有限会社古里設計一級建築士事務所

有限会社古里設計一級建築士事務所

有限会社古里設計一級建築士事務所
有限会社古里設計一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

階段の家

テーマ設定と手法
 国道の拡幅に伴う事務所併用住宅の建て替えである。 1階はオーナーの事務所と駐車場、2・3階が住居である。 北側を走る国道以外、三方向を隣地に囲まれた近隣商業地域の狭小敷地であるため、各居室に対し採光・眺望をどう確保するかがテーマとなった。

 まず、北側の国道に面し大きな開口部を配し、バッファーゾーンとしての階段を通して、2階居室への柔らかい採光と眺望を求めた。 北側に大きな開口部をつくる手法はしばしばアトリエなどに用いられ、柔らかい光は室内に眩しさ・高温・陰をつくらず、実はとても居心地が良い。 次に、3階は南側バルコニーで外部空間を取り込み、そこから居室への採光を確保した。 現在、敷地の南・西側はカーディーラーの駐車場となっているが、将来に渡り居住性が確保されている。

居室と国道の関係

 2階リビング・ダイニングはバッファーゾーンとしての階段を挟んで北側国道に開放されている。 2階寝室は階段と更に障子を挟んで国道に面し、3階寝室は国道に背を向けている。 各居室のプライバシーの求められ方に合わせて国道との関係を規定している。 家の中のパブリックゾーンは階段を挟んで街に開放されているが、実際は外部からの視線をロールスクリーンでコントロールしている。

街と建築の関係/建築と部屋の関係

 既存の街並みの中で、建築を直方体という純粋な幾何学形態にすることにより、違和感のない存在感を与えることができると考えた。 更に、直方体を強調するために、外観を白にし、それに合わせ内部も白を基調とした。 また、白いインテリアの中でパブリックゾーンの柱と筋交いを露出し、木造在来工法を象徴的に扱うことによより、幾何学形態が強調される。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた家です。

    階段の家

    北側全景。大きく穿たれた開口部越しに階段が各フロアーを繋いでいるのが見える。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた家です。

    階段の家

    直方体が強い存在感を街並みに与る。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた家です。

    階段の家

    南側全景。直方体のヴォリュームを切り取る3階バルコニーは可動式テントで包まれる。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段の家

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

    階段の家

    玄関部分から階段を見上げる。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

    階段の家

    2階リビング・ダイニング。国道側の喧騒に対し階段部分が居室のバッファーゾンとなる。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

    階段の家

    2階寝室からリビング・ダイニングを見る。障子越しに筋交いを感じる。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた寝室です。

    階段の家

    リビング・ダイニングと寝室が一体の空間となる。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた浴室です。

    階段の家

    便所・洗面から浴室を見る。モノトーンのインテリアと間接照明により、浮遊した感覚が強い。

  • 階段の家: 有限会社古里設計一級建築士事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段の家

    階段見下げと3階廊下部分。

Admin-Area