新美園

新美園

新美園
新美園
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

玄関に設えた蹲~葛飾区~

広さのある玄関内の一角に設えました蹲です。 水照らし燈篭を据え、控えめですが役石を配した構成となっており、使うという一面にも対応した作りとなっております。 土間からも上がり框からも入る事が出来る構造で、簡素な趣を大切に致しました。

  • 玄関に入った眺め: 新美園が手掛けた庭です。

    玄関に入った眺め

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 3
    ["JP"] [Published] 小さな庭が持つ多様な役割と存在感
    ["JP"] [Published] 廊下にお庭を作ってしまおう
    ["JP"] japoneses

    戸を空けて玄関に入った眺めです。

    こちらからの角度と框上からの角度を意識した配置となっており、それぞれ燈篭と手水鉢の左右関係が逆となりますのでそれぞれ異なった趣を楽しむ事が出来ます。

  • 前石に立つ眺め: 新美園が手掛けた庭です。

    前石に立つ眺め

    前石に立った眺めです。

    左右には控えめの役石を配しております。

    手水鉢は四足型で、景観上台石を見せない作りとし、手水鉢の印象が重くならない様に致しました。

  • 手水鉢周りの表情: 新美園が手掛けた庭です。

    手水鉢周りの表情

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 庭の印象を劇的に変えるオブジェや彫像

    主に使用致しました庭石はみかも石です。

    通常は洋風の趣を出す場合に使用する事が多いのですが、この様にやや暗い屋内に持ち込みますと、風情を感じる表情となります。

    高低差を付けた庭石組みで野趣を感じる組み付けを致しておりますが、小振りな庭石ですので圧迫感も無く上品にまとまります。

  • 燈篭周りの眺め: 新美園が手掛けた庭です。

    燈篭周りの眺め

    埋け込み型の燈篭を自然に見せる為には、小さな面積の中でも地面に表情を付ける事が大切となりました。

    そこに昔から据えられていた様な地面を再現する為、コンクリートや舗装材を使って雨水で削られた土の様なうねりを付けてあります。 よく見ないと解りづらい部分ですが、遠目から何気なく眺めた際に、屋外と室内の違和感の様な物を感じさせない事が最優先と致しました。

  • 上がり框と蹲周り: 新美園が手掛けた庭です。

    上がり框と蹲周り

    周囲の構造材との相性は非常に大事でしたので、特にレベルの決定に気を遣いました。

    地面(砂利)の高さより前石は上がり、そして手水鉢周りの海は地面より下がります。

    そしてまた手水鉢そのものは台石によって上がった高さとなります。

    蹲はあらゆる部分が異なる高低差を持ちますので、完成した際は非常に立体感に富んだ風景となります。

    また、蹲の先、奥の地面は更に高さを上げてありますので、「地面を掘り込んで設えた蹲」といった趣が感じられます。

Admin-Area