家族をつなぐスキップフロアの家-吹抜け空間(夜)-: 小田達郎建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。

    家族をつなぐスキップフロアの家-吹抜け空間(夜)-

    メイン空間は、ダウンライトを出来るだけ使わないように心がけた。

Admin-Area