アトリエ優 一級建築士事務所

アトリエ優 一級建築士事務所

アトリエ優 一級建築士事務所
アトリエ優 一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

古民家再生 S邸

遠賀川の堤防敷きの隣に位置する集落の住宅です。
明治3年に建てられたというのですから およそ130年の歴史がこの家にはあります。 先代が茅葺き屋根を瓦葺きにやりかえたほかは目だった改修は行われていませんでした。 今回の改修は 創建当時の大工の意気込みを理解したうえで、その思いを後世に伝えることを第一義的に、そして現代に生きるための機能をこの家に取り入れました。 一見するとどこを改修したのかわからないのですが、屋根瓦と柱梁等の骨組みを残して、ほとんど全てにわたってスケルトンにして、新たに壁や床を作り直しています。

  • 外観: アトリエ優 一級建築士事務所が手掛けた家です。

    外観

    屋根はそのままで、外観はオリジナルのよさを生かすようにしています。左端に新たに玄関を設置しました。

  • 家族室: アトリエ優 一級建築士事務所が手掛けた壁です。

    家族室

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 5
    ["JP"] pinterest top photo
    ["JP"] [Published] 樹種十色:無垢材のフローリング
    ["JP"] [Published] 家のベースとなるトップクオリティーの床
    ["JP"] [Published] あなたのお家に木材を取り入れる7つのヒント
    ["JP"] [Published] 梁が見せ場の住まい5軒

    この住宅の一番の見せ場は土間いっぱいの大きな梁組です。明治の大工の「腕の見せ所」でした。
    今回の改修ではその部分を家族室として使用し、床暖房設備を入れたクリの板で床を作りました。 壁は漆喰で 新たな柱は浮造り仕上げとして、古い柱に「負けないよう」にしています。

  • 大黒柱: アトリエ優 一級建築士事務所が手掛けた壁です。

    大黒柱

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] フローリングの問題点、我が家の解決方法

    古材の大黒柱・敷居に負けないように
    1段上がった廊下の床は浮作りのヒノキを磨きました。  手前の床は床暖房に対応したクリのフローリング材です。

  • 玄関: アトリエ優 一級建築士事務所が手掛けた家です。

    玄関

    戸は新たに作ったものです。

  • ステンドグラス: アトリエ優 一級建築士事務所が手掛けた壁です。

    ステンドグラス

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 3
    ["JP"] [Published] 木造建築のもつメリットとは?
    ["JP"] [Published] ステンドグラスが組み込まれた家10選
    ["JP"] [Published] そうだ!リビングの模様替えをしよう

    英国の古い住宅のステンドグラスを明かり窓に使用しています。

Admin-Area