零の提案型住宅 ~台所の家~

零の家の普遍性と、一棟ごとのコンセプトに基づいて設計された販売型コンセプトハウス。このすまいのコンセプトは「台所」、それは、普段の暮らしの中で最も働き、集い、笑顔のあるところ。そんな「台所」を考え抜き、見えた暮らし方を感じられる住まい。

  • 太陽の光が室内中に行きわたる片流れ屋根の住まい

    南北に高低差があり、隣家も迫っているロケーションながら、緻密な設計により明るく開放的な暮らしを可能にするすまいとなった。

  • 塗り壁が凛とした空気をつくりだすシンプルな玄関

    込み入った古い住宅地を通り、わが家への玄関ドアを開ける。このシンプルで清潔な玄関が、家族と客人を迎えてくれる。

  • 最も心地の良い場所にキッチンとダイニングスペースを配置

    南面のハイサイドの大きな窓からは、冬のあたたかな陽射しが室内奥まで降り注ぐ。一階と見間違えそうなこの空間は実は2階で、掃出し窓とは2階バルコニーが繋がっている。キッチン越しの景色は、市内を一望する見晴し。

  • キッチンスペースの出窓から見える景色

    北東に配した窓から見える仙台市内の景色。採光にも配慮している。

  • 自然素材と自然エネルギーを利活用した住まい

    国産無垢材と湯布珪藻土でつくられたぬくもりのある内観。暖房には木質バイオマスエネルギーを使用するペレットストーブを導入。

  • 間仕切りの少ない一体感のある空間

    部屋と部屋とがつながることで、家族の存在がいつも感じられる。

  • 趣味や用途に合わせて幅広く使えるスキップフロア

    勉強や読書、子どもの遊び場など、様々な用途でつかえる空間には、自由に組み合わせて使用できるオリジナルの収納棚と、宮城の杉でつくられたデザインチェアー

  • 落ち着きのある空間を演出した畳の小上がり

    2階のリビング空間にある床下収納を兼ねたくつろぎのスペース

  • シンプルで開放感のある浴室

    清潔感のある浴室は、ドアをクリアーにすることで実際の空間以上の広さが体感できる。

  • 室内に広がりや奥行きをもたらしてくれる庭の存在

    1階のプライベートルームや浴室の窓の先に見えるのがこの庭。庭は外構であるばかりではなく、室内の一部でもある。

Admin-Area