アトリエ イデ 一級建築士事務所が手掛けたすし 小山 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3646:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3
アトリエ イデ 一級建築士事務所
アトリエ イデ 一級建築士事務所

アトリエ イデ 一級建築士事務所

アトリエ イデ 一級建築士事務所
アトリエ イデ 一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

すし 小山

用途:店舗(すし屋)

延床面積:44.09㎡

テナントスペースの内

所在地:福岡県北九州市小倉北区

竣工:2007年10月

粋な大将がにぎる粋な「すし」には、やはり粋な空間がふさわしい。本物の材料をつかい、数寄の意匠をちりばめてつくりあげた、粋な「和」の空間、それが「すし 小山」です。メインカウンターは、厚さ約15cmの「木曾桧」の一枚板から作り出されました。バックカウンター等のその他のカウンターは数寄的嗜好の強い、「虫喰いの樫」を用いました。その他の素材ついても、それぞれの空間の格にふさわしいものを使用しています。バックカウンター上部の「落し掛け」は、見付けを薄く見せ、軽快さを演出する手法である「刀刃(はっかけ)」としました。便所の板戸は、「タモ材のなぐり」で製作しています。また、厨房への潜りは、「富士火頭潜り」とし枠はつけず「大津磨きの塗り廻し」としています。このような軽快で威圧感を与えない数寄的な空間は、格式ばらずくつろいで食事をして頂きたいという大将の思いとあいまって、訪れる人々に至極のひとときを与えます。

  • すし 小山: アトリエ イデ 一級建築士事務所が手掛けたクラシックです。,クラシック

    すし 小山

  • すし 小山: アトリエ イデ 一級建築士事務所が手掛けたクラシックです。,クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシカルスタイルの 玄関&廊下&階段 の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシカルスタイルの 玄関&廊下&階段 の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシカルな 窓&ドア の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシカルスタイルの 玄関&廊下&階段 の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシカルな 窓&ドア の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシックデザインの ダイニング の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシックデザインの ダイニング の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシックデザインの ダイニング の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山 クラシックデザインの ダイニング の アトリエ イデ 一級建築士事務所 クラシック

    すし 小山

  • すし 小山: アトリエ イデ 一級建築士事務所が手掛けたクラシックです。,クラシック

    すし 小山

Admin-Area