新美園

限られた空間での木立~葛飾区~

お客様よりのご依頼は、アプローチ左右に振り分けられた花壇をどう利用するか、という事がメインでした。 小さな木や草花、あるいはグランドカバーなど色々な選択肢はございますが、今回はあえて高木を配した木立風の造園設計に致しました。 やや通路側に傾く様に仕立てられた落葉樹の木立。 ですが足元は雑然とはさせず、イエロー系の庭石やコニファーのグランドカバーを配して輪郭を整えました。 木立の先にお住まいが見える風景、そんなイメージを大切に致しました。

  • アプローチに寄り添う木立

    ヤマボウシやヒメシャラ、ジューンベリーが迎えるアプローチの眺め。

    小さめのトネリコも添えて木立の雰囲気を出しておりますが、樹木の種類から申しましても決して管理が難しいお庭ではございません。

    ランダムに配された庭石がリズム感を感じさせます。

  • 木陰とアプローチの明暗

    木々が折り重なった木陰から見る日向は、ある意味輝く様な印象に見えます。

    動きのある樹木を吟味して取り揃える事により、樹勢の共通した雰囲気を出す事が出来ました。

    小さめの落葉樹は、配されたというよりも、実生の物が自然に育った様に見える扱いを。

  • 木立の先の玄関を望む

    優しく並ぶ木立の先はやや暗めに感じるかもしれませんが、道路からこの様に見える事で、安心感も得られます。

    目隠しほどでもなく、見えすぎる事もない、自然な奥行きを感じさせます。

  • 既存水栓の処置

    既存の散水栓はアプローチ中央にある為、周囲の雰囲気と違和感が無い様に囲ってあります。

    ホース置きの平板も設置し、自然な仕上がりに。

  • 重なり合いの魅力

    常緑樹同士が成長して接触し合う姿は「管理不足」の様な印象を持たれがちですが、落葉樹同士の場合は不思議と心地良い風景に見せる事も出来ます。

    決して広い空間が必要な訳ではございませんので、お住まいに木々の重なりを取り入れてみては如何でしょうか。

Admin-Area